コラム

 公開日: 2012-01-19  最終更新日: 2014-10-16

相続問題は、相続人ご自身が向き合わなければ決して解決することはできません

 先日のことですが、まったく知らない方から『ちょっと相談をしたいのですが・・・』とお電話をいただきました。その方は、ご自分のお名前も名乗らずに『少し前に祖父が亡くなったのですが、母が・・・』と一方的にお話しを始めようとされました。

 相続専門行政書士として業務に携わっていると、こういう困った方に時々出会うことがあるのもまた事実です。他の専門家や他の事務所ではどのように対応しているかは知りませんが、私は電話やメールでのご相談には応じないことにしています。

 なぜならば、相続というのはその方の人生そのものと捉えるべき重大な問題であり、わずかな時間でお話を伺っただけでは判断出来ないことのほうが多いからです。電話でお話をすると『言った言わない』あるいは『そういう意味で言ったのではない』などどうしても行き違いやトラブルが起きやすいものです。また、メールでのご相談では相談者はご自身の言いたいことや聞きたいことだけを書いてくることが多いのですが、それだけでは判断が困難なことが多くどうしてもこちらからもこれまでの事情や経緯をお聞きしなければならないことが出てきてしまい、結局は何度もメールでのやり取りをしなければならないからです。

 以上の理由から、私の相続相談は有料・無料を問わず弊事務所においでいただくか、またはご指定の場所にご訪問して直接対面による方法のみで対応させていただいており、たとえどなたであっても同じ対応をしています。

 そこで、この方にも私の方針をご説明して、『一番早い無料相談会をご予約の上でおいでいただくか、2時間まで9800円でご希望の日時をお取りします。また、ご本人にお伺いしなければ判断できないことも考えられますので、ご本人においでいただくことは可能でしょうか』とお話ししました。

 すると、その方は何と『本人は他人には相談したくないと言っています』とおっしゃるではありませんか。こういうケースも実はよくあることです。弊事務所にも昨年一年間で、ご本人ではなく親に遺言を書いてほしいと考えている子供さんや、ご兄弟と相続トラブルになってしまっている方の奥様がご相談にお見えになったことがありました。

 確かに、ご家族をご心配するお気持ちは私にもよく分かります。

 しかし、ご本人でなければ詳しい経緯や事情は分かりませんし、ましてや遺言を書くかどうかという問題やどのような内容で遺産分割協議に合意するかという問題はご本人の意思が最も尊重されなくてはならないのです。

 したがって、ご本人を抜きにしていくら周りで騒いでみたところで、結局解決することはできないと考えて、『相続の問題はご本人が向かい合わなければ決して解決することはできません。ご本人が私に相談してみようと思われたら、その時にはご連絡をいただければ対応させていただきます』とお伝えすると、その方はご気分を害されたのか一方的に電話を切ってしまいました。

 私は、相続問題はもちろんですが、結婚や離婚、そして終末期にどのような治療・ケアを受けるかという問題は、ご本人の意思が最大限尊重されるべきであるとともに、ご自身の責任としてご本人が正面から向かい合って解決すべきであるという信念を持っています。

 もしかしたら、他人からは『融通の利かない男』あるいは『不器用な男』と思われるかもしれませんが、私はこの方針を守り続けながら、ひとりでも多くの方の相続トラブルを未然に予防・円満に解決するためのお手伝いをし続けていきます。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・*・・・・・*

相続・遺言・高齢者支援に特化した法律専門職 加藤俊光
〒 254-0043 神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F
相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所)
TEL 0800-1230913(フリーコール・通話料無料)

 対応エリア
  平塚を拠点とし、神奈川県湘南、西湘、県央、足柄地域
  (茅ヶ崎、藤沢、鎌倉、大磯、二宮、小田原、厚木、海老名、寒川、伊勢原、秦野、松田)

 
 相続まちなかステーション公式サイト
  (どこに相談しても解決できなかった方に最後に見ていただきたいホームページ)
    http://machinakastation.com/

 お電話でお問い合わせの方は
    TEL 0800-1230913 (通話料無料 朝10時から夜10時までお受けしています)

 メールでお問い合わせの方はこちらのフォームから  
    http://machinakastation.com/contact 

 相続まちなかステーションの facebook   http://www.facebook.com/machinakastation

 加藤俊光の facebook   http://www.facebook.com/machinakastation#!/

 相続まちなかステーション Twitter  https://twitter.com/souzokumachinak

 メディア出演・掲載実績   
    http://mbp-kanagawa.com/souzokumachinaka/column/?jid=431

この記事を書いたプロ

相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所) [ホームページ]

行政書士 加藤俊光

神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F [地図]
TEL:0463-57-2885

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼者の声
相続手続 円満解決 平塚|相続まちなかステーション

 生涯独身だった母の姉(伯母)が82歳で亡くなり、高齢の母に代わり姪の私が相続手続きを始めたところ、祖父には再婚歴があり伯母や母には異母兄弟がいることがわか...

セミナー参加者の声
【相続 平塚】相続一筋 クチコミ好評 相続・遺言に特化した法律専門職の講演実績

 7月21日(土)に、私自身も会員となっている平塚の在宅ケアを考える会(通称 ひらざい)の拡大例会におきまして、湘南真田クリニックの小宮山先生とともに講師を務め...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言・相続専門の行政書士、加藤俊光さん

可能な限り紛争を予防して円満に解決する遺言・相続専門の行政書士(1/3)

 公正証書遺言原案作成と遺産分割協議書作成だけに特化し、遺言・相続を専門に取り組む行政書士、加藤俊光さん。その手法は独特です。 「私のモットーは“争わないための遺言書を作ること”。正確な相続人と相続財産を確定するために、まず、遺言者の出...

加藤俊光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続トラブルを話し合いで迅速・円満に解決する方策をご提案

事務所名 : 相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所)
住所 : 神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F [地図]
TEL : 0463-57-2885

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0463-57-2885

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤俊光(かとうとしみつ)

相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
N・H
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
相続の専門家 『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が朝日新聞に掲載されました
神奈川 相続 平塚|相続まちなかステーション 終活 円満解決の相談窓口 クチコミ 実績ナンバーワン

『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が、3月14日(木)の朝日新聞生活面の連載『お財布サバイ...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

平塚でおなじみの相続の専門家がラジオで語る ~ 相続相談の現場から 3 遺留分を理解しよう ~
イメージ

 まちのあちこちがすっかり色付き始めたとある日の午後でした  11月も後半に入り、相続まちなかステーシ...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

あなたが終末期に向きあうとき、私はあなたの隣で一緒に考えながら支え続ける法律専門職でありたい
イメージ

そろそろ正面から終末期に向かい合わなければならない段階となっている。周囲の人だけでなく、ご自分でもそう認め...

[ 遺言のすすめ【神奈川|小田原・藤沢・茅ヶ崎・平塚 相続・遺言相談窓口】 ]

平塚でおなじみの相続の専門家がラジオで語る ~ 相続相談の現場から 2  介護と相続  ~
イメージ

 秋とは思えない季節外れの暑い日の午後でした  10月も後半に入り、だいぶ日没が早くなり朝晩はすっかり...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

エンディングノートでは絶対に『争続』は防げない! その3つの理由とたったひとつの解決策とは?!
イメージ

テレビや新聞・雑誌をはじめ各種団体が開催するセミナー等においても、終活の名の下にさかんにエンディングノート...

[ 遺言のすすめ【神奈川|小田原・藤沢・茅ヶ崎・平塚 相続・遺言相談窓口】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ