コラム

 公開日: 2016-05-11 

パナマ文書問題とは?

弁護士の田沢です。

世間では,パナマ文書が話題になっていますね。これについて,ちょっとだけ解説してみました。
http://jijico.mbp-japan.com/2016/05/11/articles20133.html
【パナマ文書公開で世界中が混乱】
 今,パナマ文書が世間を騒がせています。このパナマ文書とは,中米のパナマにある法律事務所から流出した膨大な内部情報のことで,この法律事務所がタックスヘイブン(租税回避地)を利用した法人設立などを扱っていたことから,その文書によってタックスヘイブンを利用していた人物や法人名などが明るみに出てしまうために世間を騒がせることになりました。
 そもそも税金をどのように課すのかということは,それぞれの国が自ら決定できる事項なのですが,オリジナルな産業基盤の乏しい小国では,税率を低くしたり,あるいはそもそも課税しないことで,富裕層や大企業を集めることが可能となり,それを自国の雇用に繋げるなどして経済力を高めることができます。そのような租税政策を採っている国や地域のことをタックスヘイブンと呼びます。

【タックスヘイブンが法律に反するのはどのようなケース?】
 しかしながら,タックスヘイブンに設立された法人が,実体のないペーパーカンパニーであったり,取引をしているように装っていたとしたら,合法的な節税ではなくむしろ悪質な脱税ということになりますので,所得税法違反や法人税法違反といった罪に問われかねません。
 また,テロリストや詐欺集団などなどの犯罪組織が得た違法な収益は,タックスヘイブンに設立されたペーパーカンパニーと架空の取引をすることで,そのペーパーカンパニーが一旦取得し,これをタックスヘイブンにある銀行を通じて送金させれば,いわゆるマネーローンダリング(資金洗浄)となります。
 タックスヘイブンを悪用するために,金融機関に対し取引主体について虚偽の申告をしたり,あるいは第三者に自ら開設した取引口座等を譲渡したりする行為は,犯罪による収益の移転防止に関する法律違反といった罪に問われることになります。

【パナマ文書が世界中で問題になっている本質とは?】
 パナマ文書の問題は,タックスヘイブンを利用していた人物や法人が脱税やマネーローンダリングに関与している疑いがあると考えられるから世間を騒がせていると思いがちですが,タックスヘイブンに設立された法人やそれを通じて行われた取引が実体のある真正なものである限り,特に違法となるものではありません。
 我が国の憲法では国民の財産権が保障されており,課税には法律が必要であるとする租税法律主義も定められていますので,合法的な節税自体は何ら咎められることではありません。
 しかしながら,国の要職にある人物は,国の財政を運営していくために適切かつ平等な徴税のあり方を模索する立場にあります。そのような人物が,積極的にタックスヘイブンを利用して節税をしていたとなると,いくら合法であるとはいっても,やはり首を傾げたくなるのも頷けるというもので,そこが騒ぎを大きくしている本質のようです。

当事務所へのご相談予約,お問合せは,お気軽に下記へ


顧問契約に関しては下記をご覧ください。


弁護士 田沢 剛
〒223-0033
横浜市港北区新横浜3丁目19番11-803号
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
045-478-2660
045-478-2670(FAX)
http://www.uc-law.jp/
http://lmedia.jp/author/tazawa/
http://jijico.mbp-japan.com/author/tazawatakeshi

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00005894-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/c_1009/n_5894/ 学校法人「...

弁護士インタビュー
インタビュー記事

弁護士ジャパンさんからインタビューを受けました。https://bengoshi-japan.com/interview/archives/828

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

加害者から大変不利な示談書を書かされてしまい,悩んでいました。

 私は,相手の信号無視により大ケガを負わされました。  相...

S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
もう4月
イメージ

弁護士の田沢です。桜が咲き始める季節になりました。東京ではこの週末の満開が予想されていますが,寒い日が...

[ 随筆 ]

年度末を迎えるにあたり
イメージ

弁護士の田沢です。弁護士事務所の経営においては,年度という概念はあまり関係ないのですが,裁判所が異動時...

[ 古巣の裁判所 ]

弁護士ジャパンさんによるインタビュー記事公開
イメージ

弁護士の田沢です。最近,「弁護士ジャパン」というサイトの運営者からインタビューを受け,本日,その記事が...

[ 古巣の裁判所 ]

宅急便ドライバー
イメージ

弁護士の田沢です。宅急便大手のヤマトについて,荷物量が多すぎて従業員が疲弊しているといった報道がありま...

[ 労働問題,ブラック企業 ]

モンスター弁護士登場!
イメージ

弁護士の田沢です。「モンスター弁護士」なんて言葉も出てきてるんですね。そう言われないようにしないといけ...

[ 司法制度改革の弊害? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ