山崎雅夫

40代からの婚活を成功に導く仲人の専門家

山崎雅夫(やまざきまさお)

コラム

公開日:
2017-11-11

「いずれは結婚したいと考える未婚者の割合は90%」

結婚したいのに結婚相談所へ入会するのはどうも嫌だと思う方はとても多い。私の周りにも「結婚相談所へ入ろうかな?!」と口には出すが、でも実行には移せない。


一度も結婚しない人の割合

「国立社会保障人口問題研究所」の5年ごとの調査では、50歳の時点で一度も結婚したことが無い人の割合(生涯未婚率)は男性20.14% ・女性10.16%。現時点で50歳の男性の5人に1人、女性の10人に1人が一度も結婚をしていない事になる。そしてさらに、2020年では男性26.0%、女性17.4%。2030年には男性29.5%。女性22.6%の数字になるという推計データーもある(厚生労働白書)
すなわち現在36歳の男性の3人に一人、女性の4人に一人が一度も結婚せずに50歳を迎える事になる。

実は9割の人は結婚したいと思っている

厚生省の「出生動向基本調査」によると「いずれは結婚したいと考える未婚者の割合」は1982年(昭和57年)と比較すると男性は9.6ポイント、女性は4.8ポイント減少しているものの「90%弱の人が結婚したいのだ」。結婚願望は決して低い訳では無い。又、それらの9割の方々は結婚の良さを男女とも、「自分の子供や家族をもてる事」と言い、結婚しない理由を「積極的な動機が無い」「結婚の条件が整わないから」と答えている。

結婚相談所とは

まさにその事こそが結婚相談所での目指すところです。結婚相談所は、恋愛を楽しむところではありません。「自分の家族を見つける所」「積極的な 動機を作る所」「自分の条件の相手を探す所」

そのうちから今日へ

結婚とは、「いつか」「そのうち」「向こうから」やってくるのもではありません。すでにあなたはその事を良くご存知のはずです。
「いずれは」から「今から」に切り替えるのは・・・今日です。

山崎雅夫プロに相談してみよう!

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

0

関連するコラムを読む

最新のコラムを読む

ページトップへ