コラム

 公開日: 2017-04-18 

モラルハラスメントの定義と相談について、修復へのプロセスとは

夫婦の修復についてのお問い合わせが
増えてきている中で
今現在の起きている問題で
必ずといっていいほど
たくさんの方々が
「モラハラ(モラルハラスメント)」
という言葉をお使いになります。

・妻に「あなたはモラハラよ」と言われたので
 確認のためにもカウンセリングを受けたい。
・モラハラと言われてネットで調べてみたら、
 あてはまる事が多いと気づいたので、
 そんな自分を変えたい。
・モラハラに疲れたと言って妻が家を出てしまったので、
 モラハラについて知りたいし
 妻にもう一度、チャンスをもらいたい、
 帰ってきてほしい。
・自分が今まで無意識に使っていたことばが
 暴力だとは全く知らなかった。
 これはモラハラなのか、教えて欲しい。
・モラハラの夫を治してほしい。
 治るのであれば、
 子どももいるのでやり直したい。
・モラハラで夫を訴えたい。
・妻は夫(私)のことをモラハラというけれど、
 私(夫)としては妻もモラハラだと思うけれど
 どうなのか知りたい。
・・・etc.

本当にモラハラに関しては
たくさんの質問が来るのも
毎日のこととなっています。

それにしても
モラハラということばが一般化して、
誰もが知っていることばになったのも
ここ3~4年のことのように
思えます。

その前は、
夫婦のご相談では、
浮気、ギャンブル、DV(身体への暴力)、
アルコールなどの依存症についてが
多かったのですが、
今は、浮気とモラハラ、DVとモラハラ、
依存症とモラハラetcと
必ずモラハラがプラスされている気が
しています。

そもそもモラルハラスメント(モラハラ)については
TVやマスコミで騒がれすぎているため、
本当の意味や状態が誤解されていたり、
間違って認知されていることも
非常に多いと思います。
他のカウンセラーにモラハラだと言われた
と言って来る人もたくさんいます。

ここ横浜心理ケアセンターでは、
弁護士の先生と協力体制を持っておりますので、
法的にひっかかってくる状況に関しましては、
慎重にこの「モラハラ」に対しては
判断しています。
このことばに対して
最終的にジャッジできるのは
裁判官になるのだと思っています。
カウンセラーがこの言葉を使って
決めつけることは
とても危険であり
無責任なことであると考えています。
なぜならば、
モラハラはDVとは違って
ことばの暴力ですので
わかりやすい証拠も少ないですし
夫婦や男女の間では、
価値観のずれや考え方の違いで
けんかは当たり前であり、
その中でのお互いの売り言葉に買い言葉は
よく見られるものです。
そしてモラハラこそ、
裁判で決められる事は
非常に難しいのも、事実です。

モラハラであるのか
モラハラではないのか
ということが
一番大切なのではなく、
相手が自分のことばで
傷ついたり、苦しんだり、
悩んだり、
恐怖を抱いたり、絶望したり、
そしてこれ以上一緒にいることが
苦痛でしかなくなっているという状況に
陥らせたこと自体が
大きな問題なのだと
私は思います。

夫婦は、どちらか一方が
どちらかの所有物でもなければ、
上下関係の上に成り立っているものでもなく、
夫婦はそれぞれの役割を尊重、尊敬した上で
一緒にいるという意味では
お互いに平等であると思っています。

また、夫が妻に対してだけしているのではなく
妻側も夫に対して、
ひどい言葉を吐き出している場合も
少なくはありません。

これらをすべて
モラルハラスメントと定義することよりも、
なぜ、傷つけあわなくてはいられないのか、
なぜ、怒りをコントロールできないのか、
なぜ、相手を追い込んでしまうのか、
何が、相手を怖がらせたのか、
その時の自分は何を考えていたのか、
何かストレスはあったのか、
どうしたら思いやりのあることばを
言えるのか、
思いやりとは何か、
自分は相手ばかりを責めてはいないか、
いいコミュニケーションをとれるように
するにはどうしたらいいのか・・・

私はこういった事を
カウンセリングの中で
考えていただくために
お互いのエゴグラム(心理検査)で、
お互いの性格を知り、
相手を理解する方法を学んだりの
サポート役をしています。

ここでは、2人同時のカウンセリングも
夫婦別々でのカウンセリングもしています。
そして最後は、
いいコミュニケーションがとれるように
なっていくために、
お二人同時の前向きな修復のための
カウンセリングへと進んでいきます。
こういったプロセスを経て、
素敵な夫婦になっていった人たちを
たくさん見てきました。
モラルハラスメントの定義だけではなく、
もう一度、お二人で向き合ってみませんか。
その方たちなりの
夫婦の形が在るものだと
私は思っています。



当センターでの夫婦のカウンセリングについてはこちらをご覧ください。
http://shinri-care.com/couple/

この記事を書いたプロ

横浜心理ケアセンター [ホームページ]

心理カウンセラー 椎名あつ子

神奈川県横浜市中区山下町256-609 [地図]
TEL:045-226-9733

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

「教えて!goo」の人生相談コーナーで、椎名先生が取材協力した記事がアップされております。「心理カウンセラーに聞いた!共感を求める女性と解決を求める男性の関係...

著書
イメージ

2017.11.22「いい夫婦の日」に椎名代表の著書が発行されました。もしよろしければ、手に取っていただければ幸いです。内容については、amazonのページで紹介され...

 
このプロの紹介記事
横浜心理ケアセンター代表カウンセラーの椎名あつ子さん

変わるための指示的カウンセリング(1/3)

 横浜市で開業して18年目。横浜心理ケアセンター代表カウンセラーの椎名あつ子さんは、夫婦や家族の問題、職場の人間関係、精神疾患、発達障害、企業向けコンサルテーションなど幅広い相談に応じていますが、特に最近は、夫婦間のモラルハラスメント(モラ...

椎名あつ子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

アドバイス中心に心理検査も使い解決に向けてのカウンセリング

屋号 : 横浜心理ケアセンター
住所 : 神奈川県横浜市中区山下町256-609 [地図]
TEL : 045-226-9733

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-226-9733

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椎名あつ子(しいなあつこ)

横浜心理ケアセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
子どもの発達障がい傾向について

発達障がい傾向のお子さん、そしてそのご両親の相談が、ここ数年で非常に増えております。何故、発達障が...

[ 子ども ]

電話カウンセリングをしない理由(スタッフ)

ご存知の方も多いと思いますが、こちら横浜心理ケアセンターでは電話カウンセリングやメールカウンセリングを...

[ スタッフ ]

クライアントと弁護士とのカウンセリング(スタッフ)

ここ横浜心理ケアセンターでは、弁護士に無料相談できるシステムがあります。カウンセリングルームで弁護...

[ スタッフ ]

SNSの甘い罠(スタッフ)

今は、多くの人がパソコンや携帯電話やスマホやタブレットを持ち、SNSという手段で誰でも思ったことや考え...

[ スタッフ ]

カウンセラーの技術(スタッフ)

カウンセラーの仕事というのはとてもわかりにくいものだと思います。一見すると、人の話をただ聞いているだ...

[ スタッフ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ