コラム

 公開日: 2015-01-25  最終更新日: 2015-01-26

gradeabilityとgradability、同じ単語?違う単語?

最初にお断りしておくと、今回に関しては(オンライン辞書の誤訳カテゴリに入れてはいますが)本当に誤訳なのか、100%クリアになっているわけではありません。
そういうつもりで、読み進めてください。

gradeabilityという単語があり、Websterには「the steepness of grade that a motor vehicle is capable of climbing at efficient speed」と定義されています。
そして研究社の『新英和大辞典』第6版には、名詞として「(自動車の坂に対する)登坂(とはん)能力」という訳が載っています。
Weblioをインタフェースとしている各種の辞書でも「登坂能力」で、若干、グレードアビリティが併記され・・・。

グレードアビリティという表現が正しいかどうかはともかく、ここまでは、まだ良いのです。
問題は、eをひとつ抜いたgradabilityという単語です。
同じ研究社の『新英和大辞典』第6版に、登坂能力とは「別の名詞」として「等級づけができること」「【文法】程度表示可能性」と訳が載っているのに対し、Weblioではeがあってもなくても関係なく、登坂能力が訳語として出てきます。
そしてWebsterに、gradabilityは掲載されていません。

では、Googleで
 gradability 登坂能力 -gradeability 【1】
 gradeability 登坂能力 -gradability 【2】
として検索すると、どうなるでしょう。

多くの場合、検索結果の上位にオンライン辞書がヒットする語は「誤り」です。
ところが今回は、1と2のどちらのパターンで検索しても上位がオンライン辞書になるため、この観点での比較はできませんでした。

1で検索してヒットする41件には、株式会社関東機械センター、三菱重工といった企業のコンテンツに加えて、社団法人日本建設機械化協会規格の用語集(履帯式建設リサイクル機械用語)、自動車技術会の出版物紹介などがあります。

2で検索してヒットする37件には韓国語や中国語が多く、一見するとこちらが間違いのような気もしますが、
日本建設機械化協会規格の用語集(高所作業車用語、不整地運搬車用語)のほか、「JIS B 0146-1:2000 クレーン用語」が入っているのですね。

さらに、大英和辞典の訳語から
 gradability "等級" -gradeability
 gradability "程度表示" -gradeability
もGoogle検索を試してみました。結果、英語と日本語の対応関係を示す有意な結果は認められません。

参考までに、大英和辞典の程度表示可能性という訳に【文法】という断り書きがついていたため、
 gradability 文法
という検索をしてみたところ、「段階性」という訳が出てきました。これを受けて
 gradability "段階性" -gradeability
とすると、ようやく検索結果の上位がオンライン辞書ではなく論文になります。

逆に
 gradeability "段階性" -gradability
では、何もヒットしません。
このことから、文法用語限定ではありますが、gradability=段階性だろうと考えられます。

分野が変われば、同じ単語に異なる訳が対応することは、よくあります。
このため、以上の結果をもって、gradability=登坂能力を「誤訳」だと断言する根拠にはなりません。

ただ、大英和辞典の内容に照らしてもgradeabilityとgradabilityは別の単語で、「登坂能力」にeのないgradabilityを対応させるのは、誤用・・・・では?
もちろん、印刷版の英和辞典が常に絶対に正しいとは言い切れませんよ。
言い切れませんが、eなしの登坂能力は、かぎりなく誤用ニアイコールではないかと。

以上、こういうこともあるという例のひとつとして、取り上げてみました。
登坂能力の謎を解く」で、誤用と思われる根拠をさらにあげています。併せて参照してください。

関連記事

登坂能力の謎を解く

この記事を書いたプロ

有限会社サグラーシェ

通訳・翻訳 水野麻子

東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL:0422-38-5035

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著作・講演など

■著書・『語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ―どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく』 (講談社 2010.2;現在6刷)・『大人のための「超手抜き」英語勉強法』...

メディア掲載
ジャパンタイムズ

Japan Times(2002/2/18)TRANSLATION AND INTERPRETATION(6面) 特許翻訳業界の現状と将来の展望に関する記事です。英日翻訳で10,000ワード/日(※)の処理速度や、方法...

 
このプロの紹介記事
特許翻訳のノウハウは自著などで公開。

9つの言語で特許翻訳を手がけた経験がある(1/3)

 特許翻訳のスペシャリストとして活躍中の水野麻子さん。この道22年のベテランです。玩具、食品、電気、機械、化学、最先端のバイオやITなど、手がける特許翻訳は多岐にわたります。かなり専門性の高い内容でも、その完成度が高い仕事ぶりが水野さんの強...

水野麻子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

完成度の高い特許翻訳をスピーディーに行う

会社名 : 有限会社サグラーシェ
住所 : 東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL : 0422-38-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-38-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水野麻子(みずのあさこ)

有限会社サグラーシェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
科学技術英語 1700万語のコーパス
イメージ

サイト側のモバイル対応の有無を検索順位決定に使うGoogleの仕様変更や、サイト運営者によるSEO対策、機械翻訳コン...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

誤訳訂正制度があるから安心?

日本では、平成6年の改正特許法(7年7月1日施行)で外国語書面出願制度が導入されました。同時に、翻訳文の...

[ 特許明細書 ]

政府の権利 珍訳・迷訳の原因は?

ときどき、英文明細書の冒頭に「Government Rights」の記載がなされていることがあります。発明(の少なくとも一...

[ 特許明細書 ]

複数のWord/Excel文書をまとめてPDFに
イメージ

WordやExcelで作成した複数の文書ファイルを、一括でPDFに変換したいという需要はわりとあるようです。それも、...

[ 各種ソフトウェア ]

アスタミューゼを使った「誤訳」判断

「世界中の課題を解決し、未来を創る人のプラットフォーム」であることを掲げたastamuse(アスタミューゼ)という...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ