コラム

 公開日: 2016-02-11 

「お見合い後のお断りのルール」

二週間ほっとくルール

婚相談所「フォローウィンド」の特徴は、お見合い、交際、成婚までの進行や、お断りなども、全て、お互いの仲人間で行います。本人同志のやり取りはありません。例えば、お見合いの申し込みを、相手仲人から受けて、断る場合は、二週間、仲人は返事を返さず、そのままにしておくんです。返事がなければ、お断りという事。こちらから、「すいませんお断りします」なんて返信は必要無い。断る理由を、聞く事も無い。相手は、絶対本心を言わないから。

この約束事は、会員さんにとって、とても思いやりある対応です。何回断られても、お断りの返事、メッセージは一切来ない。「言わない優しさ」「伝えない思いやり」同じ土俵の上に上がっている者同志だからこその、お互い、嫌な思いを後に引きずらない、最高の対応と思っています。「二週間ほっとくルール」の間にも、お見合いを申し込んだり、申し込まれたりも、「全員と会う」という条件さえ守れば何人でも可能です。

お見合いに、二股三股は当たり前

お見合いは何人でも出来ます。日程調整が可能なら、一日、二名でも三名でも。しかし、「これだけはダメ」という条件があります。「交際は必ず一人という事」交際に、二股はダメです。

次の恋のスタンバイはOKですか!?

婚活は、後ろを振り向かない。「ご縁がなかった」ら、次のご縁を探すだけ。「お互いが、先へ先へと進む」これが私の結婚相談室のルールです。
あなたの婚活始めませんか。 「次の恋の準備が出来たその時に」
「お役に立ちます」
「フォローウィンド」
山崎雅夫
どんな些細な事でも結構です。
疑問に思うことがございましたら、直接私がご返信いたします。
こちらからお問い合わせ下さい。
ホームページにもお立ち寄り下さい「こちらがホームページです」     

この記事を書いたプロ

結婚相談所「フォローウィンド」 [ホームページ]

結婚コンサルタント 山崎雅夫

神奈川県横浜市中区簑沢10-17 [地図]
TEL:045-319-4131

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
山崎雅夫 やまざきまさお

費用・気持ちの負担を軽く。無理なく続けられる婚活で、40代からの婚活をサポートします。(1/3)

 ごく身近になった「婚活」という言葉ですが、いざ実践となると「さて何から始めれば?」と戸惑う方も多いのではないでしょうか。特に男性は、女性が出産年齢を考え早くから動くのに対して男性同士の情報交換が少ないこともあって婚活を意識しづらく、ようや...

山崎雅夫プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

40代からの良縁を紡ぐ「オーダーメイド婚活」

会社名 : 結婚相談所「フォローウィンド」
住所 : 神奈川県横浜市中区簑沢10-17 [地図]
TEL : 045-319-4131

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-319-4131

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山崎雅夫(やまざきまさお)

結婚相談所「フォローウィンド」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
面接試験を受けるのは私です。
イメージ

 扉が重い結婚相談所 婚相談所のドアを開ける時の重苦しさ分かります。まず、「誰かに見られるのは恥ずかしい...

[ 仲人の仕事 ]

「結婚相談所は自分自身を変えてくれるところ」
イメージ

 そもそも結婚相談所とは!? もそも結婚相談所は「相談所」と名乗っているので「結婚の悩みを打ち明ける所」と...

[ 結婚相談所の良さ ]

「お見合いは毎回リセットされたゼロからのスタート」
イメージ

 今の環境の中のあなたのイメージ 今あなたは、周囲からどんなイメージで見られているでしょう?職場や周囲の...

[ 結婚相談所の「お見合い」とは!? ]

必見!「お見合いで絶対にしてはいけない事!」
イメージ

 「お見合い経験談」 絶対聞かないと思っていても、婚活の同志のような、親近感を感じてしまい、ついうっかり...

[ お見合いでの落とし穴 ]

「ちょっと早いが結婚披露宴のお話」
イメージ

 「披露宴で、あまり見なくなった光景」 1.頼まれ仲人頼まれ仲人を立てることはまず無い。実際の仲人も...

[ 結婚・・本音 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ