コラム

 公開日: 2015-08-21 

増加する学校でのトラブル、教師が問われる法的責任の範囲

弁護士の田沢です。

弁護士の責任賠償保険があるのと同じように,学校の教職員を対象とする保険があるようですね。
そもそも,教職員は個人的に責任を負うことがあるのでしょうか。解説しました。
http://jijico.mbp-japan.com/2015/08/20/articles18356.html
【学校でのトラブルに対して教職員が負うべき責任は?】
 増加する学校でのトラブル、教師が問われる法的責任の範囲昨今の学校教育の現場は、モンスターペアレントの出現など、一昔前はそれほど問題にならなかったことまで問題視されるなど、教育環境は厳しさを増しています。教職員も勤務時間外にまで対応に追われ、疲弊しているといわれています。また、教職員の教育指導をめぐって保護者との間でトラブルになり、挙げ句の果てには損害賠償問題に発展することもあるようです。
 そもそも、教職員が学校教育活動に伴って児童や生徒に損害を与えた場合、これに対して個人的に賠償責任を負うものなのでしょうか。これについては、国・公立学校の場合と私立学校の場合に分けて考える必要があります。

【状況は国公立か、私立学校かで分かれる】
 まず、国・公立学校の場合、教職員の身分は公務員ということになりますが、国家賠償法1条1項は、「国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によって違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。」と定めています。
 この規定から、公務員たる教職員個人も賠償責任を負うことになるのか否かは判然としませんが、最高裁判所は国又は地方公共団体が賠償責任を負う場合には、加害行為を行った公務員個人は被害者との関係では賠償責任を負わないものと判断しています。
 他方、同法2項は、「前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があったときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。」とも定めていますので、被害者との関係で賠償責任を果たした国又は公共団体は、故意又は重過失で加害行為を行った教職員に対し、賠償額を求償していくことが可能です。逆に言うならば、軽過失しかない教職員は、被害者に対する賠償責任を負うこともなければ、賠償責任を果たした国又は公共団体からも求償されることはないということになるわけです。
 もちろん、国家賠償法の規定は、教職員が社会通念上その職務の範囲に属するとみられる行為で第三者に損害を与えた場合、国や公共団体が賠償責任を負うと定めたものです。職務とは全く無関係な行為で第三者に損害を与えた場合には、国や公共団体が賠償責任を負うことはなく、教職員個人が責任を負うことになるのは言うまでもありません。
 一方、私立学校の場合には、国家賠償法のような規定がないため、帰責性が認められる限り、教職員個人も被害者との関係で責任を負うことになります。

【裁量の幅を狭めれば硬直した教育しか行えないとの懸念も】
 ところで、教職員個人の加害行為によって賠償責任の問題が生じるのは、当該教職員に故意又は過失がある場合です。ここでいう「過失」とは、教職員としての注意義務違反(通常尽くさなければならない注意を怠ること)があることを意味します。しかし、教職員がその職務上要求される注意義務の範囲は一義的に明確なものではなく、「学校における教育活動及びこれを密接不離の生活関係について、児童生徒の発達段階に応じた注意義務を負う」ものとされているため、個別具体的な事情のもとに判断していくほかありません。
 「発達段階に応じた注意義務」とはいえ、個性のある児童や生徒を相手にするため手探りにならざるを得ないことも多々あり、相応の裁量が認められて然るべきともいえます。教職員個人の責任を安易に認めることになっては、その裁量の幅を狭めてしまうことになりかねず、硬直した教育しか行えなくなってしまいます。その意味では、注意義務違反と評価される部分と裁量の範囲内と認められる部分の境目を見極めることなど、とても難しいことではないでしょうか。

当事務所へのご相談予約,お問合せは,お気軽に下記へ


顧問契約に関しては下記をご覧ください。


弁護士 田沢 剛
〒223-0033
横浜市港北区新横浜3丁目19番11-803号
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
045-478-2660
045-478-2670(FAX)
http://www.uc-law.jp/
http://lmedia.jp/author/tazawa/
http://jijico.mbp-japan.com/author/tazawatakeshi
http://www.chintai-hakase.com/answer/b_urban/index.html

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00005398-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/c_1009/n_5398/歌手のASKA(...

弁護士インタビュー

弁護士ドットコム編集部から,元裁判官の立場でインタビューを受けました。YouTubeにアップして頂きましたので,ご覧ください。https://www.youtube.com/wat...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

対応が早く,安心してお願いすることができました。

交通事故の損害賠償請求について依頼しました。 依頼する前...

M・Tさん
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
供述調書捏造って…
イメージ

弁護士の田沢です。またまた神奈川県警の不祥事ですか?供述調書捏造って,なんでそこまでするかな?冤罪の一...

[ 刑事事件雑感 ]

不可解な嘆願書
イメージ

弁護士の田沢です。どうしてこんな嘆願書を作成できたのでしょうか?もしも母親主導で作成したというのであれ...

[ 刑事事件雑感 ]

ASKA再逮捕に寄せて…
イメージ

弁護士の田沢です。昨日頼まれて書いたYahoo!ニュースの記事には書かなかったんだけれど,やっぱり薬物...

[ 刑事事件雑感 ]

原発関連いじめ
イメージ

弁護士の田沢です。横浜市の原発関連いじめ問題,以前,ここのコラム(http://mbp-kanagawa.com/uc-law/column...

[ 時事ネタ ]

取調べ中の暴行で死亡?
イメージ

弁護士の田沢です。奈良県警により取調べを受けていた医師が死亡したのは,取調べ中に警察官から暴行を受けて...

[ 刑事事件雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ