コラム

 公開日: 2011-11-16 

有責配偶者による離婚請求

婚姻破綻に至った原因が専ら一方の配偶者に責任がある場合,例えば,夫が浮気をして,それがばれて妻との婚姻関係を破綻させてしまった場合に,その夫からの離婚請求は,「有責配偶者からの離婚請求」として,裁判所では認めてくれないことが一般的です。そのような有責配偶者から離婚を求めたい場合には,できるだけ協議か,調停によって離婚をまとめてしまうことが得策です。最終的に訴訟に発展した場合には,裁判所が離婚を認めてくれないからです。相手方配偶者から,離婚をする場合の条件を突きつけられることは必至でしょうが,離婚してしまうことが先決でしょうから,その条件を頑張って飲めるようであれば,飲んで離婚を成立させてしまいましょう。

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00006118-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/internet/n_6118/ 独立行政...

弁護士インタビュー
インタビュー記事

弁護士ジャパンさんからインタビューを受けました。https://bengoshi-japan.com/interview/archives/828

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

個人再生手続により人生の再出発ができました。

 東日本大震災は東北地方に大きな被害をもたらしましたが,...

M
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自転車の違反行為に要注意!!
イメージ

弁護士の田沢です。自転車の違反行為も知っておく必要がありますね。傘を差すのもダメ,イヤホンで音楽聴くの...

[ 刑事事件雑感 ]

政権の暴走2
イメージ

弁護士の田沢です。国連特別報告者が日本政府の抗議に反論したようです。日本政府の抗議は,「プライバシーや...

[ 時事ネタ ]

政権の暴走
イメージ

弁護士の田沢です。テロ等準備罪新設法案(いわゆる共謀罪法案)について,国連特別報告者が懸念を表明したこ...

[ 時事ネタ ]

法テラスはブラック?
イメージ

弁護士の田沢です。法テラスというところは,弁護士をなんだと思ってるんだろう。これはちょっと酷くない?な...

[ 司法制度改革の弊害? ]

ブラック産業医登場!!
イメージ

弁護士の田沢です。ついにブラック産業医なるものが登場しました。従前から存在したのかもしれませんけど,こ...

[ 労働問題,ブラック企業 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ