家を守る丁寧な塗り替え工事専門の塗装職人

コラム

 公開日: 2015-07-21  最終更新日: 2015-07-22

良質な塗装工事とは??【最終章】

こんばんは、コラム担当の殿山ももこです(^^)
また、台風が日本列島に近づいてるようですね~、直撃しないといいのですが…


前回のコラムで、「良質な塗装工事とは、こだわりの職人が手間を惜しまず手掛ける工事です」と言いました。
でも実際は、なかなか職人の腕が活かせない現場が多いのが、今の塗装業界の現実です。

良質な工事を行えるか?は個々の職人の力量もさることながら、職人を使う会社が、どこまで職人がキチンとした工事をするための環境を与えているかにかかっています。
というのも、今の塗装業界は、契約をする会社と、実際に施工をする会社が違うことが多いです。いわゆる下請け制度ですね。
施主様に「ご予算」があるように、職人にも元請け会社から与えられる「限られた施工費」があります。施主様が、良い工事を求めて、たとえ高額な契約をしたとしても、その会社から職人に十分な施工費(予算)が与えられなければ、どんなに腕のある職人でも「予算内に収まる工事」しか行えません。
そして正直、常に良い仕事ができるだけの施工費で発注されている下請けさんはほとんどいません。

その理由のひとつは、職人がキチンとした塗装工事が行えるだけの予算を確保した上で元請け会社の経費利益を乗せるとなると、かなりの高額になりなかなか契約とはならないからということがあげられます。
また、今は塗装の現場を全く知らない人や企業が塗装業に参入しているので、表面上の知識はつけていると思いますが、実際に現場では何をしなければならないのか、それをするにはどれだけの手間が必要なのか、などの現場の塗装知識がないというのも理由のひとつだと言えます。

そして、これが一番大きな問題かもしれませんが、塗装工事は少ない施工費でもクレ-ムにならない程度に仕上げることができてしまうということです。
例えば、キチンとした下地処理をして塗料の性能を100%活かす工事を行うには本来100万円の施工費がかかるお宅なのに、下請けへの発注価格は40万円だった場合、明らかに酷い工事になるか?と言えば、なりません。どれくらい塗料の性能が活かされ、キレイな状態が保たれるかは別として、(見た目だけは)キレイに仕上げることは可能です。
そして、キチンと必要な手間をかけた工事と、そうでない工事の差が秩序に現れてくるのは数年経ってからです。

施工費が十分でなくても、すぐにはクレ-ムにならない程度の工事ができてしまうから、下請けへの安値発注が当たり前になっているのだとも言えます。
仕上がりがいくらキレイに見えても、キチンとした工事をされているとは限らないというのが、塗装工事の分かりにくい部分のひとつでもあります。

塗装を含むリフォ-ム業界は、クレ-ム産業と言われるほど、トラブルが多いのですが、その理由のひとつに、今の塗装業界の在り方があると思います。
悪徳といわれる業者だけが、手抜き工事をするのではありません。下請けへの無理な発注も手抜き工事を生んでいるんです…

これを読んでいる方の中には、「何で職人はそんな無理な価格で工事を請けるんだ?」と思われる方もいるでしょう。それは、ただ自分で受注できないから、それだけです。

長年修行を積み、誠実に腕を磨いてきた職人であれば、誰でも自分の腕を活かした仕事がしたいと思っています。ですが、現場に徹してきた職人ほど「営業」とは無縁で、自分で仕事を受注することができず、下請けとして厳しい発注額の中で工事をこなすしかないのが現状です…
どんな業種でも言えることだと思いますが、下請けの立場は弱いです。職人が「これでは良い仕事はできない」と元請け会社に訴えれば、仕事がもらえなくなるだけの話です。

当店もかつては大手さんの下請け仕事がメインでした。良い仕事をしたくてもできない。良い工事をすれば赤字になる。でもどうすることもできない現実でした…
そんな時に、たまたまうちがペンキ屋であることを知る近所の方から塗り替えの依頼を受け、手間を掛けた良い仕事(本来は当たり前!)をしたところ、「こんな価格でこんな丁寧な仕事をしてくれて~♪殿山さんが近くにいてくれて本当によかった!」と、本当に喜んで頂けて(^^)
「キチンとした工事を、必要な価格で提供する」本来ならごくごく当たり前のことをして喜んでいただけることに、「知名度や会社の大きさは関係ない、逆に小さいからこそ施主様のメリットになることがある」と、一念発起して今に至ります。

話しがちょっとそれましたが、「良質な塗装工事=職人が手間を惜しまず手掛ける工事」をするには、それができる環境が必要なんです。

どんな業者さんも自社に依頼して欲しいと思っていますから、みんな良いことを言います。
特に、営業マンは契約を取ることが仕事ですから当たり前なのですが…
ただ、本当に良質な工事ができることに自信があって、自社に依頼して欲しいという業者さんはどれくらいいるでしょう??

そこを見極めるのは難しいかもしれません…。でも、だからこそ塗装のこと、職人の仕事のことを、もっと施主様に知ってほしいのです。
世の中、それを先に知っていれば失敗しなかったのに、もっと他の選択肢があったのに、と思うことがたくさんありますよね?

塗装工事は決してお安いものではありませんし、納得がいかなかったからといって簡単にやり直せるものでもありませんから、塗装工事の知識を持って後悔のない業者さん選びをしてください!

この記事を書いたプロ

殿山塗装 [ホームページ]

職人 殿山隆

神奈川県川崎市麻生区岡上744-1 [地図]
TEL:044-819-6007

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
殿山隆 とのやまたかし

家を長持ちさせる塗装を提供する、この道一筋の職人技(1/3)

 家を長持ちさせる塗装、妥協をしない職人技、何も隠さない適正な価格設定、きめ細かい対応とアフターフォローを信条に、地元密着で塗装業を家族経営している職人がいます。殿山隆さんは、塗装職人の道に進んで28年(2015年6月現在)、ひたすら技術を...

殿山隆プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

家を守る丁寧な塗装、ガラス張りの価格内分け、丁寧な説明

会社名 : 殿山塗装
住所 : 神奈川県川崎市麻生区岡上744-1 [地図]
TEL : 044-819-6007

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

044-819-6007

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

殿山隆(とのやまたかし)

殿山塗装

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
情報過多による弊害…

こんばんは、コラム担当の殿山ももこです(^^)爆弾低気圧による今朝の雨風はすごかったですね~!!朝の5時頃...

[ 外壁塗装の豆知識 ]

自社施工なのに下請け業者募集??

おはようございます、コラム担当の殿山ももこです(^^)世の中はシルバ-ウィ-ク真っ只中ですね~♪当店は、こ...

[ 外壁塗装の豆知識 ]

増税前の塗り替え工事

おはようございます、コラム担当の殿山ももこです(^^)朝から雨がザ-ザ-降ってますが、私はこれから塗料の...

[ 外壁塗装の豆知識 ]

一括見積もりサイトとは?

おはようございます、コラム担当の殿山ももこです(^^)今年は残暑といった残暑がなく、何か夏が短かったよう...

[ 外壁塗装の豆知識 ]

塗り替え工事の施工費と予算

こんばんは、コラム担当の殿山ももこです(^^)長~い雨から抜け出し、ようやく晴れ間が戻ってきました♪もう...

[ 塗装工事の価格 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ