コラム

 公開日: 2017-03-06 

備えるためには自分から向き合うしかありません ~ だってあなた自身の人生なのだから ~

高齢ドライバーによる交通事故が相次いでいます。原因としては、運動能力や判断能力の低下、さらには認知症などいくつか挙げられているようです。一方で、高齢者自身による運転免許証の自主返納は進んでいるとはいえず、ある統計では2パーセントとも言われています。このような状況に鑑みて、一部では『ある一定の年齢、例えば満80歳に達したら法律で強制的に免許証を返納させればいい』、などという意見もあるようですが、こうした本質を見ないちょっと乱暴な議論に危惧しています。

なぜなら、運動能力や判断能力、さらに認知症の有無については千差万別であり、一定の年齢に達しているからと言ってひとくくりにすることなど出来るはずがありません。だからこそ、運転資格が強制的に制限・はく奪される場合というのは、誰が見ても納得できるように道交法をはじめとする各法律に明記されているのです。そもそも、運転免許を取得・保持するかは各個人の判断と責任に委ねられているのであって、個人の事情や能力が様々な分野まで一律に法で規制すること自体が土台無理な話なのです。


相続相談 平塚|相続まちなかステーション


同じように、一部の方から相続制度の改正を望む声が上がっています。例えば、配偶者の法定相続分を子よりも引き上げるべきだ、介護を負担した相続人と負担しなかった相続人が同じ相続分なのはおかしい、だから現在の民法を改正してこれらの不都合を是死すべきだなどと主張されているようです。

しかし、それぞれの夫婦、各家庭における事情や経緯はそれこそ千差万別です。夫婦関係は様々であり、例えば婚姻期間が20年以上など、単なる婚姻期間の長短だけで一律に判断することが果たして本当に妥当でしょうか。また、そもそも『介護を負担した相続人』自体がきわめてあいまいな概念であり、介護の内容や度合い、費やした時間や費用などは各家庭の数だけ事情があると言ってもいいのはないでしょうか。だからこそ、現行法は法定相続分を原則としており、それと異なる対応を望むのであれば本人自らが遺言等を作成することで配慮を求めるべきである、という姿勢を貫いていると私は理解しています。


相続相談 平塚|相続まちなかステーション


このように考えてみると、運転免許証を返納するかどうか、相続問題をどうするか、両方とも根底は同じ問題だと考えることはできないでしょうか。これらは法で規定されたからそれに従うような性質のものではなく、どちらも各個人がしっかりと自分に向き合って考えながら備えていくべき問題なのです。『自分だけは(我が家に限っては)大丈夫だ』、『運転免許証の返納なんて(遺言書を書くなんて)まだまだ早い』と考えてしまうのも、決して理解できなくはありません。しかし、両方同時に試すことはできないのが人生であり、どちらの道を選んだとしても、その結果はすべて自分自身で受け止めて責任を負う必要があることも忘れないでいただきたいと思っています。

これからも私は、この地域の高齢者を支える法律専門職として、ひとりでも多くの方に『自分自身の人生に正面から向き合ってきちんと備えていくこと』の大切さと必要性をお伝えしていきます。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・*・・・・・*

相続・遺言・高齢者支援(成年後見・死後事務委任公正証書)の法律専門職 加藤俊光
〒 254-0043 神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F
相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所)
TEL 0800-1230913(フリーコール・通話料無料)

 対応エリア
  平塚を拠点とし、神奈川県湘南、西湘、県央、足柄地域
  (茅ヶ崎、藤沢、鎌倉、大磯、二宮、小田原、厚木、海老名、寒川、伊勢原、秦野、松田)

 
 相続まちなかステーション公式サイト
  (どこに相談しても解決できなかった方に最後に見ていただきたいホームページ)
    http://machinakastation.com/

 お電話でお問い合わせの方は
    TEL 0800-1230913 (通話料無料 朝10時から夜10時までお受けしています)
  つながらない方は  TEL 0463-57-2885 へお願いいたします

 メールでお問い合わせの方はこちらのフォームから  
    http://machinakastation.com/contact 

 相続まちなかステーションの facebook   http://www.facebook.com/machinakastation

 加藤俊光の facebook   https://www.facebook.com/souzokumachinaka

この記事を書いたプロ

相続まちなかステーション/加藤法務行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 加藤俊光

神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F [地図]
TEL:0463-57-2885

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼者の声
相続手続 円満解決 平塚|相続まちなかステーション

 生涯独身だった母の姉(伯母)が82歳で亡くなり、高齢の母に代わり姪の私が相続手続きを始めたところ、祖父には再婚歴があり伯母や母には異母兄弟がいることがわか...

セミナー参加者の声
【相続 平塚】相続一筋 クチコミ好評 相続・遺言に特化した法律専門職の講演実績

 7月21日(土)に、私自身も会員となっている平塚の在宅ケアを考える会(通称 ひらざい)の拡大例会におきまして、湘南真田クリニックの小宮山先生とともに講師を務め...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言・相続専門の行政書士、加藤俊光さん

可能な限り紛争を予防して円満に解決する遺言・相続専門の行政書士(1/3)

 公正証書遺言原案作成と遺産分割協議書作成だけに特化し、遺言・相続を専門に取り組む行政書士、加藤俊光さん。その手法は独特です。 「私のモットーは“争わないための遺言書を作ること”。正確な相続人と相続財産を確定するために、まず、遺言者の出...

加藤俊光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続トラブルを話し合いで迅速・円満に解決する方策をご提案

事務所名 : 相続まちなかステーション/加藤法務行政書士事務所
住所 : 神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F [地図]
TEL : 0463-57-2885

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0463-57-2885

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤俊光(かとうとしみつ)

相続まちなかステーション/加藤法務行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

思いやりのある遺言書が出来上がり、心の底から『よし、これで安心だ』と思えました。

 私どもには子がないため、以前より周囲からも『遺言を書い...

K.I
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(31

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
相続の専門家 『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が朝日新聞に掲載されました
神奈川 相続 平塚|相続まちなかステーション 終活 円満解決の相談窓口 クチコミ 実績ナンバーワン

『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が、3月14日(木)の朝日新聞生活面の連載『お財布サバイ...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

平塚でおなじみの相続の専門家がラジオで語る ~ これも相続財産になるの!? その1 ~
イメージ

  梅雨も明けて夏本番の午後でした 7月も後半に入りましたが、相続まちなかステーションのある神奈川・平...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

最期の言葉 ~ そのひとことを確実に伝えるために ~
イメージ

先月22日に、乳がんで闘病中の女性フリーアナウンサーが34歳の若さで亡くなられました。きっと、まだまだやりたい...

[ 遺言のすすめ【神奈川|小田原・藤沢・茅ヶ崎・平塚 相続・遺言相談窓口】 ]

桜の季節に想う ~ どんな寿命にも永遠はない ~
イメージ

春の訪れを告げる桜の開花宣言が発表されました。相続まちなかステーションのある神奈川・平塚でも、市内各所でほ...

[ 遺言のすすめ【神奈川|小田原・藤沢・茅ヶ崎・平塚 相続・遺言相談窓口】 ]

平塚でおなじみの相続の専門家がラジオで語る ~ おひとりさまの相続で注意したい3つのこと?! ~
イメージ

  春が待ち遠しい昼下がりでした  3月も後半に入りましたが、相続まちなかステーションのある神奈川・平...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ