Yahoo!ニュース配信

140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」、最高裁が初判断…何が争点だったの?

yahoo!ニュースに配信されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00004835-bengocom-soci
https://www.bengo4.com/shakkin/1036/n_4835/

弁護士に代わって司法書士がどこまで債務整理の業務を扱えるかが争われた裁判で、最高裁判所は6月27日、司法書士側の主張を退け、「債務額(借金額)などが140万円を超える場合は司法書士は担当できない」とする初判断を示した。

この訴訟は、司法書士に債務整理を依頼した和歌山県の家族が、「司法書士が業務範囲外の債務整理をおこなったために損害を受けた」と司法書士に損害賠償を求めた裁判で、1審と2審とで判断が分かれていた。

今回の裁判は、何が争点で、最高裁はどのような理由で司法書士側の主張を退けたのか。田沢剛弁護士に聞いた。

●何が争点だったのか?

「訴訟代理人は、原則的に弁護士である必要があります(民事訴訟法54条1項)。

ただし、司法書士の中で、法務省で一定の研修・考査を受けた、いわゆる『認定司法書士』は、『訴訟の目的の価額』が140万円を超えない簡易裁判所の民事事件について、訴訟代理人になることができます(司法書士法3条2項、同条1項6号イ)。

そして、『紛争の目的の価額』が140万円を超えない民事に関する紛争についても、相談に応じ、裁判外の和解について代理人になることができるとも定められています(司法書士法3条2項、同条1項7号)。

『訴訟の目的の価額』は『訴えで主張する利益』(民事訴訟法8条)のことです。今回の裁判では、債務整理を行う場合の『紛争の目的の価額』の解釈が争点となりました」

田沢弁護士はこのように述べる。原告側・被告側は、それぞれどのような解釈を主張していたのか。

「(原告の)弁護士側は『債権者の主張する債権額』であると主張していたのに対し、司法書士側は『依頼者の受ける経済的利益』であると反論していました。

例えば、債権者が債務者に300万円を請求して、最終的に『200万円に減額する』という和解するという事例を考えてみましょう。

この場合、弁護士側の見解では、『債権者の主張する債権額=紛争の目的の価額』ですから、『紛争の目的の価額』は300万円となります。そうすると、140万円を超えることになるので、認定司法書士は債務者を代理できないという結論になります。

一方で、司法書士側の見解では、『依頼者の受ける利益=紛争の目的の価額』ですから、『紛争の目的の価額』は300万円から和解で減額された200万円を引いた100万円ということになります。そうすると、140万円を超えないので、認定司法書士は債務者を代理できることになるわけです。

今回の最高裁判決は、『紛争の目的の価額』の解釈について、認定司法書士が業務を行う時点で客観的かつ明確な基準でなければならないとして、債権額基準、つまり『債権者の主張する債権額=紛争の目的の価額』との基準を採用しました」



【取材協力弁護士】
田沢 剛(たざわ・たけし)弁護士
1967年、大阪府四条畷市生まれ。94年に裁判官任官(名古屋地方裁判所)。以降、広島地方・家庭裁判所福山支部、横浜地方裁判所勤務を経て、02年に弁護士登録。相模原で開業後、新横浜へ事務所を移転。得意案件は倒産処理、交通事故(被害者側)などの一般民事。趣味は、テニス、バレーボール。
事務所名:新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
事務所URL:http://www.uc-law.jp
.
弁護士ドットコムニュース編集部

田沢剛(法的トラブル解決の専門家)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

  • 電話:045-478-2660 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:30~17:30
  • 定休日:土曜日、日曜日、祝祭日(但し,応相談)

このプロに資料を請求したい

最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00005398-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/c_1009/n_5398/歌手のASKA(...

弁護士インタビュー

弁護士ドットコム編集部から,元裁判官の立場でインタビューを受けました。YouTubeにアップして頂きましたので,ご覧ください。https://www.youtube.com/wat...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

整骨院の先生も「その賠償額はすごい!」と驚いていました。

 お振込みいただいた賠償金の確認がとれました。  私は、...

E・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
AV出演拒否で提訴するのは懲戒事由?
イメージ

弁護士の田沢です。所属事務所のタレントがAV出演を拒否したため,所属事務所が違約金を求めて提訴した件で...

[ 随筆 ]

医療ビッグデータ法とは?
イメージ

弁護士の田沢です。医療ビッグデータ法なんてものが審議入りするんですね。JIJICOで解説してみました。...

[ 時事ネタ ]

本年もよろしくお願いします。
イメージ

弁護士の田沢です。旧年中は一方ならぬご厚情を賜り,誠にありがとうございました。本年も引き続きよろしく...

[ 随筆 ]

ASKAさん不起訴処分の理由
イメージ

弁護士の田沢です。ネタ的には少々古い感じもしますが,JIJICOです。http://jijico.mbp-japan.com/201...

[ 刑事事件雑感 ]

ふるさと納税
イメージ

弁護士の田沢です。ふるさと納税で財政状況が改善した佐賀県上峰町の議会で,議員に対する費用弁償を復活させ...

[ 時事ネタ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ