コラム

 公開日: 2012-12-28 

消費者金融による突撃訪問!

弁護士の田沢です。

当事務所では,貸金業者に対する過払金請求は,原則として訴訟提起により解決しております。訴訟提起前の任意交渉の場合,貸金業者から納得のいく返還額が提示されないからです。貸金業者側では,任意交渉の段階で提示可能な金額(決裁がおりる額)と訴訟提起後の提示可能な金額が異なっているようで,大量処理をしている法律事務所では,解決を早めるべく大幅に減額された金額の返還を受ける内容にて解決しているのではないかと考えられます。しかしながら,返還を受ける過払金を減額するということは,利息制限法という法律の制限を超えた利息の支払いを一部でも有効と認めるのと同じ扱いとなり,如何なものかという疑問を拭い去れません。利息制限法は,強行法規とされており,これに違反する利息の定めは無効としてしまう効果があるほど強い法律なのです。相当前の裁判所の判断でも,弁護士が間に入って過払金の返還を一部受けずに貸金業者側に保持させる内容の合意をした場合ですら,無効になるとしたものがあったほどです。過払金が弁護士報酬を簡単に稼げるからといって,貸金業者側と安易な金額で和解をすることは,結局は,依頼者に損をさせることに繋がるものと考えます(もちろん,倒産の危機に瀕している貸金業者が相手の場合には,ある程度の減額もやむを得ない場合があるでしょう。)。
そんな次第で,当事務所は,原則的に訴訟提起をし,安易な減額をしない方針としているためか,とある消費者金融会社Aの管理本部に属する人物が,当職の留守中に事務所を突撃訪問してきました。おそらくは,会社の窮状を訴え,あるいは,他の弁護士は70~80%程度の金額で和解をしてくれる,などと説明して,今後の交渉を有利にしようと企んだのでしょう。ですが,残念ながら,当職は不在でした。もちろん,事務所にいたとしても,アポなしで来られてもお話しすることはありませんし,事前にアポの申入れがあっても,内容は目に見ているのでアポなど取りませんが…。


ご相談,お問合せは,お気軽に下記へ
      ↓↓
【新横浜アーバン・クリエイト法律事務所】
Tel  045-478-2660
mail t.t@uc-law.jp
http://www.uc-law.jp/

顧問契約に関しては下記をご覧ください。
      ↓↓
http://www.uc-law.jp/service/advisory.html

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース掲載

Yahoo!ニュースに配信されました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00007814-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/c_1009/n_7814/女性3人に性...

弁護士インタビュー
インタビュー記事

弁護士ジャパンさんからインタビューを受けました。https://bengoshi-japan.com/interview/archives/828

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

加害者から大変不利な示談書を書かされてしまい,悩んでいました。

 私は,相手の信号無視により大ケガを負わされました。  相...

S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
司法による冤罪被害
イメージ

弁護士の田沢です。昨日,中国放送の元アナウンサーが受けた窃盗の冤罪被害について,北村弁護士が解説するT...

[ 古巣の裁判所 ]

マジですか?
イメージ

弁護士の田沢です。新潟県知事の女性問題が,「買春」ということで文春ネタになっています。このお方,学部は...

[ 時事ネタ ]

NHKワンセグ訴訟逆転判決
イメージ

弁護士の田沢です。先月,ワンセグ付きスマホを所有しているだけでNHKと受信契約を締結する義務があるのか...

[ 時事ネタ ]

森友問題
イメージ

弁護士の田沢です。決裁文書改竄が明らかになったけれども,官僚が勝手にそんなことできるのかね?元理財局長...

[ 時事ネタ ]

99.9-刑事専門弁護士
イメージ

弁護士の田沢です。昨晩のTV日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士」を観ました。裁判長が,検察官に先んじ...

[ 古巣の裁判所 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ