コラム

 公開日: 2017-05-18 

夫婦カウンセリングにおけるコミュニケーションの問題

毎日、たくさんの夫婦のカウンセリングを
行っている中で
よくある問題について
書かせて頂きます。

ここ横浜心理ケアセンターでは、
他のカウンセリングルームでは
なかなか行われていない
夫婦同席のカウンセリングも
やっております。

初回は、みなさん90分を
最低時間としてとっていただく中、
この90分を
奥さま30分、御主人さま30分、
そして同席30分という形に
することができます。
お一人様30分が短いと感じられる方の場合、
トータル120分で行うことも
可能です。
(料金は別となります)


2回目以降は、
夫婦別々に何度か行ってから
同席のカウンセリングを
勧めさせて頂いております。
(もちろん、
 同席主体でも大丈夫です)

なぜ、夫婦別々に行ってから
同席の形をとることを勧めるのかと言いますと、
まず最初に別々に行う理由としては、
その人の言い分をきちんと聞くことが
その人自身を私がよりよく知る意味で
大切となっていきます。
そして、お二人の性格を理解した上で、
同席していただいております。

つまり、それぞれの言い分を
カウンセラーである私が聞いておりますと、
やはり片方だけの意見だけだと
価値観や性格の違いで、
そういった意味で言ったのではないのに・・・
といった言葉の表現や言い回しにより
相手の捉え方が大きくずれている場合が
本当に多いと感じるからです。

片方だけの話で
カウンセラーがその人に共感してしまうと
客観的な判断や、
カウンセラーとして平等な立場が
あやうくなっていきます。

夫からのことばで妻が傷ついている場合、
すぐにこれはモラルハラスメントであると
思いがちで、
カウンセラー側も
夫は加害者で妻は被害者といった
感覚で見てしまうことになります。

これは、プロのカウンセラーとしては
危険な状況となります。
つまり、間に入ったカウンセラーが
夫婦をもっと敵同士といった感覚に
させてしまう場合があるからです。


先日来たご主人は、
論理的に筋道を立てて話す性格で
その言い方が妻から見ると
冷たく指摘され、いつも上から
権威的に否定されているように
感じてしまっていました。

しかし、ご主人からの話を聞くと、
きちんと理由を言って
論理的に説明する方が
わかりやすいし
理解されやすいと思っていたと
いうこともありました。

しかし、ご主人が論理的に
説明すればするほど、
妻は、押さえつけられていて
苦しめられているという感覚でしか思えず
傷ついていたのです。

何度か別々のカウンセリングをして、
お互いの言い分をよく聞いてから
お二人同席のカウンセリングを行いました。
その時、私カウンセラーの仕事は、
感情が平行線になってしまっていて
伝わりにくくなっているお二人の
通訳係ということになります。

奥さんはこんなにも傷ついて苦しんで
悩んでいるのだという状況を
ご主人に説明し、
○○してほしいと考えていることを
伝えていきます。
また、ご主人はこういった気持ちで
本当は伝えたかったようですと
奥さんに伝えていきます。

最初は不信感と疑いの感覚を持って
お互いはいるのですが、
少しずつ、
お互いの性格の違いからくる
捉え方の感覚の違いということに
気づくようになります。

気づくことができるようになると、
徐々に
もっと知って理解してみようという
気持ちも生まれてきます。

そうして、お互いの価値観や
性格を受け入れられて
絆が深まっていきます。
こういったご夫婦は、
今までに何千組もいらっしゃいます。

変わっていくご夫婦は、
柔らかな表情となり
そこにはお互いで乗り越えられたという
信頼感が芽生えていきます。


もう無理かも・・・
と思われているお二人へ。

まだ、本当は終わりではないのかもしれません。
一度、勇気を持って
カウンセリングの扉を
叩いていらっしゃいませんか。


夫婦のカウンセリングについて、詳しくはこちらをご覧ください。
http://shinri-care.com/couple/

この記事を書いたプロ

横浜心理ケアセンター [ホームページ]

心理カウンセラー 椎名あつ子

神奈川県横浜市中区山下町256-609 [地図]
TEL:045-226-9733

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

【新聞掲載のお知らせ】  本日(3/21)朝日新聞神奈川版に  マイベストプロ神奈川の広告が  掲載されました。  椎名代表も掲載されていますので、 ...

 
このプロの紹介記事
横浜心理ケアセンター代表カウンセラーの椎名あつ子さん

変わるための指示的カウンセリング(1/3)

 横浜市で開業して18年目。横浜心理ケアセンター代表カウンセラーの椎名あつ子さんは、夫婦や家族の問題、職場の人間関係、精神疾患、発達障害、企業向けコンサルテーションなど幅広い相談に応じていますが、特に最近は、夫婦間のモラルハラスメント(モラ...

椎名あつ子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

アドバイス中心に心理検査も使い解決に向けてのカウンセリング

屋号 : 横浜心理ケアセンター
住所 : 神奈川県横浜市中区山下町256-609 [地図]
TEL : 045-226-9733

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-226-9733

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椎名あつ子(しいなあつこ)

横浜心理ケアセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
心理検査について

ここ横浜心理ケアセンターでは精神科の病院でも行っているロールシャッハ、SCT(文章完成法テスト)、S-HTP...

[ その他 ]

夫婦問題の相談における子どもの精神的なケアについて

夫婦の関係が良くない状況の中、別居や、または離婚を決意した場合のお子さんの精神的なケアについての相談も...

[ 子ども ]

モラルハラスメントの定義と相談について、修復へのプロセスとは

夫婦の修復についてのお問い合わせが増えてきている中で今現在の起きている問題で必ずといっていいほどた...

[ 夫婦 ]

離婚におけるさまざまな問題について ~③50代の離婚問題について~

50代になり、夫が退職する頃が近づいてきてお互いの老後について考えるお二人も増えてきています。今ま...

[ 夫婦 ]

離婚におけるさまざまな問題について ~お金のトラブルについて ②家のローンについて~

ここ横浜心理ケアセンターに来る人の中で結婚したばかりでお金の使い方についての価値観の違いや共稼ぎの人...

[ 夫婦 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ