コラム

 公開日: 2018-07-10 

心の中のモヤモヤを出すには(スタッフ)

人は誰でも
心の中に多少なりとも
モヤモヤを抱えていることがあります。
今はなくても、
モヤモヤした気持ちを
抱えた事のないまま
一生を終える人は
なかなかいないと思います。

ある人はそれを
友人にグチることで発散したり、
ある人はそれを
スポーツやカラオケで発散したり、
ある人はそれを
うまく発散できずにため込んで
腐らせてしまったり、
ある人はそれを
共感してもらいたくて伝えたのに
受け止めてもらえずに
絶望してしまったり、
ある人はそれを
見ないふりをして
心の底にしまいこみ
長年経過するうちに
モヤモヤが大きくなってしまったり、
ある人はそれを
自分の中で上手に消化していたり、
するのだと思います。

誰もがモヤモヤを
上手に扱うことができるわけではありません。
むしろ、上手な人の方が少ないでしょう。
一人で消化できる人は
本当に少ないのではないでしょうか。

とくに、まだまだ成長過程にある
子どもにとっては
モヤモヤをどう扱っていいのか
わからないのは当たり前のことです。
子どもたちは
モヤモヤの扱い方を
どこで学ぶのでしょう?
身近な親や先生や周囲の大人たちの
やり方を見て学ぶのが大部分かもしれません。
他には、テレビや本や映画など
何かを見て学ぶこともあるでしょう。
友人や尊敬する人物から学ぶことも
あるでしょう。
けれど、自分から学ぶことができる子は
とても優秀な子だと思います。
ほとんどの子は、
誰かが教えてあげる必要が
あるのではないでしょうか。

モヤモヤを解消するのに
とても大切なのは
言語化することです。
私たちは主に言葉でやりとりをします。
自分の気持ちや思いを
誰かに伝えたり、
伝えなくても自分の中で整理するには
言葉にする作業が大切です。
もちろん、言葉が全てではなく、
音で表現したり
絵や色や物で表現したり
様々な表現がありますが
それだけではなかなか伝わりにくい部分も
どうしてもあります。
だからこそ、できるだけ
言葉で表現する力をつけることが
大切になってきます。

つまり、子どもには、
自分の心の中を言葉にする練習を
たくさんさせてあげたり
教えてあげたり
時に見せてあげたり
受け止めてあげることが
大切になります。

その一つは、
子どもが帰ってきた時に話す話を
聞いてあげることです。
今日はどんなことがあって
どんな気持ちになったのか。
どんなことを発見して
どんなことを学んだのか。
子どもはそれを表現する言葉が
少ないですから、
親御さんが補ってあげるのです。
でもきっと親御さんも忙しくて
なかなかそういう時間がとれないかもしれません。
10分でもいいと思います。
ご飯を食べながらでもいいと思います。
お手伝いをしてもらいながらでも
いいかもしれませんね。
そうやって話を聞いてもらった子どもは、
誰かに受け止めてもらえた子どもは、
知らず知らずのうちに
モヤモヤを溜めておく
心の容器が大きくなりますし、
モヤモヤを溜めこまずに流し出す方法を
身に着けていきます。

もう一つは、雑談です。
内容はどうでもいいのです。
くだらないことでもいいのです。
家庭内でたくさん雑談をすることで、
子どもは、言葉をたくさん覚えていきます。
表現することを覚えます。

でもなかなか難しい、
親御さん自身も上手にできる気がしない、
という場合もありますよね。
そういった方がほとんどかもしれません。
そんな時はプロの手を借りて
カウンセリングという方法もあります。

カウンセリングというのは、
主に言葉を使って
自分の気持ちや思いや考えを
カウンセラーに伝える中で、
言葉にしていくうちに
自分でも気がついていなかったことに
気付いたり
カウンセラーに質問されたりすることで
新たな視点を得たり
整理していくことができます。
当センターでのカウンセリングは、
言葉だけでなく
時に絵を使ったりもします。
小学生のお子さんもたくさん来ています。
親御さんに対しては
お子さんにどう接したらよいのか、
どんな言葉かけをしたらよいのか、
などのアドバイスもさせていただいています。
そのアドバイスによって
親御さん自身の不安や困ったことや
モヤモヤが解消されていくことにもつながります。

モヤモヤを解消したい方、
子どもに力を付けてあげたい方、
一度いらしてみませんか。
少しずつ
できるようになっていけるお手伝いが
できると思います。


文:スタッフsachi
代表:椎名 あつ子

この記事を書いたプロ

横浜心理ケアセンター [ホームページ]

心理カウンセラー 椎名あつ子

神奈川県横浜市中区山下町256-609 [地図]
TEL:045-226-9733

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

【テスター募集】心理検査を担当する臨床心理士を募集致します。勤務時間:土曜日 月2~4回程度(他の曜日も応相談)     午前11時~午後5時頃まで使用...

著書
イメージ

2017.11.22「いい夫婦の日」に椎名代表の著書が発行されました。もしよろしければ、手に取っていただければ幸いです。内容については、amazonのページで紹介され...

 
このプロの紹介記事
横浜心理ケアセンター代表カウンセラーの椎名あつ子さん

変わるための指示的カウンセリング(1/3)

 横浜市で開業して18年目。横浜心理ケアセンター代表カウンセラーの椎名あつ子さんは、夫婦や家族の問題、職場の人間関係、精神疾患、発達障害、企業向けコンサルテーションなど幅広い相談に応じていますが、特に最近は、夫婦間のモラルハラスメント(モラ...

椎名あつ子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

アドバイス中心に心理検査も使い解決に向けてのカウンセリング

屋号 : 横浜心理ケアセンター
住所 : 神奈川県横浜市中区山下町256-609 [地図]
TEL : 045-226-9733

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-226-9733

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椎名あつ子(しいなあつこ)

横浜心理ケアセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
大人のSOSと子どものSOS

最近、とくに、子どものSOSの心の叫びを感じます。怒り、イライラが止まらない。という現実です。親に対し...

[ 子ども ]

カウンセリングを受けるタイミング(スタッフ)

心理のお仕事をしていると痛感するのですが、家族関係というのは本当に難しいものですね。家族だから言...

[ スタッフ ]

お母さんごと子どもを守る(スタッフ)

先日、知人から聞いた話にとても感動したので紹介したいと思います。その知人は子どもが二人いるママさ...

[ スタッフ ]

点と点をつなげること

月日があっという間に過ぎてゆくことを最近、本当に実感します。もう6月も後半に近づき、夏は間近になり...

[ カウンセリング ]

柔らかく蓋をする(スタッフ)

このところ、世間では痛ましい事件の報道が多く、なんとも言えない想いになることが増えました。それぞ...

[ スタッフ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ