コラム

 公開日: 2016-06-09  最終更新日: 2016-06-22

裁判員制度について

弁護士の田沢です。

裁判員制度の問題点について解説を頼まれました。実際に適されていることはたくさんあるようですが,制度目的との関連で目立つものをピックアップして解説しております。
http://jijico.mbp-japan.com/2016/06/06/articles20349.html
★ 年々増加傾向の裁判員辞退率
 裁判員に遺体写真を見せるか否か?一定の負担はやむなし 平成21年5月21日にスタートしてからマル7年が経過した裁判員裁判制度は,「国民の中から選任された裁判員が裁判官と共に刑事訴訟手続に関与することが司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上に資すること」を理由に導入されました。言い換えれば,市民感覚を刑事司法に反映させようとしたものです。
 裁判所が公表している統計によりますと,選任された裁判員の数は,平成28年3月末現在で5万人を超えたようですが,他方で,辞退率は,制度が始まった平成21年当時は53%に過ぎなかったにもかかわらず,平成24年には60%を超え,最近では65パーセントにまで達してしまっているようです。どうしてこのような現象が生じてきたのかを考えてみます。

★ 重大事件に限定されることが辞退率を増やす要因に
 まず,裁判員制度は,特定の職業や立場の人に偏らず,広く国民に参加してもらう制度であるため,原則として辞退ができません。
 しかしながら,裁判員裁判の平均審理期間は,制度が始まったころは5日未満だったにもかかわらず,近年では9日に達しており,裁判員の負担が少しずつ重くなってきています。
 また,裁判員裁判の対象となる事件は重大事件に限定されており,凄惨な遺体の写真などの証拠を見て気分が悪くなったり,ストレス障害に罹患してしまったり,死刑判決に加わった場合には,生涯にわたり罪悪感に苛まれることになるなど,裁判員の精神的な負担も測り知れません。にもかかわらず,これに対する手当も十分になされているとはいえません。

★ 国民の理解が得られる制度に改善する努力が必要不可欠
 さらにいえば,そもそもこの制度自体に矛盾を孕んでいるのではないかといった疑問もあります。市民感覚を司法制度に反映させることに狙いがあるはずにもかかわらず,裁判員の関与は第1審のみに限定されており,職業裁判官のみで構成される控訴審によって,その判断を覆すことができるようになっています。しかも,最高裁判所は,平成24年2月に下した判決において,よほどの理由がない限り第1審の裁判員裁判で認定された事実は尊重しなければならないものと判断する一方で,量刑については,平成26年7月に下した判決において,従前の量刑の傾向を尊重しなければならないと判断するなど,裁判所自身においても,裁判員裁判の位置付けが曖昧にされているようにも思えます。このようなことでは,裁判員裁判に選任されてその任務に全力を注いだとしても,徒労感のみが残ってしまいかねず,裁判員裁判制度というものに対する国民の理解がそもそも得られるのか,疑問なしとしません。
 裁判員裁判制度に含まれる問題点は,他にも多々指摘されているところですが,制度そのものを維持するのであれば,国民の理解が得られるような制度に改善していく努力が必要不可欠といえます。これを怠ってしまうと,辞退者の増加を食い止めることなどできようはずもありません。

当事務所へのご相談予約,お問合せは,お気軽に下記へ


顧問契約に関しては下記をご覧ください。


弁護士 田沢 剛
〒223-0033
横浜市港北区新横浜3丁目19番11-803号
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
045-478-2660
045-478-2670(FAX)
http://www.uc-law.jp/
http://lmedia.jp/author/tazawa/

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00005398-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/c_1009/n_5398/歌手のASKA(...

弁護士インタビュー

弁護士ドットコム編集部から,元裁判官の立場でインタビューを受けました。YouTubeにアップして頂きましたので,ご覧ください。https://www.youtube.com/wat...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

望んでいた和解ができてとても満足しています。

 家庭裁判所にて離婚調停が不調に終わり,「お互い話合いで...

K.K
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
供述調書捏造って…
イメージ

弁護士の田沢です。またまた神奈川県警の不祥事ですか?供述調書捏造って,なんでそこまでするかな?冤罪の一...

[ 刑事事件雑感 ]

不可解な嘆願書
イメージ

弁護士の田沢です。どうしてこんな嘆願書を作成できたのでしょうか?もしも母親主導で作成したというのであれ...

[ 刑事事件雑感 ]

ASKA再逮捕に寄せて…
イメージ

弁護士の田沢です。昨日頼まれて書いたYahoo!ニュースの記事には書かなかったんだけれど,やっぱり薬物...

[ 刑事事件雑感 ]

原発関連いじめ
イメージ

弁護士の田沢です。横浜市の原発関連いじめ問題,以前,ここのコラム(http://mbp-kanagawa.com/uc-law/column...

[ 時事ネタ ]

取調べ中の暴行で死亡?
イメージ

弁護士の田沢です。奈良県警により取調べを受けていた医師が死亡したのは,取調べ中に警察官から暴行を受けて...

[ 刑事事件雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ