コラム

 公開日: 2015-07-06 

何をもって親子関係があるとするのか?

弁護士の田沢です。

非常に難しい問題ですね。
http://jijico.mbp-japan.com/2015/07/05/articles18037.html
第三者が介在する生殖補助医療について議論する自民党のプロジェクトチームは、6月26日に開催された厚生労働部会と法務部会との合同会議を開催。そこで、卵子提供や代理出産で子どもが生まれた場合、出産した女性を母親と規定する民法特例法案の骨子を了承し、今国会に法案を提出する方針であるとの報道がなされました。
そもそも、民法772条1項の「妻が婚姻中に懐胎した子どもは、夫の子と推定する」という規定は、懐胎し出産した女性が出生した子の母であり、母と嫡出子との間の母子親子関係は懐胎、出産という客観的な事実により当然に成立することを前提としたものだと解されています。母とその非嫡出子との母子関係についても、同様に理解されていました。
このように、我が国の民法制定当時は、懐胎し出産した女性は遺伝的にも例外なく出生した子との繋がりがあるという事情が存在し、その上で出産という客観的かつ外形上明らかな事実を捉えて母子関係の成立を認めることにしていました。出産と同時に出生した子どもと出産した女性との間に母子関係を早期に一義的に確定させることが、子の福祉に適うとも考えられていました。
しかしながら、現在では、卵子提供や代理出産など、第三者が介在する生殖補助医療技術が進歩しました。そのため、上記のような民法制定当時とは時代背景が異なり、非常に問題となっています。結局、血縁(遺伝)的要素と出産という外形的事実のいずれを重視するのかというところに帰着せざるを得ません。
テレビで有名な夫婦がアメリカ人女性に受精卵を提供して代理出産を依頼した件に関し、最高裁が平成19年3月23日に下した決定は、なお従前の枠組みによる判断を維持し、卵子を提供した日本人女性と生まれた子との間の母子関係は認められないとしました。しかし、「この問題の解決のためには、医療法制、親子法制の面から多角的な観点にわたる検討を踏まえた法の整備が必要である」としながらも、「関係者が多く、多様な関係者の間にさまざまな意見が存在することから、妥当な合意を得ることは必ずしも容易ではないと考える」といった裁判官の補足意見も付されていました。
今回報道された法案は、代理出産によって生まれた子の母は、出産した女性であるということを明文化するものですから、従前の枠組みを積極的に維持していく方向に働きます。生殖補助医療技術の進歩という現実を踏まえても、なおそのような判断枠組みが維持されるべきなのか否か。「生まれた子と卵子提供をした女性との間に養子縁組の方法以外で親子関係を認めるための制度を別途用意すべきではないか」など、まだまだ議論は尽きない問題と言えるでしょう。

当事務所へのご相談予約,お問合せは,お気軽に下記へ


顧問契約に関しては下記をご覧ください。


弁護士 田沢 剛
〒223-0033
横浜市港北区新横浜3丁目19番11-803号
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
045-478-2660
045-478-2670(FAX)
http://www.uc-law.jp/
http://lmedia.jp/author/tazawa/
http://jijico.mbp-japan.com/author/tazawatakeshi
http://www.chintai-hakase.com/answer/b_urban/index.html
http://mbp-kanagawa.com/uc-law/

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00005398-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/c_1009/n_5398/歌手のASKA(...

弁護士インタビュー

弁護士ドットコム編集部から,元裁判官の立場でインタビューを受けました。YouTubeにアップして頂きましたので,ご覧ください。https://www.youtube.com/wat...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

借金による精神的なストレスから開放されました。

借金の返済に悩んでいましたところ,市役所に横浜弁護士会の...

TM
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
供述調書捏造って…
イメージ

弁護士の田沢です。またまた神奈川県警の不祥事ですか?供述調書捏造って,なんでそこまでするかな?冤罪の一...

[ 刑事事件雑感 ]

不可解な嘆願書
イメージ

弁護士の田沢です。どうしてこんな嘆願書を作成できたのでしょうか?もしも母親主導で作成したというのであれ...

[ 刑事事件雑感 ]

ASKA再逮捕に寄せて…
イメージ

弁護士の田沢です。昨日頼まれて書いたYahoo!ニュースの記事には書かなかったんだけれど,やっぱり薬物...

[ 刑事事件雑感 ]

原発関連いじめ
イメージ

弁護士の田沢です。横浜市の原発関連いじめ問題,以前,ここのコラム(http://mbp-kanagawa.com/uc-law/column...

[ 時事ネタ ]

取調べ中の暴行で死亡?
イメージ

弁護士の田沢です。奈良県警により取調べを受けていた医師が死亡したのは,取調べ中に警察官から暴行を受けて...

[ 刑事事件雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ