浅葉洋介

信頼を大切にする塗装の職人

浅葉洋介(あさばようすけ)

地元で80年続けた丁寧な塗装。守り続けてきた信頼を大切にしながらも前進する

浅葉洋介 あさばようすけ

塗装の分野で信頼を得られているのは、すばらしい社員のおかげ

 三崎港のほど近くにある有限会社浅葉塗装工業所。温暖な気候の地元で、80年の歴史と信頼を守り続けている3代目浅葉洋介代表取締役は、その秘訣(ひけつ)をこう話します。
 「お客さまから『ここは無理だろうと思うところまで丁寧に塗装してある』との言葉をいただくことがあります。社員たちの高い技術と丁寧な仕事が信頼を守っているんですね」
 社員に対する評価が非常に高いと嬉しそうに話す浅葉さん。
 「朝は気持ち良く『おはようございます!』と挨拶してくれるし、きちんと説明もしてくれる。そして何より仕事が丁寧だ」
 こうお客さまから言われることが誇りなのです。「大規模な仕事は引き受けません。第一の理由は人手を借りたくないということです。そんなことをすると、当社の仕事だと言えなくなりますから。そして、少ない人手で大きな仕事をするとなると住んでいらっしゃる方々に我慢してもらう期間が長くなります。そんなことをしてはお客さまに申し訳ありません。お客さまに窮屈な思いはさせたくない。それが第二の理由です」
 会社の人員でこなせる仕事に専念する。浅葉さんには強い信念があるのです。
 「これならできるという仕事量を把握すること。良い仕上がりのために、お客さまにもご協力していただく事はあります。仕事の質を上げるには、どうしても避けられません」
 すべてはお客さまのため、信頼のためなのです。

浅葉洋介プロに相談してみよう!

ページトップへ