Yahoo!ニュース配信

ボクシング元日本王者、知人殴って大ケガさせる…「正当防衛」が認められる条件は?

Yahoo!ニュースに配信されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00005149-bengocom-soci
https://www.bengo4.com/c_1009/c_1201/n_5149/

知人を殴ってケガを負わせたとして、元プロボクサーで、日本ウェルター級の元チャンピオンの男性が9月下旬、傷害の疑いで警視庁に逮捕された。

報道によると、男性は9月18日午後10時ごろ、東京都豊島区の公園で、ペルー国籍の知人の顔を殴ったり、踏みつけたりして、鼻の骨を折るなど3週間のケガを負わせた疑いが持たれている。当時、複数人で酒を飲んでいて、口論になったという。

警察の取り調べに対して、男性は「相手が殴りかかってきたため、とっさに手が出た」と供述したようだ。ボクシング経験者の場合、殴りかかってきた相手に反撃しても、正当防衛は認められないのだろうか。田沢剛弁護士に聞いた。

●ボクシング経験者でも正当防衛は認められるが・・・

「『ボクシング経験者だから正当防衛が認めらない』ということはありません。あくまでも、反撃行為がどのような攻撃行為に対してなされたものか、そのときの状況によって判断されます」

田沢弁護士はこう切り出した。そもそも正当防衛はどう定められているのだろうか。

「刑法は、『急迫不正の侵害に対して、自己または他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない』として、正当防衛が罪とならないことを定めています(刑法36条1項)。

一方で、『防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、または免除することができる』として、有罪であるものの、刑を減軽または免除できることを定めています。(同条2項)。こちらを過剰防衛といいます」

ボクシング経験者が相手に反撃した行為は、正当防衛といえるのか。

「ボクシング経験者の反撃行為の場合、もっぱら『やむを得ずにした行為』といえるのか、防衛行為の必要性・相当性の要件を充足するかという点が問題になります。

ここでいうところの防衛行為の必要性は『他にとるべき手段がない』といえるほど厳格なものは要求されていません。結局のところ、防衛行為として相当といえるのか、攻撃行為とそれに対する防衛行為を比較してバランスを失していないかという点に絞られます。

そうすると、たとえば、素人による素手での攻撃行為に対して、ボクシング経験者が反撃することは、通常、バランスを失していると考えられますので、正当防衛でなく、過剰防衛となることが多いと思います」

どんなときに正当防衛は認められるのか。

「ボクシング経験者の反撃行為とバランスを失しないような攻撃行為がなされている場合には、正当防衛が認められる可能性が高くなります。たとえば、相手が凶器で攻撃してくるような場合や、複数で襲いかかってきた場合です」

田沢弁護士はこのように述べていた。

(弁護士ドットコムニュース)

田沢剛(法的トラブル解決の専門家)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

  • 電話:045-478-2660 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:30~17:30
  • 定休日:土曜日、日曜日、祝祭日(但し,応相談)

このプロに資料を請求したい

最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00005398-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/c_1009/n_5398/歌手のASKA(...

弁護士インタビュー

弁護士ドットコム編集部から,元裁判官の立場でインタビューを受けました。YouTubeにアップして頂きましたので,ご覧ください。https://www.youtube.com/wat...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

加害者から大変不利な示談書を書かされてしまい,悩んでいました。

 私は,相手の信号無視により大ケガを負わされました。  相...

S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
面会交流拒否で再婚相手にも賠償命令
イメージ

弁護士の田沢です。元妻が子どもとの面会交流を拒否したとして,元夫が損害賠償請求をしたところ,元妻の再婚...

[ 家庭の問題 ]

AV出演拒否で提訴するのは懲戒事由?
イメージ

弁護士の田沢です。所属事務所のタレントがAV出演を拒否したため,所属事務所が違約金を求めて提訴した件で...

[ 随筆 ]

医療ビッグデータ法とは?
イメージ

弁護士の田沢です。医療ビッグデータ法なんてものが審議入りするんですね。JIJICOで解説してみました。...

[ 時事ネタ ]

本年もよろしくお願いします。
イメージ

弁護士の田沢です。旧年中は一方ならぬご厚情を賜り,誠にありがとうございました。本年も引き続きよろしく...

[ 随筆 ]

ASKAさん不起訴処分の理由
イメージ

弁護士の田沢です。ネタ的には少々古い感じもしますが,JIJICOです。http://jijico.mbp-japan.com/201...

[ 刑事事件雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ