コラム

 公開日: 2014-02-24  最終更新日: 2015-04-12

frolickingって、どんな動き?

特許翻訳を手がけるようになって22年目ですが、特許以外の仕事をすることも、ときどきありました。
そのひとつが、書籍『幸せへのキセキ』の監訳です。
これは、20世紀フォックスが2012年に全国ロードショウを展開していたハリウッド映画の原作本。
映画では脚色がかなりなされていましたが、書籍のほうは実話です。

その監訳にあたって、特許翻訳では無縁だった言葉に膨大な量で出会いました。
もともと、探偵さながらに「足で調べる」タイプの翻訳スタイルを採っていますが、このときは輪をかけて外に出ています。

たとえば・・・Frolicking otters。
翻訳者が選んだ表現は、「浮かれ騒ぐカワウソ」でした。
そして手元の辞書には、たとえば次のような定義が載っています。

frolic / When animals or children frolic, they run around and play in a lively way.
(コウビルド英語学習辞典)

frolic / to play and jump around happily
(LONGMAN DICTIONARY OF CONTEMPORARY ENGLISH)

おおよその感じはつかめますが、これもカワウソの動きがわからないことには、判断しにくいですよね。
ということで、実物を見に行きました。

横浜市のズーラシアに、「ユーラシアカワウソ(Eurasian Otter)」が飼育されています。
ただし、カワウソはもともと、夜行性。
ズーラシアのウェブサイトに掲載された写真(→こちら)にも、遊んでいるシーンはありません。

昼間の開園時間内に出会えるかどうか自体が、「運次第」なのです。
まぁ、ズーラシアには他にも用事がありましたし、ひとまず行くだけ行ってみよう。
そう思って足を運び、カワウソの放飼場を覗いたとき、予想どおり(?)1匹も姿が見えませんでした。

山奥の渓流を模したエリアになっていて、人間は、2.5mくらい上から見下ろす形になります。
このため、茂みの中に潜っていたら、もう探すすべはありません。

ところが。
やはり昼間はダメなのかなと諦めかけたとき、放飼場の渓流で勢いよく水の跳ねる音がしたのです。
ふと下を見下ろすと、なんと2匹のカワウソが、元気にじゃれあって遊んでいる…。

神様に味方してもらったと、そう思った瞬間でした。


浮かれ騒ぐかわうそ

かわうそ

2匹は仲良しのようで、潜ったり上に出たり、クルクルまわりながら、とても楽しそう。
その動きはとても素早くて、何枚も写真を撮った中で、形を確認できるものはごくわずかでした。

本物のカワウソが、飼育場というより自然界そのままの中で動き回っている様子を、生まれて初めて見ました。
これは本当に、一種の感動体験です。
まさに、お祭りで浮かれ騒いでいるようでしたよ。

これがもし、たとえば仔イヌに対して「frolicking」が使われていたとして、同じ日本語でよいのかどうかは微妙です。
カワウソを眺めながら思ったのですが、地上で動物が走り回ったりじゃれたりする動きとは、明らかに違うから。

水中でのあの動きなら、浮かれ騒ぐという表現に照らしても、(少なくとも私には)違和感がない。
翻訳者が、どうやってこの表現に至ったのかは知りませんが、スッとなじみました。

じつは、『幸せへのキセキ』に絡む動物園めぐりでは、こういう「奇跡」のようなタイミングで動物たちの貴重な姿を見たことが、一度や二度ではありません。
ほんの数分あるいは数秒でも違っていたら、おそらく出会えなかったであろう場面です。

原題 We bought a zoo の映画が日本で「幸せへのキセキ」になったのは、作業を進めたずっとあとのほうですが、監訳をしたわたしにも多くのキセキを運んできてくれた、というわけです。

必要な情報に関しては手に入るまで何度でも動物園に足を運ぶつもりでいましたけれど、想像以上に「1日で片づいた」ことが多く、かなり助けられましたから。

かわうそ

この記事を書いたプロ

有限会社サグラーシェ

通訳・翻訳 水野麻子

東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL:0422-38-5035

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著作・講演など

■著書・『語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ―どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく』 (講談社 2010.2;現在6刷)・『大人のための「超手抜き」英語勉強法』...

メディア掲載
ジャパンタイムズ

Japan Times(2002/2/18)TRANSLATION AND INTERPRETATION(6面) 特許翻訳業界の現状と将来の展望に関する記事です。英日翻訳で10,000ワード/日(※)の処理速度や、方法...

 
このプロの紹介記事
特許翻訳のノウハウは自著などで公開。

9つの言語で特許翻訳を手がけた経験がある(1/3)

 特許翻訳のスペシャリストとして活躍中の水野麻子さん。この道22年のベテランです。玩具、食品、電気、機械、化学、最先端のバイオやITなど、手がける特許翻訳は多岐にわたります。かなり専門性の高い内容でも、その完成度が高い仕事ぶりが水野さんの強...

水野麻子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

完成度の高い特許翻訳をスピーディーに行う

会社名 : 有限会社サグラーシェ
住所 : 東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL : 0422-38-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-38-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水野麻子(みずのあさこ)

有限会社サグラーシェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
科学技術英語 1700万語のコーパス
イメージ

サイト側のモバイル対応の有無を検索順位決定に使うGoogleの仕様変更や、サイト運営者によるSEO対策、機械翻訳コン...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

誤訳訂正制度があるから安心?

日本では、平成6年の改正特許法(7年7月1日施行)で外国語書面出願制度が導入されました。同時に、翻訳文の...

[ 特許明細書 ]

政府の権利 珍訳・迷訳の原因は?

ときどき、英文明細書の冒頭に「Government Rights」の記載がなされていることがあります。発明(の少なくとも一...

[ 特許明細書 ]

複数のWord/Excel文書をまとめてPDFに
イメージ

WordやExcelで作成した複数の文書ファイルを、一括でPDFに変換したいという需要はわりとあるようです。それも、...

[ 各種ソフトウェア ]

アスタミューゼを使った「誤訳」判断

「世界中の課題を解決し、未来を創る人のプラットフォーム」であることを掲げたastamuse(アスタミューゼ)という...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ