コラム

 公開日: 2011-11-08 

後遺障害による労働能力喪失

交通事故で負傷し,例えば後遺障害12級の認定を受けると,14%の労働能力を喪失するものと扱われます。そこで,被害者の場合には,加害者に対し,症状固定後から67歳までの収入のうち14%が得られなくなるものと擬制して,それを現在価値に換算した金額の賠償を請求することになるのですが,事故前の収入と症状固定後の収入に変動がない場合,賠償請求できないのでしょうか。裁判所は,変動がなくてもそれが本人の努力によってカバーされているなどの要素を検討して賠償請求を認めることが多々あります。では,症状固定後,67歳になる前に別の原因で被害者が死亡した場合において,死亡したところまでの期間の賠償しか認められないのでしょうか。この点について,最高裁は,症状固定後に別の原因で死亡したからといって,賠償すべき逸失利益はその影響を受けないものと判断しています。損害は,すでに事故時に生じていると擬制しているからです。事故時に損害が発生しているものと擬制するのであれば,症状固定後も収入に変動はないといった事後的な事情も,同じように考慮すべきではないとはいえないのでしょうか。

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00005789-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/internet/n_5789/東京都立川...

弁護士インタビュー
インタビュー記事

弁護士ジャパンさんからインタビューを受けました。https://bengoshi-japan.com/interview/archives/828

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
A・T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
年度末を迎えるにあたり
イメージ

弁護士の田沢です。弁護士事務所の経営においては,年度という概念はあまり関係ないのですが,裁判所が異動時...

[ 古巣の裁判所 ]

弁護士ジャパンさんによるインタビュー記事公開
イメージ

弁護士の田沢です。最近,「弁護士ジャパン」というサイトの運営者からインタビューを受け,本日,その記事が...

[ 古巣の裁判所 ]

宅急便ドライバー
イメージ

弁護士の田沢です。宅急便大手のヤマトについて,荷物量が多すぎて従業員が疲弊しているといった報道がありま...

[ 労働問題,ブラック企業 ]

モンスター弁護士登場!
イメージ

弁護士の田沢です。「モンスター弁護士」なんて言葉も出てきてるんですね。そう言われないようにしないといけ...

[ 司法制度改革の弊害? ]

裁判官による侮辱?
イメージ

弁護士の田沢です。裁判官が訴訟活動をしている弁護士を侮辱したようです。内容が本当であれば,確かに訴訟指...

[ 古巣の裁判所 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ