コラム

 公開日: 2017-12-12 

うちの子って発達障害?(スタッフ)

先日、椎名先生もブログに
書いていらっしゃいましたが、
“発達障害”という言葉が
一般的にかなり浸透してきて、
「発達障害なのではないか?」と
悩んでいらっしゃる方が
とても増えたように感じます。
今日は少し発達障害について
書きたいと思います。

みなさんは
いわゆる“ふつう”の子どもと
“発達障害”を抱える子どもとの間に
ここからが発達障害であるといった
境界線があるように感じていませんか?
しかし、実は明確に
ここからここまでという線があるわけでは
ありません。

例えば、コップの中に液体が入っているとして、
水100%の場合、これは水と言えます。
ジュース100%だったら、これはジュースと言えます。
けれど、お水の中にジュースが混ざっていて、
ジュースが1滴入っていたら?3滴だったら?
20滴だったら?
反対に、ジュースを水で薄めていったら・・・
それはジュースと言いますか?水と言いますか?
人によっては、敏感にジュースの味を感じて、
少し混ざっているだけでも、
ジュースが混ざっていると気がつくかもしれません。
けれど、たいていの人は、
ある程度ジュースが濃くないと
気がつかないかもしれません。

発達障害についても同じように捉えることができます。
発達障害であると言い切るほどではない
グレーゾーンが非常に多いのです。
なので、診断がはっきりと出たり、
“発達障害である”とラベルの貼ることが
必ずしも意味がない場合も、あります。
本当に困っているのは
グレーゾーンの子どもが多いからです。

大事なのは、
“発達障害か、そうでないか”ではなく、
本人が(あるいは周りの人が)
どんなことで困っているのか、
どんなことがきっかけで起きるのか、
どんなトラブルがどのような状況で起きるのか、
などについて
丁寧に向き合って、
どう対応したらいいのか、
どんな工夫ができるか、
工夫をしてもどうにもできないことは何か、
などを見極めていくことです。

例えば、
文字を書くことが大嫌いで
作文は書かないし、ノートの字は汚い、
ふざけて書くこともあるし、
絶対に書かないと反抗することもある、
そんな子がいたとしたら・・・

ある人は、この子は書くのが嫌いだから
わがままを言っているんだ、と思うかもしれません。

ある人は、この子には書字障害(文字を
書くことに困難がある障害)かもしれない、と
思うかもしれません。

ある人は、もしかして眼鏡の度が
合ってないのでは?と思うかもしれません。

ある人は、家庭が落ち着かない状況で、
この子は不安定な気持ちになっているのかも
しれない、と思うかもしれません。

いろいろな可能性が考えられます。
その子にとっての困難が
どんなことで、何によるものか、
それはその子自身をよく知らないと
わかりません。
プロは、たくさんの事例を知っていますし、
見るべきポイントをたくさん知っています。
それでも判断が困難な場合もたくさんありますが、
お役に立てることはたくさんあると思います。

また、お子さんが不安なときに
親御さんがそれ以上に不安になったり
落ち着かなくなると、
お子さんはますます
不安が強くなってしまいます。
親御さんが
「大丈夫だよ」と一声かけるだけで
安心して行動できるお子さんも
たくさんいらっしゃいます。
けれど、お子さんが何か困難を抱えていると
親御さんは心配で心配で
仕方がなくなりますよね。
親御さんが安心してお子さんと接するために
カウセリングにいらして頂くのも
お子さんにとって
とてもプラスになるのではないかと
思います。

心配な方は、
まずお子さんのことをよく観察してみて、
ぜひ相談にいらっしゃってみてください。
お子さんのどんなところに注意して
見て頂きたいかもお伝えできますし、
親御さんが安心してお子さんを
見守ることができるように
サポートさせていただきます。


文:スタッフsachi
代表:椎名 あつ子

この記事を書いたプロ

横浜心理ケアセンター [ホームページ]

心理カウンセラー 椎名あつ子

神奈川県横浜市中区山下町256-609 [地図]
TEL:045-226-9733

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

【テスター募集】心理検査を担当する臨床心理士を募集致します。勤務時間:土曜日 月2~4回程度(他の曜日も応相談)     午前11時~午後5時頃まで使用...

著書
イメージ

2017.11.22「いい夫婦の日」に椎名代表の著書が発行されました。もしよろしければ、手に取っていただければ幸いです。内容については、amazonのページで紹介され...

 
このプロの紹介記事
横浜心理ケアセンター代表カウンセラーの椎名あつ子さん

変わるための指示的カウンセリング(1/3)

 横浜市で開業して18年目。横浜心理ケアセンター代表カウンセラーの椎名あつ子さんは、夫婦や家族の問題、職場の人間関係、精神疾患、発達障害、企業向けコンサルテーションなど幅広い相談に応じていますが、特に最近は、夫婦間のモラルハラスメント(モラ...

椎名あつ子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

アドバイス中心に心理検査も使い解決に向けてのカウンセリング

屋号 : 横浜心理ケアセンター
住所 : 神奈川県横浜市中区山下町256-609 [地図]
TEL : 045-226-9733

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-226-9733

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椎名あつ子(しいなあつこ)

横浜心理ケアセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
地震

大阪北部に大きな地震が起きました。気象庁は、一週間程の警戒を呼びかけています。今後どこでもいつでも...

[ ブログ ]

「おつかれさま」(スタッフ)

先日、知人たちと話をしていて、ちょっとびっくりしたことがありました。みなさんは、夫婦や親子、家族で...

[ スタッフ ]

子育てについて伝えていく勇気とは

胸が張り裂けそうになる記事を新聞で読みました。目黒区の結愛ちゃんが亡くなった事件です。「パパ、マ...

[ 子ども ]

幸せとは?(スタッフ)

幸せになりたい、という言葉をよく耳にします。もちろん、誰だってできれば幸せになりたいと思っていると...

[ スタッフ ]

生まれた日

先週は私の誕生日でした。誕生日とは、あたりまえですが、自分がこの世に生まれてきた日です。つまり、産ん...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ