コラム

 公開日: 2015-04-03 

兼業主婦の損害賠償

弁護士の田沢です。

兼業主婦として,男性と同様に仕事をして来られた女性(Aさん)の交通事故損害賠償を担当しました。その方は,すでに成人に達してアルバイトをしている娘さん(Bさん)と暮らしておられるのですが,家事はもっぱらAさんが担当していました。ということは,Aさんは,昼間は外で仕事をしながら,それ以外の時間をやりくりしてBさんのために家事までこなしているということなり,並々ならぬ努力をされていることが分かります。女性の社会進出が進み,共働き夫婦も多くなっている中で,それでも女性が家族のために家事までこなしていることは多いと思うのですが,第1審裁判所は,一人暮らしの人間が自分のために家事をしているとしても,それを家事労働とは認めないことの延長として,AさんとBさんは共に女性であり,それぞれが自分のために家事を行うことができるのだから,Aさんが家事労働をしているものとは認めないといった判断をしました。Aさんは,実際にBさんのためにも家事をしているというのにです。第1審裁判所の判断でおかしいのは,娘さんのBさんが成人女性だし,アルバイトをしている程度だから,家事をやって当然だという偏見に基づいているのではないかと考えられるところです。もしも,Bさんが,女性ではなく,男性だった場合にも同じ判断ができたでしょうか。母親が,成人の息子と二人暮らしであった場合,母親がその息子のために家事をするということは,よくある話ですし,その母親が家事労働をしていることを否定することは想定できません。けれども,Bさんが女性であった場合に,その母親が家事労働をしていることを否定するなどということは,「女性(ここではBさん)は家事を担当して当然」という価値観が前提にあることになります。また,アルバイト程度だから家事を担当して当然だと判断するのは,アルバイトをしている人は,時間的に余裕があるものと決め付けていることになりますが,非正規労働者の割合が増えている今の世の中の現状を把握していない証拠です。アルバイトをしているとはいっても,より多くの収入を求めて複数のアルバイトを掛け持ちすることもあるでしょうし,空いている時間には,キャリアップを求めて資格を取得すべく勉強をすることだってあるでしょう。第1審裁判所の判断には怒りを禁じ得ず,Aさんの承諾を得て控訴したところ,控訴審は,Aさんが家事労働をしていること(主婦性)を認めてくれて,賠償額も増額されました。

奥さんの方が賠償額が多い??
↓↓
http://mbp-kanagawa.com/uc-law/column/3881/

当事務所へのご相談予約,お問合せは,お気軽に下記へ


顧問契約に関しては下記をご覧ください。


弁護士 田沢 剛
〒223-0033
横浜市港北区新横浜3丁目19番11-803号
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
045-478-2660
045-478-2670(FAX)
http://www.uc-law.jp/
http://lmedia.jp/author/tazawa/
http://jijico.mbp-japan.com/author/tazawatakeshi
http://www.chintai-hakase.com/answer/b_urban/index.html
http://mbp-kanagawa.com/uc-law/

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00006118-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/internet/n_6118/ 独立行政...

弁護士インタビュー
インタビュー記事

弁護士ジャパンさんからインタビューを受けました。https://bengoshi-japan.com/interview/archives/828

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

弁護士事務所が身近に感じられるようになりました。ありがとうございました。

 この度はありがとうございました。行政書士の先生にご紹介...

U
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
政権の暴走2
イメージ

弁護士の田沢です。国連特別報告者が日本政府の抗議に反論したようです。日本政府の抗議は,「プライバシーや...

[ 時事ネタ ]

政権の暴走
イメージ

弁護士の田沢です。テロ等準備罪新設法案(いわゆる共謀罪法案)について,国連特別報告者が懸念を表明したこ...

[ 時事ネタ ]

法テラスはブラック?
イメージ

弁護士の田沢です。法テラスというところは,弁護士をなんだと思ってるんだろう。これはちょっと酷くない?な...

[ 司法制度改革の弊害? ]

ブラック産業医登場!!
イメージ

弁護士の田沢です。ついにブラック産業医なるものが登場しました。従前から存在したのかもしれませんけど,こ...

[ 労働問題,ブラック企業 ]

JIJICOアクセスランキング1位ゲット!!
イメージ

弁護士の田沢です。NHKの受信料を巡る問題について,これまでJIJICOで何度か解説を頼まれ,そのたび...

[ 随筆 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ