コラム

 公開日: 2018-06-21 

自分でできる?ゴミ屋敷の片付け方

「ごみ屋敷」「汚部屋」の片付けはケースによって自分ですることも可能です。そのやり方を見てみましょう。

用意すること・用意するもの

自分の住まいが「ごみ屋敷」「汚部屋」だと感じ、片付けなくては、と思ったらその時がチャンスです。

そして、「片付けなくては」から「片付けよう!」という気持ちに進んだら、すでに片付けの第一歩を踏み出したと言って良いでしょう。「用意すること」のうち最も重要なのがこの気持ちです。最後までこの気持ちを失くさないようにしましょう。

次にすることは、日程をたてることです。まず、ゴミ収集日を確認しましょう。そして、曜日ごとに「この日には燃えるゴミがなくなる」「この日には缶とビンが片付く」と考えながら日程を立てるようにしましょう。

そして、片付けに必要なものを用意します。
①45リットル入りのゴミ袋(少なくとも20~50枚ぐらいは用意します)。
②軍手(ゴムのポツポツがついているものがおすすめです。3~4つくらいは用意)。
③マスク(ゴミの片付けはホコリが出ますので必要です)。
④立ったり座ったりが楽な服装

用意するものが揃えば「片付けよう!」という気持ちも強くなります。

片付けの流れ

さて、用意が整ったら、片付けの開始です。

①玄関周り
すぐにも部屋の掃除にかかりたいところですが、まず、玄関周りを片付けます。これはゴミを入れた袋を置く場所と通り道を作るためです。

玄関周りにあるゴミには、今後使うものは、ほぼないでしょう。用意した袋にどんどんゴミを入れていきます。

②室内
ゴミ袋の置き場所が確保できたら、室内の片付けにかかります。まず、床が見えるようにします。
コンビニ弁当の空き箱、紙類、缶、ビンなどなど。どんどんゴミ袋に入れ、とにかく床が見えるようにして下さい。

床が見えてくると「やればできる!」と、気持ちが引き立ちます。
ここで大事なことは、片付け始めた部屋に集中することです。紙、缶、プラスチックなど、ゴミの種類別に片付けようと各部屋を行き来するのはおすすめできません。まず、一室集中で行うようにしましょう。

片付け方の基本は「要るもの要らないものに分ける」ことと言われます。そして、それは正しいのですが、「ごみ屋敷」「汚部屋」の片付けに際しては、それよりも「とにかく捨てる」という気持ちで進めましょう。

もちろん、ゴミの下から銀行のカードが出てきた、パスポートや大事な書類が出てきた、という場合は別です。そうした場合のために、用意したゴミ袋の一つを「必要なものを入れる袋」にしてそばにおいて置き、何か重要なものが出てきたらその中に入れます。

③衣類
ゴミとともに衣類も部屋の中に散乱していることと思います。さて、それをどうしましょう? 答えは「捨てる」です。

下着、Tシャツ、セーター、マフラー、靴下、ジャージ、タオルなど、ゴミの中にあるものはもう着ない、使わないものとして、どんどんゴミ袋に入れていきます。
そのうえで、どうしても捨てられないものは用意したゴミ袋の一つを「捨てられない衣類を入れるもの」として、その中に入れます。

④趣味で集めたものや紙類(マンガ本や雑誌)
マンガ本や雑誌などは「捨てるモノ」として一箇所に重ねます。また、趣味で集めたフィギュアなども、ゴミの中にあるものは同じく「捨てるモノ」としてゴミ袋に入れていきます。

さて、ここまでやれば室内の床が見える部分は相当広がっているはずです。
ゴミの量によりますが「1日で全部片付けてしまいたい」と思っても、長年溜めたゴミはそう簡単には片付きません。「今日はここまでできた」と考え、気力と体力を養って下さい。この積み重ねが大切で、無理をせず続けていくことでゴミの山から開放されます。

⑤キッチン
続いて、キッチンの片付けです。キッチン内のゴミも「とにかく捨てる」という気持ちでゴミ袋に入れていきます。生ゴミも同じです。使わない食器、古い調味料などもゴミ袋へ。まずはモノを減らすことです。

次に、シンクが使えるようにします。シンクに溜まったコップや食器を一度、全部ゴミ袋に入れます。シンクに水を張り、すぐに使うコップや皿だけゴミ袋から取り出し、水に浸しておきます。

キッチンがある程度片付いたら、水につけておいたコップや皿を洗います。余力があれば、ゴミ袋に入れたコップや皿も洗います。

専門業者に依頼する

1DKで一人暮らしの方の部屋が「ゴミ屋敷」「汚部屋」になった場合、ゴミの量によって違いますが、専門業者のプロが片付けに入れば3時間程度ですっきりするでしょう。

もし、「自分では無理」と思った場合は専門業者へ依頼することをおすすめします。部屋がきれいになると気分も変わります。

生活を変えるきっかけにもなりますので、まずは第一歩を踏み出してみましょう。

この記事を書いたプロ

やる気グループ [ホームページ]

遺品整理士 木村一志

神奈川県藤沢市 [地図]
TEL:0120-993-068

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
生きた証を大切にしながら品物を整理・清掃する遺品整理士 木村一志さん

遺品整理・生前整理はその人の「生きた証」を想い出として整えること(1/3)

 遺品整理、生前整理、家がモノで溢れかえっている&quot;ゴミ屋敷&quot;など、片付けに悩みを抱えているケースが増えている中、湘南地区を中心に、遺品整理・生前整理・不用品回収できめ細かいサービスを提供している会社があります。「やる気グループ」代表の木村一...

木村一志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

明確な見積もり・丁寧で緻密な作業・お客様の心に寄り添う姿勢

屋号 : やる気グループ
住所 : 神奈川県藤沢市 [地図]
TEL : 0120-993-068

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-993-068

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村一志(きむらかずし)

やる気グループ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ゴミ屋敷になってしまう住民の心理とは?

「ゴミ屋敷」「汚部屋」が問題になるとともに、そうなってしまう心理についても研究も進んでいます。ストレスが...

[ ゴミ屋敷 ]

ゴミ屋敷の消臭方法は殺菌処理

「ゴミ屋敷」「汚部屋」は、ゴミの片付けだけではすまない場合がほとんどです。理由は臭いの処理が必要になるから...

[ ゴミ屋敷 ]

ゴミ屋敷の撤去費用相場はいくら?

ゴミ屋敷や汚部屋をなんとかしたいと考えても、気になるのは撤去費用や時間ではないでしょうか。今回は費用や時間...

[ ゴミ屋敷 ]

ゴミ屋敷予備軍かもしれない3つのチェックポイント

「ゴミ屋敷」、あるいは一人住まいの「汚部屋」。テレビ番組などでも取り上げられることが多くなっていますが、実...

[ ゴミ屋敷 ]

生前整理で仏壇はどうする?閉眼供養って?

生前整理で仏壇を処理したいと思っても、普通の家具のようには扱えず「さあ困った」となるのが普通でしょう。今回...

[ 生前整理 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ