プロTOP:巴陵益克プロのご紹介

少子高齢化で加速するお悩みを成年後見制度、遺言、相続支援で解決(1/3)

成年後見制度・遺言・相続の幅広い悩みを解決する行政書士 巴陵益克さん

周りに迷惑をかけたくないと悩む人を支援サポートしていく

 日本の少子高齢化が止まる所を知らない昨今。身寄りのない独居老人も増え続け、将来に漠然とした不安を抱えている人も多くなっています。そんな方々のお悩みを解決する相談室を運営しているのが行政書士の巴陵益克さんです。
「ご相談者は最近物忘れがあったり本格的に認知症になってしまった時に、周りの人に迷惑をかけたくないと悩んでいる方々やその家族で、遠方に住んでいて独居老人となった親を心配するケースも多いです。そんな方に成年後見制度などを利用し問題解決できるようにしています」

 成年後見制度は、任意後見制度と法定後見制度の2つがあります。法定後見制度は家庭裁判所に従って事後処理のような形で代理人を選定し、本人に変わり意思決定していく制度。対して任意後見制度は、本人が十分な判断能力があるうちに、将来判断能力が不十分な状態になった場合に備えた制度です。任意後見制度では、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について、代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書で結んでおきます。
「任意後見制度は自ら選んだ任意後見人に“希望”を託せる制度で、老後のライフプランのオーダーメイドといえます。したがって、自分の生き方は自分で決定するという自己決定権の尊重という点からも、任意後見制度の活発な活用が昨今はより望まれています」と巴陵さんは言います。
 
「当事務所は、成年後見制度だけではなく、遺言書の作成や相続支援によって悩んでいる人もサポートしています。ご自身が亡くなった後の財産の分配や相続争いで悩んでいる人には遺言書の作成をお勧めしています。遺産の分割は、遺産分割協議つまり相続人間の話合いで決めるのが理想的ですが、相続人全員が納得するようにまとめることは難しいものです。事業の継承問題など遺産が細分化されることが望ましくないということもあります。問題を未然に防ぐ方法として遺言書の作成は効果的です」
 
 また、相続関連で悩んでいる人には、相続支援も行っているそう。相続の手続きはやらなくてはならない事が多く、手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない人をサポートしているそうです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 任意後見人の就任は責任重大 望まれる臨機応変な対応

巴陵益克プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

法の専門家としての人脈と知識を活かした成年後見制度相談室

事務所名 : 行政書士巴陵(はりょう)事務所
住所 : 神奈川県横浜市鶴見区中央2-5-3-301号 [地図]
TEL : 045-716-9500

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-716-9500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

巴陵益克(はりょうますよし)

行政書士巴陵(はりょう)事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ