コラム

 公開日: 2017-07-11 

最期の言葉 ~ そのひとことを確実に伝えるために ~

先月22日に、乳がんで闘病中の女性フリーアナウンサーが34歳の若さで亡くなられました。きっと、まだまだやりたいことがたくさんあったことでしょう。また、小さな二人のお子さんの成長を見届けることなく旅立たざるを得なかった無念は察するに余りあるものがあります。小さな子を持つ同じ親として、またひとりの人間として心よりご冥福をお祈りするばかりです。


相続相談 平塚|相続まちなかステーション


そして、翌日に最愛の夫が記者会見に臨んだのですが、その中で別れの言葉は、『愛してる』だったと公表されました。何ということでしょう。あくまでも伝聞と想像でしかありませんが、命が消えるその瞬間まで最愛の人を想い感謝の気持ちを伝えようとしていたとは。人間の強さや美しさを改めて思い知らされたような気がいたしました。

もっとも、誤解をおそれずに申し上げれば、がんで亡くなられる方が息を引き取る寸前まで周囲の人と言葉を交わしたりできるのは極めてまれなケースです。テレビドラマでは、亡くなる直前まで意識がはっきりしていて、手を握り合いながら『ありがとう』と言葉を交わす場面も珍しくありませんが、実際の医療の現場においては亡くなる数日前くらいから時間や場所の感覚がなくなってしまう『せん妄』という混乱が生じるそうで、はるか昔に亡くなった両親がお迎えに来た夢を見る『お迎え現象』などもそのひとつと聞いたことがあります。

これまでも私は、『元気なうちから自分の想いを伝える準備をしましょう』と申しあげてきましたが、こういうお話をすると必ず『縁起でもない』あるいは『まだ早い』という声を耳にします。確かに、多くの日本人にとって、これまで『死』をテーマに考えたり話したりすることはタブーとされてきましたし、なかにはあからさまに忌み嫌う方も大勢いらっしゃいました。

しかし、自分の想いは、自分の心の中に隠し持っているだけでは相手には伝わりません。命あるものいつかは尽きるのが運命であり、自分が黄泉の国に旅立つにあたって自分の想いを伝えたい人にはきちんと伝えたい。とすれば、そのためには自分が元気なうちから法的効力はもちろん自らの想いもたくさん込められた内容をきちんとした文書にしておいてはいかがでしょうか。


公正証書遺言 平塚|相続まちなかステーション


私はいま、人生の残り時間が少なくなった方の支援に取り組んでいますが、19年前に50歳代で病に倒れこの世を去らざるを得なかった母の影響が少なからずあるのかもしれません。最期に母は何を言いたかったのだろうか、今もその想いを推し量り探し続けながら、こんな想いをする人がこれ以上出てきてほしくないという願いが現在の私のエネルギーになっていると理解しています。

だからこそこれからも私は、この地域でもほとんどいない『医療・福祉の専門職とともに、人生の残り時間が少なくなった方を支える法律専門職』として、ひとりでも多くの方に元気なうちから『想いを伝える遺言書』を書くことの大切さと必要性をお伝えしていきます。

この記事を書いたプロ

相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所) [ホームページ]

行政書士 加藤俊光

神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F [地図]
TEL:0463-57-2885

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼者の声
相続手続 円満解決 平塚|相続まちなかステーション

 生涯独身だった母の姉(伯母)が82歳で亡くなり、高齢の母に代わり姪の私が相続手続きを始めたところ、祖父には再婚歴があり伯母や母には異母兄弟がいることがわか...

セミナー参加者の声
【相続 平塚】相続一筋 クチコミ好評 相続・遺言に特化した法律専門職の講演実績

 7月21日(土)に、私自身も会員となっている平塚の在宅ケアを考える会(通称 ひらざい)の拡大例会におきまして、湘南真田クリニックの小宮山先生とともに講師を務め...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言・相続専門の行政書士、加藤俊光さん

可能な限り紛争を予防して円満に解決する遺言・相続専門の行政書士(1/3)

 公正証書遺言原案作成と遺産分割協議書作成だけに特化し、遺言・相続を専門に取り組む行政書士、加藤俊光さん。その手法は独特です。 「私のモットーは“争わないための遺言書を作ること”。正確な相続人と相続財産を確定するために、まず、遺言者の出...

加藤俊光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続トラブルを話し合いで迅速・円満に解決する方策をご提案

事務所名 : 相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所)
住所 : 神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F [地図]
TEL : 0463-57-2885

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0463-57-2885

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤俊光(かとうとしみつ)

相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

思いやりのある遺言書が出来上がり、心の底から『よし、これで安心だ』と思えました。

 私どもには子がないため、以前より周囲からも『遺言を書い...

K.I
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(30

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
相続の専門家 『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が朝日新聞に掲載されました
神奈川 相続 平塚|相続まちなかステーション 終活 円満解決の相談窓口 クチコミ 実績ナンバーワン

『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が、3月14日(木)の朝日新聞生活面の連載『お財布サバイ...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

桜の季節に想う ~ どんな寿命にも永遠はない ~
イメージ

春の訪れを告げる桜の開花宣言が発表されました。相続まちなかステーションのある神奈川・平塚でも、市内各所でほ...

[ 遺言のすすめ【神奈川|小田原・藤沢・茅ヶ崎・平塚 相続・遺言相談窓口】 ]

平塚でおなじみの相続の専門家がラジオで語る ~ おひとりさまの相続で注意したい3つのこと?! ~
イメージ

  春が待ち遠しい昼下がりでした  3月も後半に入りましたが、相続まちなかステーションのある神奈川・平...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

備えるためには自分から向き合うしかありません ~ だってあなた自身の人生なのだから ~
イメージ

高齢ドライバーによる交通事故が相次いでいます。原因としては、運動能力や判断能力の低下、さらには認知症などい...

[ 遺言のすすめ【神奈川|小田原・藤沢・茅ヶ崎・平塚 相続・遺言相談窓口】 ]

平塚でおなじみの相続の専門家がラジオで語る ~ 離婚・再婚と相続の意外な関係?! ~
イメージ

  冷たい風が身に染みる午後でした  2月も後半に入り、相続まちなかステーションのある神奈川・平塚でも...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ