コラム

 公開日: 2014-03-17  最終更新日: 2014-08-08

翻訳ソフトによる訳抜け

翻訳作業にパソコンを取り入れることに積極的な方であれば、一度は翻訳ソフトの利用を検討したことがあると思います。
たしかに、翻訳ソフトは上手に活用すれば便利なツールなのですが、こと「文章を訳す」という点でみれば、まだまだ不十分です。

なかには、訳質はともかく「抜け」がないだけでも助かるという意見もありますが、じつは翻訳ソフトが出力する訳文には結構な比率で訳抜けが出ます。

ひとつ例をあげましょう。

 How many different glasses does a wine drinker really need?

この英文を翻訳ソフトにかけてみます。
手元にある某大手メーカーの翻訳ソフトで、出力は次のようになります。
   
 ワイン酒飲みは実際に様々なメガネを必要とするか。

日本語がおかしいのはともかくとして、問題は文の作り方です。

how many
different(→様々な)
glasses(→メガネ)
does+need(必要とするか)
a wine(→ワイン)
drinker(→酒飲み)
really(→実際に)

こうして1:1に置き換えをし、それを英語の構文情報と重ね合わせたような出力になります。
上の例だと、how manyは訳文に反映されず、無視された形になりました。

Google翻訳だと、どうなるでしょうか。
今日現在、

 ワインを飲む人は、実際にどのように多くの様々なメガネを必要とするのでしょうか?

という訳になります。
how manyではなく、howとmany differentが区切られていますが、訳出はされました。
(原文は、眼鏡ではなく、ワインを飲む人が必要とするグラスには何種類くらいあるかを聞いています。)

もうひとつ例をあげます。

 In addition, restriction of the blood flow by application of a pressure makes the lactic acid buildup in the muscles less likely to be removed from the muscles.

 さらに、圧力の施工による血流の制限は、筋肉から取り除かれるだろう筋肉中で、乳酸強化を行なう。

In addition(→さらに)
restriction(→制限)
of(→の)
the blood flow(→血流)
by(→による)
application(→施工)
of(→の)
a pressure(→圧力)
makes(→行う)
the lactic acid(→乳酸)
buildup(→強化)
in(→中で)
the muscles(→筋肉)
less likely
to be removed(→取り除かれるだろう)
from(→から)
the muscles(→筋肉)

今度はless likely が無視されます。

好意的に解釈して「~だろう」がlikelyだとしても、lessは完全に落ちていますね。
ときには数語からなる句がまるごと抜け落ちることもあります。どうやら、内部的に「これだ」と思った構文に当てはめて文を作り、余った語は存在しなかったことになるようです。

Google翻訳だと、下のようになりました。

 また、加圧による血流の制限は、筋肉から除去されにくい筋肉の乳酸の蓄積を行う。

訳はおかしいですが、こちらは一応すべて入っています。
(本来の翻訳というのは、単語の1:1の置き換えではないため、そういう意味で、翻訳ソフトには限界があります。)

なお、翻訳ソフトの名誉のために付け加えておくと、日々、改良がなされています。
ある時点で生じていた障害も、将来的には解消されている可能性は十分にあるでしょう。

このコラムの意図は、翻訳ソフトの訳抜けを指摘(あるいは問題視)することではなく、そういうことも有り得ると知った上で使う必要がある、というところにあります。
くれぐれも、その点は誤解のないようにお願いします。

特に、たとえば「翻訳用」ではなく「見直し支援用」として活用すれば、翻訳ソフトには非常に便利な側面がありますから、無碍に切り捨てることもないでしょう。
訳抜けが有り得るなら、有り得るという前提で活用方法を考えればよい、ということですね。

この記事を書いたプロ

有限会社サグラーシェ

通訳・翻訳 水野麻子

東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL:0422-38-5035

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著作・講演など

■著書・『語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ―どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく』 (講談社 2010.2;現在6刷)・『大人のための「超手抜き」英語勉強法』...

メディア掲載
ジャパンタイムズ

Japan Times(2002/2/18)TRANSLATION AND INTERPRETATION(6面) 特許翻訳業界の現状と将来の展望に関する記事です。英日翻訳で10,000ワード/日(※)の処理速度や、方法...

 
このプロの紹介記事
特許翻訳のノウハウは自著などで公開。

9つの言語で特許翻訳を手がけた経験がある(1/3)

 特許翻訳のスペシャリストとして活躍中の水野麻子さん。この道22年のベテランです。玩具、食品、電気、機械、化学、最先端のバイオやITなど、手がける特許翻訳は多岐にわたります。かなり専門性の高い内容でも、その完成度が高い仕事ぶりが水野さんの強...

水野麻子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

完成度の高い特許翻訳をスピーディーに行う

会社名 : 有限会社サグラーシェ
住所 : 東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL : 0422-38-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-38-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水野麻子(みずのあさこ)

有限会社サグラーシェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
科学技術英語 1700万語のコーパス
イメージ

サイト側のモバイル対応の有無を検索順位決定に使うGoogleの仕様変更や、サイト運営者によるSEO対策、機械翻訳コン...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

誤訳訂正制度があるから安心?

日本では、平成6年の改正特許法(7年7月1日施行)で外国語書面出願制度が導入されました。同時に、翻訳文の...

[ 特許明細書 ]

政府の権利 珍訳・迷訳の原因は?

ときどき、英文明細書の冒頭に「Government Rights」の記載がなされていることがあります。発明(の少なくとも一...

[ 特許明細書 ]

複数のWord/Excel文書をまとめてPDFに
イメージ

WordやExcelで作成した複数の文書ファイルを、一括でPDFに変換したいという需要はわりとあるようです。それも、...

[ 各種ソフトウェア ]

アスタミューゼを使った「誤訳」判断

「世界中の課題を解決し、未来を創る人のプラットフォーム」であることを掲げたastamuse(アスタミューゼ)という...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ