コラム

 公開日: 2015-07-23 

苗字の変更はどんな時に認められるのか?

弁護士の田沢です。

苗字(氏)の変更は,家庭裁判所の許可を得て行います。
https://lmedia.jp/2015/07/10/65767/
●氏(苗字)を変更できる時はどんな時?
結婚や離婚などの身分関係の変動は、氏の変更を伴います。
他方、そのような身分関係の変動もないのに、一定の要件のもとに自分の氏を変更することがあります。
戸籍法107条1項は、「やむを得ない事由によって氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。」と定めており、ここでいう「やむを得ない事由」とは、氏の変更をしないとその人の社会生活において著しい支障を来す場合をいうとされています。
特に、札幌高裁が昭和41年に下した決定は、「主観的事情を意味するのではなく、呼称秩序の不変性確保という国家的、社会的利益を犠牲にするに値するほどの高度の客観性を意味する」としております。
そこで、具体的どのような場合が「やむを得ない事由」に該当するのかを見ていきます。

●前科を隠したい場合はできる?
犯罪者が社会復帰を果たし、更生して生きていくためには、前科者という烙印は障害になることが予想されますので、前科を隠すために、氏を変更することもやむを得ないのではないかという意見もあるでしょう。
しかしながら、東京家裁が昭和41年7月に下した決定は、「心機一転して更生したいという心情は分からないではないが、かかる事情が、それ自体氏の変更を認めるべき『やむことを得ない事由』に該当しないことは詳言するまでもなく、明らかであるといわなければならない。」と判断しました。
前科のある者が、再び犯罪に手を染めた場合には、そうでない者に比べると情状が悪く、量刑に影響を及ぼします。常習として窃盗を繰り返した場合には、通常の窃盗罪ではなく、常習累犯窃盗罪という重い犯罪にもなるのです。前科を隠すために氏の変更を認めることは、却って社会的利益を損ないかねず、更生したいという心情だけでは足らないということなのでしょう。

●反社会的勢力から逃れたい場合は?
元暴力団員として氏が周知されている者から氏の変更について、平成8年8月に宮崎家裁は、客観的に現在の氏による社会生活上の現実の支障や不利益があり、氏の変更の必要があると認められ、加えて、氏を変更することが本人の更生に必要と認められる事情がある場合には、やむを得ない事由に該当するとしました。
これも、元暴力団員として氏名が周知されておらず、反社会的勢力から逃れたいという主観的事情だけだったとすると、逆に変更が認められなかったかもしれません。

●名前を理由にいじめられた場合
氏が滑稽珍奇な場合には、笑いの対象とされたり、からかわれたりすることが予想されます。そのような場合には、社会生活上の苦痛を伴いますので、氏を変更したいということも理解し得るところです。岐阜家裁高山支部の昭和42年8月決定は「大楢」という氏について、那覇家裁の昭和50年9月決定は「大工」という氏について、長崎家裁の昭和61年7月決定は「肴屋」という氏について、いずれもやむを得ない事由があるとしました。

●同姓同名がいる場合
世の中には同姓同名の方もたくさんいますので、別に同姓同名の人がいるというだけでは、やむを得ない事由があるとはいえないでしょうが、会社、学校内などに同姓同名がいた場合はどうでしょうか。
例えば、学校の場合は、時期が来たら卒業することになりますので、不便があるとはいっても、期間が限定されています。このようなことを考えますと、会社や学校内に同姓同名がいるとしても、それによってどれだけの不便が生じているのか、あるいはどの程度の不便が予測されるのかということは、やはり検証が必要でしょう。

●その他の例
その他、幼少時に近親者から性的虐待を受けた被害者が、戸籍上の氏名を使用することは、その近親者及び虐待行為を思い出して、強い精神的苦痛を受けるとして、氏の変更を申し立てたケースでは、やむを得ない事由があるものとされたようです。

当事務所へのご相談予約,お問合せは,お気軽に下記へ


顧問契約に関しては下記をご覧ください。


弁護士 田沢 剛
〒223-0033
横浜市港北区新横浜3丁目19番11-803号
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
045-478-2660
045-478-2670(FAX)
http://www.uc-law.jp/
http://lmedia.jp/author/tazawa/
http://jijico.mbp-japan.com/author/tazawatakeshi
http://www.chintai-hakase.com/answer/b_urban/index.html

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00005789-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/internet/n_5789/東京都立川...

弁護士インタビュー
インタビュー記事

弁護士ジャパンさんからインタビューを受けました。https://bengoshi-japan.com/interview/archives/828

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

個人再生手続により人生の再出発ができました。

 東日本大震災は東北地方に大きな被害をもたらしましたが,...

M
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
年度末を迎えるにあたり
イメージ

弁護士の田沢です。弁護士事務所の経営においては,年度という概念はあまり関係ないのですが,裁判所が異動時...

[ 古巣の裁判所 ]

弁護士ジャパンさんによるインタビュー記事公開
イメージ

弁護士の田沢です。最近,「弁護士ジャパン」というサイトの運営者からインタビューを受け,本日,その記事が...

[ 古巣の裁判所 ]

宅急便ドライバー
イメージ

弁護士の田沢です。宅急便大手のヤマトについて,荷物量が多すぎて従業員が疲弊しているといった報道がありま...

[ 労働問題,ブラック企業 ]

モンスター弁護士登場!
イメージ

弁護士の田沢です。「モンスター弁護士」なんて言葉も出てきてるんですね。そう言われないようにしないといけ...

[ 司法制度改革の弊害? ]

裁判官による侮辱?
イメージ

弁護士の田沢です。裁判官が訴訟活動をしている弁護士を侮辱したようです。内容が本当であれば,確かに訴訟指...

[ 古巣の裁判所 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ