コラム

 公開日: 2015-05-16 

元村長は争うって?

弁護士の田沢です。

もう予断を持ってしまっているので,私だったら絶対に代理人を引き受けることはできません。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150516-OYT1T50010.html?from=tw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すでにこんな記事を掲載して頂いてますから~っ!
       ↓↓↓
http://www.bengo4.com/topics/2840/
村役場の女性職員にセクハラやパワハラをしたとして、その女性から1000万円の損害賠償を求める裁判を起こされた宮城県大衡村の跡部昌洋村長。問題がテレビや新聞で大きく報道されたこともあり、跡部村長は3月19日、議会事務局に退職届を提出した。

跡部村長は、性行為を迫ったり、大量のメールを送りつけるなど、セクハラやパワハラを繰り返したとして、50代の女性職員から提訴された。女性の代理人によると、跡部村長は昨年4月から9月にかけて、公務出張先で宿泊したホテルなどで、同行した女性職員に計10回以上も性行為を迫ったという。また、昨年11月には、女性に次のような「誓約書」も書かせた。

「私と、跡部昌洋氏は、何事があっても別れることはしないし、長いお付き合いをすることを誓います。その中には色々な約束事を守ることを誓います。もし、この誓いを破った時は、いかなる事をされても、異議はありません」
この文書には「誓います」という言葉が入っており、二人の署名・押印もある。形式的には、誓約書の条件を満たしているようにもみえるが、法的に有効なのだろうか。田沢剛弁護士に聞いた。

●「公序良俗に反して、無効」
「女性が書かされたという誓約書は、普通の心理状態であれば、わざわざ記載しないであろうことが記載されています。心理的に拘束された状態で書かされた疑いがある内容になっています。
もし、人事上の不利益な処遇をちらつかされて、性的関係を維持するために無理矢理書かされたというのであれば、公序良俗に反して、無効であることは論をまたないでしょう」

田沢弁護士はズバリ述べる。具体的には、どのような部分が問題になるのだろうか。

「まず、『何事があっても別れることはしないし、長いお付き合いをすることを誓います』の部分が問題です。
そもそも、男女の関係は婚姻関係にあるならいざ知らず、そうでない場合には、司法の助力を得てその関係を強制できるものではありません。誓約を破ったことに対して何らかのペナルティ(損害賠償など)を科すような性質のものでもありません。
自由を極度に制限する内容として、公序良俗に反するといえます。
また、どちらかに配偶者がいるような場合には、『不倫』になるわけですから、そのような不倫関係を維持させるべく司法が助力することなどあり得ません。この場合は、人倫に反する内容として、公序良俗に反することになります。
さらに、『長いお付き合い』というのも漠然としており、その内容を確定させることもできませんから、法的拘束力を持ち得ないでしょう」

●「正義の観念に反することは明らか」
では、「色々な約束事を守ることを誓います」という部分はどうだろうか。
「2人の間で約束がなされた場合に、守るべきなのは当然です。そのことを述べているに過ぎませんので、それ自体に何ら意味はありません。
もちろん、その約束自体が法的拘束力を持ちうるか否かは、実際に約束事がなされたときに、その内容によって判断すれば足りる話です」
最後に、『この誓いを破った時は、いかなる事をされても、異議はありません』という一文はどうだろうか。
「『どんな酷い報復を受けても文句を言わない』ことを誓約させるのですから、正義の観念に反することは明らかです。当然、公序良俗に反して無効になります。内容を細かく見ても、法的拘束力を持ち得ないといえるでしょう」

田沢弁護士は一刀両断に付していた。跡部村長が退職届を出したとはいえ、小さな村のセクハラ騒動がどうような結末を迎えるのか、今後も大きな注目を集めそうだ。

(弁護士ドットコムニュース)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当事務所へのご相談予約,お問合せは,お気軽に下記へ


顧問契約に関しては下記をご覧ください。


弁護士 田沢 剛
〒223-0033
横浜市港北区新横浜3丁目19番11-803号
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
045-478-2660
045-478-2670(FAX)
http://www.uc-law.jp/
http://lmedia.jp/author/tazawa/
http://jijico.mbp-japan.com/author/tazawatakeshi
http://www.chintai-hakase.com/answer/b_urban/index.html
http://mbp-kanagawa.com/uc-law/

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00005398-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/c_1009/n_5398/歌手のASKA(...

弁護士インタビュー

弁護士ドットコム編集部から,元裁判官の立場でインタビューを受けました。YouTubeにアップして頂きましたので,ご覧ください。https://www.youtube.com/wat...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

訴訟により解決して頂き,最終的な結果にも満足しています。

 今回は,最後まで真剣にご対応頂き本当に感謝しております...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
供述調書捏造って…
イメージ

弁護士の田沢です。またまた神奈川県警の不祥事ですか?供述調書捏造って,なんでそこまでするかな?冤罪の一...

[ 刑事事件雑感 ]

不可解な嘆願書
イメージ

弁護士の田沢です。どうしてこんな嘆願書を作成できたのでしょうか?もしも母親主導で作成したというのであれ...

[ 刑事事件雑感 ]

ASKA再逮捕に寄せて…
イメージ

弁護士の田沢です。昨日頼まれて書いたYahoo!ニュースの記事には書かなかったんだけれど,やっぱり薬物...

[ 刑事事件雑感 ]

原発関連いじめ
イメージ

弁護士の田沢です。横浜市の原発関連いじめ問題,以前,ここのコラム(http://mbp-kanagawa.com/uc-law/column...

[ 時事ネタ ]

取調べ中の暴行で死亡?
イメージ

弁護士の田沢です。奈良県警により取調べを受けていた医師が死亡したのは,取調べ中に警察官から暴行を受けて...

[ 刑事事件雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ