コラム

 公開日: 2015-01-26 

登坂能力の謎を解く

gradeabilityとgradability、同じ単語?違う単語?」からの続きです。

昨日、Weblio上の複数の辞書にあるgradability=登坂能力は誤用ではないかという話を書きました。
これについて、いくつかの角度から検討してみます。

【事実】
■研究社『新英和大辞典』第6版
gradeability (自動車の坂に対する)登坂(とはん)能力
gradability 「等級づけができること」「【文法】程度表示可能性」

■Merriam-Webster
gradeability the steepness of grade that a motor vehicle is capable of climbing at efficient speed
gradability なし
※ただし、形容詞gradableは動詞gradeの派生語として掲載あり

【検討】
ここで、英語の接辞を思い出してください。
-able  動詞・名詞などに付いて形容詞をつくる:訳は「~できる」など「可能」の意味。
-ability -ableで終わる形容詞から名詞をつくる:この場合の意味合いは、「可能」

新英和大辞典のgradabilityにある等級づけが「できる」、程度表示「可能性」は、まさにこれです。
動詞/名詞のgradeに、接辞-abilityがついていると考えられます。

同じ辞書でgradableを引くと、形容詞として
 1 等級[等格]づけ可能な.
 2 【文法】 〈形容詞・副詞が〉段階的な《程度の違いを比較級や very を付けることによって表せる》.
 ・a gradable adjective 段階的形容詞.
とあります。
eのないgradabilityは、grade--gradable--gradabilityの派生ですね。
このため、意味の含みは「~できる」になりますが、登坂能力は「~できる」ではなく「能力」です。

さて。
英語の造語法で最も多いのは、既存の語に接辞を加える派生と、既存の2以上の語の結合または連結による合成だと言われています。
今回はgrade+abilityの合成だと考えれば、「能力」の意味でも違和感は生じません。

じつは、洋書や英語論文などの学術資料をあたると、登坂能力を示す語としてgrade abilityと「2語で」書かれたものが結構あります。特に、古い資料に多いです。
Weblioに収録されている辞書でも、この2語を訳語として掲載しているものがありました。

研究社の大英和辞典によれば、gradeabilityは1952年に登場した用語のようです。
2語のgrade abilityは、これより古い文献にも使用例があります。

【推測】
ここから先は、推測です。
登坂能力はもともと、grade abilityと2語で構成されていた。
これが時代がくだるにつれて連結造語として変化して、gradeabilityとして定着した。
grade + -ableからの派生語ではないため、Websterでは、独立した単語として収録したのではないか。

【結論】
以上の点をすべて考慮すると、eのないgradability=登坂能力は誤用と言ってよいだろうと思います。
これはやはり、gradeabilityでしょう。

なお、洋書でも、登坂能力を示すと思われる場面でeのないgradabilityの使用例は多数存在します。
ただし、たとえばGoogle Booksで
 gradability vehicle
と検索すると、英語圏以外の言語圏・地域で出版された書籍や、英語圏で出版されていても著者が中国・韓国系やアラブ系、東欧・北欧系と思われる名前の書籍が、相当にあるのです。
この状況に照らすと、登坂能力にgradabilityを使っても100%完全な誤訳とは言えないかもしれません。
でも、あえてeを抜く理由は、見当たらないと思います。

【補足】
Weblioで登坂能力を引くと、gradeability、gradablity、grade abilityの他に、
hill-climbing ability,hill climbing ability,climbing ability,ascending ability
といった表現が出てきます。

調べていくと、Gradeability is a measure of the hill-climbing ability of a vehicle.と記載した資料があったり、自動車の仕様チェック項目でgradeabilityとhill-climbing abilityを別々に掲載した資料があったりします。
つまり、両者は完全に同じものを指しているわけではないようです。
また、ネット上には「登坂性能」と「登坂能力」を同義に扱っているとみられる用語集もありましたが、両者は異なります。
この点も、併せて記しておきます。

関連記事

gradeabilityとgradability、同じ単語?違う単語?

この記事を書いたプロ

有限会社サグラーシェ

通訳・翻訳 水野麻子

東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL:0422-38-5035

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著作・講演など

■著書・『語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ―どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく』 (講談社 2010.2;現在6刷)・『大人のための「超手抜き」英語勉強法』...

メディア掲載
ジャパンタイムズ

Japan Times(2002/2/18)TRANSLATION AND INTERPRETATION(6面) 特許翻訳業界の現状と将来の展望に関する記事です。英日翻訳で10,000ワード/日(※)の処理速度や、方法...

 
このプロの紹介記事
特許翻訳のノウハウは自著などで公開。

9つの言語で特許翻訳を手がけた経験がある(1/3)

 特許翻訳のスペシャリストとして活躍中の水野麻子さん。この道22年のベテランです。玩具、食品、電気、機械、化学、最先端のバイオやITなど、手がける特許翻訳は多岐にわたります。かなり専門性の高い内容でも、その完成度が高い仕事ぶりが水野さんの強...

水野麻子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

完成度の高い特許翻訳をスピーディーに行う

会社名 : 有限会社サグラーシェ
住所 : 東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL : 0422-38-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-38-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水野麻子(みずのあさこ)

有限会社サグラーシェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
科学技術英語 1700万語のコーパス
イメージ

サイト側のモバイル対応の有無を検索順位決定に使うGoogleの仕様変更や、サイト運営者によるSEO対策、機械翻訳コン...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

誤訳訂正制度があるから安心?

日本では、平成6年の改正特許法(7年7月1日施行)で外国語書面出願制度が導入されました。同時に、翻訳文の...

[ 特許明細書 ]

政府の権利 珍訳・迷訳の原因は?

ときどき、英文明細書の冒頭に「Government Rights」の記載がなされていることがあります。発明(の少なくとも一...

[ 特許明細書 ]

複数のWord/Excel文書をまとめてPDFに
イメージ

WordやExcelで作成した複数の文書ファイルを、一括でPDFに変換したいという需要はわりとあるようです。それも、...

[ 各種ソフトウェア ]

アスタミューゼを使った「誤訳」判断

「世界中の課題を解決し、未来を創る人のプラットフォーム」であることを掲げたastamuse(アスタミューゼ)という...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ