コラム

 公開日: 2016-04-08  最終更新日: 2016-11-04

「ホテルマンとの結婚は?」 NO1

ホテルのお仕事

「ホテルマンの旦那さんていいわね」と、友人に言われた妻が、「それが大変だったのよ!」と返答しているのを聞いて、「何が大変だったのかな!?」と我ながら思い出してみた。ホテルマンは、あなたの結婚相手の条件に合うかどうか、その内情をお話します。ホテルは主に「宿泊部」・「料飲部」・「宴会部」・「調理部」・「営業部」をはじめとする各部門ごとに仕事をしています。それぞれ、「宿泊全般」・「レストラン・バー」・「婚礼・宴会予約サービス」・「営業セールス」・「調理全般」、その他にも一般企業と同様に経理・総務・人事など。その他、ホテルで特徴的なのは、食材やホテル備品の仕入れを行う「購買部」、ホテルの資産である施設の保全管理担当の「施設部」・防火・防災の部署などどなど。ここでは、私の担当部であった「料飲部」を中心にお話します。どのような職業にも、決して楽な仕事などありません。ホテルマンだけが、決して特殊な職業では無いとの認識の上で書いています。
ホテルマン

1.「仕事は、シフトで動く」

ホテルは24時間営業している為、スタッフは早番、中番、遅番、泊まり勤務に別れる。当然朝専門になる場合もあるし、泊まり勤務専門もありうる。若い頃、私はバーテンダー業務だった為、勤務は、当然夜の勤務。休み以外は夜家にいない為、家族の夕食は常に私を抜きで妻と子供達だけの食事だった。 何年か続いた。

2.「世間と同じ休日は取れない」

ゴールデンウィーク・クリスマス・年末年始など世間が連休で楽しむ時に、当然仕事が多忙になる。その為休みは取れない。妻は、子供が可哀想だからといって、お父さん抜きで出かける。中間管理職になる頃には、子供も慣れっこになり、いいか悪いか、お父さんの仕事はそうゆうものだと理解してくれるようになる。  私も、ホテルマン人生35年間で元旦に休んだ事は、二日間だけだった。

3.「祭日、休日以外の連休が多く取れる」

これは、まさに「2」の逆で、人気スポットが空いている時期や価格が安い平日に連休が取れる。ディズニーランド、国内旅行、海外旅行、ゴルフなど。子供の学校を平日に休ませた事もよくあったな~。ごめんなさい! 

4.「給料が安い」

「ホテルマンは給料が安い」というのは、業界では定説になっている。年間を通じて月ごとの収益に大きな波がある事に加え、固定人件費比率が高いホテル経営の構造もあり、低く設定せざるを得ない事情もある。さらに、「ホテルサービス業に携わる者は、奉仕の精神が基本」というようなサービス業界の古い考え方がいまだに有り、給料に中々反映してこない要因ともなっている。

5.「ホテルは、衣・食・住が揃っている」 お風呂も、床屋もコ

確かに給料は安いが、ホテルの社員施設や社員優遇を利用すれば、家計費が助かる場合も多い。「食」は、社員食堂で朝・昼・晩・夜食も食べられる。食事代は、実費一食200円~250円前後のホテルが多いと思う。(不足分は会社負担)。夜食は「泊まり勤務者用」なので無料。ほとんどがお弁当になる。「衣」は、ユニフォームが無料貸与で、クリーニングも無料。自前でのスーツのセクションは、制服補助が出る。「住」は仮眠室がある。街にあるカプセルホテルと同様のスタイルが社員用でも多くなった。プライバシーもある程度守れる。昔は、自宅を持たず、ホテルで暮らしていた猛者もいた。今では無理。浴室、シャワーも完備の為、仕事が終わってお風呂に入り、食事を済ませ帰宅するスタッフも多い。床屋もある。市価の三分の一程度の料金。

6.「社員割引や優待制度」

社員割引は、その各ホテルによってお得な事も多いと聞く。昔、航空会社系のホテルに勤務していた時代は、国内航空運賃が半額になる優待もあった。そのホテルの経営母体がどこかによって、関連した何かの優待や特典はあると思って良い。
自分の務めるホテルの宿泊割引などは、一般ゲストには言えない程安い金額で泊まれる場合もあるし、食事も通常20%引きは当然として、その他にも福利厚生として優遇される。しかし条件が付く。利用はあくまでホテルの営業状況に合わせるという事。あくまでもお客様優先、利益優先とし、お客様が使われない期間と時間だけという制限があると思ってくださいね。

7.こんな時間から!?!という「飲み会が多い」

一般の会社の飲み会を退社後に計画するのと同じように、ホテルの料飲関係のスタッフの飲み会(送別会・忘年会・歓迎会)も当然お店が閉店後という事になる。すると夜の22時、23時スタートは当然として、バーのセクションなどは夜中の01時、02時から始まる場合もある。以前、私がスカイラウンジのマネージャー時代の忘年会や送別会は夜中の01時スタートが多かった。当然休日のスタッフは終電を使って会社近くまで来ることになる。ある時、新入社員の女性のお父さんに電話で怒鳴られた事があった。「どこの世界に、こんな時間から飲み会をやる会社があるんだ」、「娘は休日なのに終電で会社に行くと言っている」。今思えば、普通の会社員と比べ、昼夜の感覚がずれている事に気がつかなかった。お父さんが怒るのも当然です。しかし。その当時は生意気に「お父さん!飲み会は仕事の一部です。」「こうゆう事がチームの和を作る大切な事なんで、お許し下さい」とかなんとか偉そうな口をきいてしまった。恥ずかしい。若いころの話です。しかし、今でも各ホテルでは、「コンプライアンス」を注意しながら極端ではないにしろ、やはり夜中に飲み会は行われているでしょうね。


                            「お役に立ちます」
                             フォローウィンド
                            「フォローウィンド」
                              山崎雅夫

                       ホームページにもお立ち寄り下さい
                         「こちらがホームページです」    

                         どんな些細な事でも結構です。
                 疑問に思うことがございましたら、直接私がご返信いたします。
                         「こちらからお問い合わせ下さい」
              

この記事を書いたプロ

結婚相談所「フォローウィンド」 [ホームページ]

結婚コンサルタント 山崎雅夫

神奈川県横浜市中区簑沢10-17 [地図]
TEL:045-319-4131

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
山崎雅夫 やまざきまさお

費用・気持ちの負担を軽く。無理なく続けられる婚活で、40代からの婚活をサポートします。(1/3)

 ごく身近になった「婚活」という言葉ですが、いざ実践となると「さて何から始めれば?」と戸惑う方も多いのではないでしょうか。特に男性は、女性が出産年齢を考え早くから動くのに対して男性同士の情報交換が少ないこともあって婚活を意識しづらく、ようや...

山崎雅夫プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

40代からの良縁を紡ぐ「オーダーメイド婚活」

会社名 : 結婚相談所「フォローウィンド」
住所 : 神奈川県横浜市中区簑沢10-17 [地図]
TEL : 045-319-4131

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-319-4131

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山崎雅夫(やまざきまさお)

結婚相談所「フォローウィンド」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
面接試験を受けるのは私です。
イメージ

 扉が重い結婚相談所 婚相談所のドアを開ける時の重苦しさ分かります。まず、「誰かに見られるのは恥ずかしい...

[ 仲人の仕事 ]

「結婚相談所は自分自身を変えてくれるところ」
イメージ

 そもそも結婚相談所とは!? もそも結婚相談所は「相談所」と名乗っているので「結婚の悩みを打ち明ける所」と...

[ 結婚相談所の良さ ]

「お見合いは毎回リセットされたゼロからのスタート」
イメージ

 今の環境の中のあなたのイメージ 今あなたは、周囲からどんなイメージで見られているでしょう?職場や周囲の...

[ 結婚相談所の「お見合い」とは!? ]

必見!「お見合いで絶対にしてはいけない事!」
イメージ

 「お見合い経験談」 絶対聞かないと思っていても、婚活の同志のような、親近感を感じてしまい、ついうっかり...

[ お見合いでの落とし穴 ]

「ちょっと早いが結婚披露宴のお話」
イメージ

 「披露宴で、あまり見なくなった光景」 1.頼まれ仲人頼まれ仲人を立てることはまず無い。実際の仲人も...

[ 結婚・・本音 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ