コラム

 公開日: 2016-05-30 

和型のお墓と洋型のお墓。さて何が違うか。

こんばんは。川崎市多摩区にある石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

今日はたまたまお話ししたお客様にもお伝えしたことをコラムにしてみます。内容は石塔について。

石塔と一口に言っても和型、洋型、デザイン型、自然石風、等々いろいろありますが、それはともかくとしてタイトルの通り『和型と洋型の石塔の何が違うか』ということです。

もちろん形が違います。背の高さが違います。棹石(文字を彫る石)の幅が違います。こんなのはわざわざ言わなくてもわかっていると思いますが。

でも頭でわかっていても実際にはどうでしょう。以前書いた図面があるのでご紹介します。


同じ大きさ・高さの丘カロート式外柵の上に8寸角の和型と洋型の石塔を配置した図面です。洋型は決まった寸法がないのであくまでも一例としてですが。

図面に書いた石塔では高さで約44センチ、棹石の幅で約36センチの差がそれぞれあります。しかも図面の洋型は芝台と呼ばれる台の部材(高さ約15センチ)を含んでいます。なのでけっこうな違いだと思います。

それぞれ単独で建っていれば何の違和感も覚えないことでしょう。でも周囲に和型の石塔が多く建立されている墓地で洋型を建てれば、ひときわ低めに見えるはずです。反対に洋型が多いところで和型が建つと、とても背が高く感じるでしょう。

髙さや幅が違うからと言って、何かが悪いというわけではありません。ただし、その高さと幅の違いをお施主様がどう感じるのか。ここは個人差が大きい部分です。

一度建立するとそう建て直すことはない石塔です。石材店としては、こうしたところはお施主様に確実にお伝えしておきたい部分の一つだと、私は考えます。

ご参考まで。

また、よろしくお願いします。

こちらもぜひご覧ください!

川崎・狛江・稲城・都内のお墓なら、
 登戸の石屋 有限会社吉澤石材店
      ブログも毎日書いています!
    http://yoshizawasekizai.com/

心を込めてお墓づくり。
 川崎登戸の町石屋、吉澤石材店です
    http://ameblo.jp/yoshi1483/

この記事を書いたプロ

有限会社吉澤石材店 [ホームページ]

石職人 吉澤光宏

神奈川県川崎市多摩区登戸2408 [地図]
TEL:044-911-2552

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉澤光宏 よしざわみつひろ

創業220余年。しっかりした仕事で、長く親しまれるお墓を作る(1/3)

川崎市登戸駅近くにある吉澤石材店は、江戸時代寛政年間より続く老舗です。8代目の吉澤光宏さんは、お客さまの希望をじっくり聞いたうえで、プロとしての提案をしながら、よりよいお墓ができるよう説明してくれます。 「お墓は長く残るものですから、10年...

吉澤光宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

10,000基以上の施工実績!対話を重ねて納得できるお墓作り

会社名 : 有限会社吉澤石材店
住所 : 神奈川県川崎市多摩区登戸2408 [地図]
TEL : 044-911-2552

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

044-911-2552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉澤光宏(よしざわみつひろ)

有限会社吉澤石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
川崎市営霊園が利用者募集中です
イメージ

川崎市の吉澤石材店です。既にご承知の方もいらっしゃるかと思いますが、川崎市営墓地の平成28年度募集が始ま...

[ お知らせ ]

石を身近に。こんな催しがあります。
イメージ

お久しぶりです。川崎市の吉澤石材店、吉澤です。さて、秋は石の展示会の季節でもあります。こんなチラシが手...

[ 石の産地のフェスティバル ]

建墓後の初めての納骨。はて、どこに依頼すべきなのか?

川崎市の吉澤石材店です。さて、今日ご納骨の件で問い合わせをいただきました。話を聞いてみるとお墓の場...

[ 気を付けておいてほしいこと ]

キリスト教式のご納骨のお手伝いをしてきました
イメージ

こんにちは。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店です。お彼岸明けの今日、川崎市の緑ヶ丘霊園にご納骨のお手伝いに...

[ 感じたこと ]

石屋さんの創造力?想像力?
イメージ

川崎市の吉澤石材店です。とても久しぶりのコラム更新になってしまいました。さて、下の写真は弊社で施工させ...

[ 知っておいてほしいこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ