コラム

 公開日: 2015-11-26  最終更新日: 2016-01-22

平塚でおなじみの相続の専門家がラジオで語る ~ 相続の基礎知識 その2 離婚・再婚と相続  ~

街の木々も赤や黄色に色づき始めた晩秋の午後でした


 11月も後半に入り、日没の時刻が一段と早くなってきました。相続まちなかステーションのある神奈川・平塚も街路樹の木々が赤や黄色に色づき始めてすっかり秋の深まりを感じさせてくれていますが、そんな晩秋の11月19日(木)にFM湘南ナパサ『ナパサタイムスアフタヌーン』にコーナー出演してまいりました。



相続相談 平塚|相続まちなかステーション



番組の内容 ~ 相続の基礎知識 その2 離婚・再婚と相続 ~


 ある調査によると、現代ではおよそ2分10秒に一組の割合で離婚が発生しているとのことです。確かに、10年前、20年前と比較しても離婚や再婚の経験がある方はそれほどめずらしいことではなくなってきているのが実感できます。しかし、一般の方にとっては離婚時に養育費や年金分割等についてきちんと取り決めをしておく方は少しずつ増えてきたように感じていますが、相続に関する諸問題についてきちんと対策を取っておくという方は私が知る限り皆無に近いというのが現状です。これは、離婚や再婚が相続にどのような影響を及ぼすのかがほとんど知られていないことが最大の原因と言っていいのかもしれません。そこで、ぜひ一般の方のために離婚・再婚と相続におけるトラブル事例とその対策に関して正しい情報をご提供したいと思いますが、まずは恒例の相続・遺言に関する基礎知識の確認をすべく、番組パーソナリティの滝島幹和さんに答えていただくところから始めてみました。


【設問】
  次の、相続や・遺言に関する記述は、正しいか間違っているかを答えてください。

 (1) 子どものいる夫婦が離婚をした場合、その子どもは親権を有する一方の親の相続人となることは
   できるが、親権を有しない他方の親の相続人となることはできない。
 (2) 前婚において子をもうけた女性が、子の親権を取得して別の男性と結婚した。この場合において、
   母親が再婚をしたという事実だけではこの子供は母親の再婚相手である新しい父親の相続人とな
   ることはできない。
 (3) 子どものいる夫婦が離婚をする際に親権は母親が取得することで合意し、それからは一切の交流
   を絶って10年以上が経過し今では全くの音信不通状態となっている。このような事情の下で父親が
   死亡した場合においては、相続手続きを開始するにあたってもはや再婚した母親や母親に引き取ら
   れた子どもの承諾や関与を求める必要はない。
    
  さて、各々の設問は正しいでしょうか、それとも間違っているでしょうか。

 まず、(1)婚姻関係にあった夫婦に子供が生まれた場合で、その後父母である夫婦が離婚をしたとしても子供は父母双方の相続人であり続けます。離婚時において親権を定めたとしても、その後相続人となるかどうかには全く関係がないことから、本設問は誤りであると言えます。そして(2)前婚において子をもうけた女性が離婚後に子を連れて他の男性と再婚した場合において、母親が再婚をしたとしてもその事実だけでは子は母親の再婚相手である新しい父親の相続人となることはできません。再婚相手である新しい父親と養子縁組をするか、または遺言書で配慮がなされない限り相続人となることはありませんので、本設問は正しいと判断できます。さらに、(3)前述のとおり、離婚をした夫婦のどちらがこの親権を持つかということと、誰が相続人になるかという問題は関係がなく、父母が離婚後に交流があるかないかも相続人の範囲には関係がありません。したがって、離婚をした妻は相続人から外れても、子は父親の相続人であることには変わりなく、相続人である以上は相続手続において関与や承諾を必要とする場面もあることから、本設問は誤りと判断できます。
 以上より、(1)と(3)は誤りであり、(2)は正しいと言えるでしょう。

【離婚・再婚が相続にどんな影響を及ぼすか】

 ひと昔前に比べると、離婚・再婚経験のある方もそれほど珍しい事ではなくなってきましたが、『離婚・再婚が相続に及ぼす影響』や『離婚・再婚が相続とどのような関係があるのか』について正しく理解されている方はそれほど多くはないというのが正直な感想です。特に、20代や30代で離婚・再婚を経験される方にあっては、養育費の問題や年金分割などに関心を持つ方はあっても、何十年も先に起こるであろう『相続問題』にまで思いを巡らせるのは難しいことなのかもしれません。

 そこで、知っておきたい離婚・再婚と相続の関係やしっておきたい注意点をいくつか挙げてみました。

 (1)離婚・再婚経験のある方は、思わぬ方が相続人となったり、逆に相続してほしい方が相続できない
   ことがありえる
    → 相続人を正しく把握しましょう
     
     ・ 離婚をした配偶者は相続人となることはない
     ・ 父母が離婚をしたとしても、子は父母双方の相続人であり続ける。親権とは無関係。
     ・ 母親が子を連れて再婚をしたとしても、その子は母親の再婚相手である新しい父親の相続人
       とならない。
        → 養子縁組または遺言書による配慮が必要

 (2)離婚・再婚経験のある方は遺言書が必須ではないでしょうか

    子や新しい家族を不毛で醜い相続トラブルに巻き込まないためにも、遺言書を書きましょう
      → 別れた配偶者はもちろん、新しい家族にとっても必要な最低限の思いやり

番組出演の感想 


 今回のテーマは『相続の基礎知識 その2 離婚・再婚と相続』でしたが、離婚・再婚件数の増加とは裏腹に、一般の方には離婚・再婚と相続がどのように関係するのか、意外にも誤解や思い込みの多いことを日頃から感じ取っておりました。そこで、ひとりでも多くの方が正しい認識を持っていただくとともに、判断に迷った時には私たち法律専門職に対しても相談することの必要性についても理解していただくきっかけをご提供できたとすれば何よりであると感じました。



相続手続き 平塚|相続まちなかステーション



 来月以降も、身近な相続・遺言に関するテーマを題材にしながら、地域の皆様に役立つ情報をご提供できるよう頑張ってまいります。最後になりましたが、滝島幹和さん、山田博康さん、そしてお聞きいただいたリスナーの皆様、ありがとうございました。


*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・*・・・・・*

相続・遺言・高齢者支援(成年後見・死後事務委任公正証書)の法律専門職 加藤俊光
〒 254-0043 神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F
相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所)
TEL 0800-1230913(フリーコール・通話料無料)

 対応エリア
  平塚を拠点とし、神奈川県湘南、西湘、県央、足柄地域
  (茅ヶ崎、藤沢、鎌倉、大磯、二宮、小田原、厚木、海老名、寒川、伊勢原、秦野、松田)

 
 相続まちなかステーション公式サイト
  (どこに相談しても解決できなかった方に最後に見ていただきたいホームページ)
    http://machinakastation.com/

 お電話でお問い合わせの方は
    TEL 0800-1230913 (通話料無料 朝10時から夜10時までお受けしています)
  つながらない方は  TEL 0463-57-2885 へお願いいたします

 メールでお問い合わせの方はこちらのフォームから  
    http://machinakastation.com/contact 

 相続まちなかステーションの facebook   http://www.facebook.com/machinakastation

 加藤俊光の facebook   http://www.facebook.com/machinakastation#!/

 相続まちなかステーション Twitter  https://twitter.com/souzokumachinak

 メディア出演・掲載実績   
    http://mbp-kanagawa.com/souzokumachinaka/column/?jid=431

この記事を書いたプロ

相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所) [ホームページ]

行政書士 加藤俊光

神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F [地図]
TEL:0463-57-2885

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼者の声
相続手続 円満解決 平塚|相続まちなかステーション

 生涯独身だった母の姉(伯母)が82歳で亡くなり、高齢の母に代わり姪の私が相続手続きを始めたところ、祖父には再婚歴があり伯母や母には異母兄弟がいることがわか...

セミナー参加者の声
【相続 平塚】相続一筋 クチコミ好評 相続・遺言に特化した法律専門職の講演実績

 7月21日(土)に、私自身も会員となっている平塚の在宅ケアを考える会(通称 ひらざい)の拡大例会におきまして、湘南真田クリニックの小宮山先生とともに講師を務め...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言・相続専門の行政書士、加藤俊光さん

可能な限り紛争を予防して円満に解決する遺言・相続専門の行政書士(1/3)

 公正証書遺言原案作成と遺産分割協議書作成だけに特化し、遺言・相続を専門に取り組む行政書士、加藤俊光さん。その手法は独特です。 「私のモットーは“争わないための遺言書を作ること”。正確な相続人と相続財産を確定するために、まず、遺言者の出...

加藤俊光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続トラブルを話し合いで迅速・円満に解決する方策をご提案

事務所名 : 相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所)
住所 : 神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚2F [地図]
TEL : 0463-57-2885

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0463-57-2885

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤俊光(かとうとしみつ)

相続まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

思いやりのある遺言書が出来上がり、心の底から『よし、これで安心だ』と思えました。

 私どもには子がないため、以前より周囲からも『遺言を書い...

K.I
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(24

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
相続の専門家 『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が朝日新聞に掲載されました
神奈川 相続 平塚|相続まちなかステーション 終活 円満解決の相談窓口 クチコミ 実績ナンバーワン

『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が、3月14日(木)の朝日新聞生活面の連載『お財布サバイ...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

平塚でおなじみの相続の専門家がラジオで語る ~ 相続相談の現場から 3 遺留分を理解しよう ~
イメージ

 まちのあちこちがすっかり色付き始めたとある日の午後でした  11月も後半に入り、相続まちなかステーシ...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

あなたが終末期に向きあうとき、私はあなたの隣で一緒に考えながら支え続ける法律専門職でありたい
イメージ

そろそろ正面から終末期に向かい合わなければならない段階となっている。周囲の人だけでなく、ご自分でもそう認め...

[ 遺言のすすめ【神奈川|小田原・藤沢・茅ヶ崎・平塚 相続・遺言相談窓口】 ]

平塚でおなじみの相続の専門家がラジオで語る ~ 相続相談の現場から 2  介護と相続  ~
イメージ

 秋とは思えない季節外れの暑い日の午後でした  10月も後半に入り、だいぶ日没が早くなり朝晩はすっかり...

[ メディア出演・掲載実績【神奈川|平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・秦野 真の相続の専門家】 ]

エンディングノートでは絶対に『争続』は防げない! その3つの理由とたったひとつの解決策とは?!
イメージ

テレビや新聞・雑誌をはじめ各種団体が開催するセミナー等においても、終活の名の下にさかんにエンディングノート...

[ 遺言のすすめ【神奈川|小田原・藤沢・茅ヶ崎・平塚 相続・遺言相談窓口】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ