コラム

 公開日: 2014-08-06 

通行人認証実験と個人情報保護法

弁護士の田沢です。

大阪駅の駅ビルで通行人認証実験が行われるようですね。個人情報保護法との関係を解説しました。

http://jijico.mbp-japan.com/2014/08/06/articles11478.html
総務省の外郭団体である独立行政法人情報通信研究機構は、顔や歩き方(歩容)、服装、髪型などの外見的特徴でカメラに映った人物を識別する方法で、JR大阪駅の駅ビル内で人間がどのように移動するかを追跡する実験の実施計画を第三者委員会に提示したとの報道がなされました。実験データにより人の流れを掴み、災害時の避難計画立案に有効活用できるかどうかを検証する目的で行うものとされています。
この実験では、外見的特徴を数値化してIDを与え、データ化された段階で映像そのものを消去するため、当該データで個人を特定することはできない仕組みを予定しているようです。
ところで、我が国において定められている「個人情報の保護に関する法律」や「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」では、「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と〈容易に〉照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)」を「個人情報」と定義しております。よって、上記のようなデータは「個人情報」に該当するものではないと一応はいえます。
しかしながら、法律上の「個人情報」に該当しないからといって、法的保護が及ばないとする解釈には疑問があります。法律上の「個人情報」には該当しない外見的特徴に関する情報も、特定の個人に関する情報であることに違いはないのであり、公権力による利用のされ方如何によっては、監視社会につながりかねず、個人のプライバシーないし行動の自由を制約してしまう危険性があります。また、民間に流出してしまった場合には、どのような形で悪用されるのかも予測できません。
機構は、本年4月に実験を始める予定でいたものの、市民の反発を受けて延期に追い込まれ、第三者委員会において、プライバシー保護の方法などが検討されているようです。データ化された情報というものは、本来の目的以外に利用される危険性がありますし、一旦流出してしまった場合も今のインターネット社会においては拡散自体が容易であるため、その回収は極めて困難となってしまうものです。
このように考えると、実験の実施については、慎重に議論を重ねる必要があるといえるでしょう。

当事務所へのご相談予約,お問合せは,お気軽に下記へ


顧問契約に関しては下記をご覧ください。



弁護士 田沢 剛
〒223-0033
横浜市港北区新横浜3丁目19番11-803号
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
045-478-2660
045-478-2670(FAX)
http://www.uc-law.jp/
http://mbp-kanagawa.com/uc-law/

この記事を書いたプロ

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所 [ホームページ]

弁護士 田沢剛

神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL:045-478-2660

  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
Yahoo!ニュース配信

Yahoo!ニュースに配信されました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00005789-bengocom-socihttps://www.bengo4.com/internet/n_5789/東京都立川...

弁護士インタビュー
インタビュー記事

弁護士ジャパンさんからインタビューを受けました。https://bengoshi-japan.com/interview/archives/828

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
裁判官の経験を生かし、倒産処理や遺産相続問題などに取り組む

法的トラブルを解決する身近な弁護士(1/3)

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 そう話すのは、新横浜アーバン・クリエイト法...

田沢剛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

会社名 : 新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 803号室 [地図]
TEL : 045-478-2660

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

その道のプロである田沢先生にお任せしてよかった。

事故相手の保険会社から提示されていた示談金の,数倍の示談...

M・M
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
年度末を迎えるにあたり
イメージ

弁護士の田沢です。弁護士事務所の経営においては,年度という概念はあまり関係ないのですが,裁判所が異動時...

[ 古巣の裁判所 ]

弁護士ジャパンさんによるインタビュー記事公開
イメージ

弁護士の田沢です。最近,「弁護士ジャパン」というサイトの運営者からインタビューを受け,本日,その記事が...

[ 古巣の裁判所 ]

宅急便ドライバー
イメージ

弁護士の田沢です。宅急便大手のヤマトについて,荷物量が多すぎて従業員が疲弊しているといった報道がありま...

[ 労働問題,ブラック企業 ]

モンスター弁護士登場!
イメージ

弁護士の田沢です。「モンスター弁護士」なんて言葉も出てきてるんですね。そう言われないようにしないといけ...

[ 司法制度改革の弊害? ]

裁判官による侮辱?
イメージ

弁護士の田沢です。裁判官が訴訟活動をしている弁護士を侮辱したようです。内容が本当であれば,確かに訴訟指...

[ 古巣の裁判所 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ