家を守る丁寧な塗り替え工事専門の塗装職人

コラム

 公開日: 2015-09-08 

付帯部の種類と特徴

おはようございます、コラム担当の殿山ももこです(^^)
よく降りますね~雨…


ひとことで「外壁塗装」と言っても、屋根・外壁の他にも塗装箇所はいろいろあります。
一般的に【付帯部】とは
・破風・鼻隠し
・軒天
・水切り・霧除け
・雨樋
・幕板(帯板)
・雨戸・戸袋・シャッタ-BOX などです。

■ 木部(破風板・鼻隠し・ウッドデッキ・ラティス等)
木は環境の湿度変化に応じて水分を吸ったり、吐いたりすることによって伸縮するため、「呼吸をしている」とも言われます。
伸縮するという木の性質上、外壁に比べて塗装が剥がれやすいといえます。
また、他の素材と異なり、表面に塗膜を造る一般的な塗料だけでなく、調湿機能をさまたげない「浸透型塗料」や木目を生かしたまま着色される半透明の「着色仕上げ」、天然素材が原料の自然塗料など、素材の特徴ゆえ塗料の種類や仕上げ方も様々な種類が存在します。

■ 鉄部(鉄骨階段・鉄骨ベランダ等)
鉄は、経年よって鉄の酸化が起こり錆びます。錆びが進行すると見た目も汚く、やがて鉄の強度がなくなり崩壊してしまうこともあります。塗り替える際は、錆を全て除去しなければなりません。そのため、塗装作業そのものより下地処理に費用がかかる場合がありますので、鉄部にサビが見え始めたらなるべく早めにお手入れすることをおすすめします。

☆木部・鉄部を塗り替えるにあたっては、傷んだ旧塗膜や錆びなどを除去する「ケレン」を、どの程度行うかがとても重要になります。
ただでさえ、外壁に比べ持ちの悪い箇所ですので、ケレンが不十分だと早期に塗装が剥がれてきたり、またすぐに錆びてきてしまったりということが起こります。

■ 雨樋
雨樋の種類には大きく分けて,塩化ビニール製(塩ビ)と亜鉛メッキ製があります。そのうち塩ビ製の雨樋は腐食せず、軽いために組み立てが簡単で、しかも安価であることから、ほとんどの住宅で使用されています。雨樋も紫外線や雨等の影響で表面は劣化していきますが、塩ビ製の雨樋塗装の目的は、外壁や木部の塗装のように素材自体の寿命を延ばすことではなく、美観のためですので、必ずしも塗装をしなければならないというわけではありません。
ただ、外壁塗装を行いお家がキレイになると、塗装しない部分の色褪せや汚れが気になるものですので、外壁と同時に塗り替えを行うことが多いです。
雨樋を塗る場合は、塗料がしっかりと密着するようにサンドペ-パ-などで全面の目荒らしを行うことが大切です。

■ 水切り・霧除け(ひさし)
水切りは、基礎と壁の境目や壁と屋根の境目などに水が浸入しないように入れた金属の板のことです。水切りがないお家もあります。
霧除け(きりよけ)とは、雨や霧の進入を防ぐために窓などの上についている小さな屋根のような部分のことです。この小さな屋根のような部分を、庇(ひさし)と呼びますので、正式には霧除け庇(きりよけびさし)と呼びます。霧除けは、雨や霧の進入を防ぐのと同時に、強い日差しが室内に入るのを防ぐ役割もあります。そのため、雨や風、紫外線などに毎日さらされている部分になりますので、必然的に劣化しやすい部分でもあります。霧除けは、屋根はトタンやアルミで軒はケイカル板やベニヤ板など、お家によっても違いますので、素材にあわせた塗装仕様で塗り替えを行います。

■幕板(帯板)・雨押さえ
幕板とは、外壁の1階と2階の間などにアクセント的につけられている物です。家のデザインを単調にしない為や1階と2階を2色で塗装をする場合などに主に用いられます。もちろん取り付けられていない家も沢山有りますので 外壁としては無くてもよい部材となります。
雨押さえは、幕板と外壁の間からの雨水の浸入を防ぐためについている金属です。
しかし、実際には雨押さえのない幕板も多く、他の部位に比べ幕板の劣化が目立ったり、塗り替えても幕板だけ早期に剥がれてきてしまうということもあります。
雨押さえのない幕板は、水の浸入を防ぐことが重要になります。

■雨戸・戸袋
昔ながらのお家は木製の雨戸・戸袋であることもありますが、多くはアルミ製かスチ-ル製の雨戸です。しかし、アルミ製雨戸といっても、多くは枠はアルミでも波板部分(ガラリ)はスチ-ル(鉄製)でできていますので、時が経つにつれ劣化していきます。

■シャッタ-BOX・シャッタ-
シャッタ-BOXは鉄製ですので、外壁塗装の際に一緒に塗り替えを行うのが一般的です。
巻き取り式のシャッタ-に関しては、巻き取る過程でシャッタ-がこすれる部分はどうしても剥げやすいため、あまり閉めることがなく劣化が少ないなど、状態によって塗り替えないこともあります。現状と、施主様のご希望を考慮してのご提案となります。

このように、一軒のお家には様々な塗装箇所があるんですよ~(^^)

この記事を書いたプロ

殿山塗装 [ホームページ]

職人 殿山隆

神奈川県川崎市麻生区岡上744-1 [地図]
TEL:044-819-6007

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
殿山隆 とのやまたかし

家を長持ちさせる塗装を提供する、この道一筋の職人技(1/3)

 家を長持ちさせる塗装、妥協をしない職人技、何も隠さない適正な価格設定、きめ細かい対応とアフターフォローを信条に、地元密着で塗装業を家族経営している職人がいます。殿山隆さんは、塗装職人の道に進んで28年(2015年6月現在)、ひたすら技術を...

殿山隆プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

家を守る丁寧な塗装、ガラス張りの価格内分け、丁寧な説明

会社名 : 殿山塗装
住所 : 神奈川県川崎市麻生区岡上744-1 [地図]
TEL : 044-819-6007

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

044-819-6007

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

殿山隆(とのやまたかし)

殿山塗装

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
情報過多による弊害…

こんばんは、コラム担当の殿山ももこです(^^)爆弾低気圧による今朝の雨風はすごかったですね~!!朝の5時頃...

[ 外壁塗装の豆知識 ]

自社施工なのに下請け業者募集??

おはようございます、コラム担当の殿山ももこです(^^)世の中はシルバ-ウィ-ク真っ只中ですね~♪当店は、こ...

[ 外壁塗装の豆知識 ]

増税前の塗り替え工事

おはようございます、コラム担当の殿山ももこです(^^)朝から雨がザ-ザ-降ってますが、私はこれから塗料の...

[ 外壁塗装の豆知識 ]

一括見積もりサイトとは?

おはようございます、コラム担当の殿山ももこです(^^)今年は残暑といった残暑がなく、何か夏が短かったよう...

[ 外壁塗装の豆知識 ]

塗り替え工事の施工費と予算

こんばんは、コラム担当の殿山ももこです(^^)長~い雨から抜け出し、ようやく晴れ間が戻ってきました♪もう...

[ 塗装工事の価格 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ