コラム

 公開日: 2014-05-12  最終更新日: 2014-11-23

要注意!9種類の「偽」ハイフン

Wordの「消えてしまう」ハイフンとの関連です。

昨日のハイフンは、テキストエディタに貼り付けると消えてしまいますが、編集記号を表示するモードにしておけば、グレーになるので目視確認可能です。

一方、本日の類似文字は、すべて通常の文字色で表示されます。
テキストエディタに貼り付けても残るので、知らないと気づかないケースのほうが多いでしょう。

翻訳会社によっては、英日翻訳の発注書に「ハイフンには全角ハイフンを!」との旨の注意書きをしているところまであるほど、非常に困り者で厄介な文字なのです。

こうした注意書きがなされる背景には、文献の引用部分など翻訳の必要がない部分で、単純に「文字種の変換」で半角→全角変換しているだけの翻訳者が増えたからでしょう。

この方法だと、納品データに不適切な文字が混在しかねません。

なぜかというと、Wordには、「全角ハイフン」「半角ハイフン」以外に似たような文字が、最低でも9つあるからです。
(2年前にブログで同様の話を書いたときは8種類でした。その後もうひとつ見つけたので9です。)

このような文字を、ひとまずまとめて「偽ハイフン」と呼ぶことにします。
下の画像を、ご覧ください。
すべて同じ条件で画像を取得していますので、長さ・太さの違いを確認して頂けると思います。

ハイフン
類似文字

正しい半角ハイフンは、Wordでは HYPHEN-MINUS と呼ばれています。
16進ユニコードでの文字コードは、002Dです。
正しい全角ハイフンは、FULLWIDTH HYPHEN-MINUSで、コードはFF0D。

以下、偽ハイフンの「ほんとうの」名前を、左から順にあげておきます。
括弧の中は、文字コードです。

SOFT HYPHEN (00AD)
HYPHEN (2010)
NON-BREAKING HYPHEN (2011)
FIGURE DASH (2012)
EN DASH (2013)
EM DASH (2014)
HORIZONTAL BAR (2015)
HYPHEN BULLET (2043)
MINUS SIGN (2212)

このうち、Wordの文字種の変換で変換される文字は、「ありません」。
範囲選択をして「全角」を選んでも、何も変わらずそのままの文字が残ります。
また、通常のハイフンで検索しても、文字コードが違うためヒットしません。

9つの中には「ハイフン」というそのものズバリの名前の文字もあります。
「マイナス記号」というのも、ありますね。
どちらも、海外からのデータには頻繁に混じっています。
でも、半角ASCII文字のハイフンは、あくまでHYPHEN-MINUS でコード002D。

ASCIIの文字は0020~007Eまでですので、英訳の際には、この範囲から外れる文字をできるだけ使わないようにすることも重要です。
どうしても何かで使用しなければならないときは、ハイライトを付すなど、発注元の注意を喚起するとよいでしょう。

最近のWordなら文字化けの原因になることは少ないとは思いますが、環境次第では絶対とは言えません。
たかがハイフン、されどハイフンなのですね。

なお、ワードプログラマーの新田順也さんが、ハイフン対応のマクロを公開なさっています。
こういうものを使って対処するのも、ひとつですね。
様々な半角ハイフンを通常の半角ハイフンに置換するマクロ

関連記事

4種類もある、欧文「℃」記号
18種類の「空白」文字
Wordの「消えてしまう」ハイフン
同じようで違う、Wordのギリシャ文字

この記事を書いたプロ

有限会社サグラーシェ

通訳・翻訳 水野麻子

東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL:0422-38-5035

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著作・講演など

■著書・『語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ―どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく』 (講談社 2010.2;現在6刷)・『大人のための「超手抜き」英語勉強法』...

メディア掲載
ジャパンタイムズ

Japan Times(2002/2/18)TRANSLATION AND INTERPRETATION(6面) 特許翻訳業界の現状と将来の展望に関する記事です。英日翻訳で10,000ワード/日(※)の処理速度や、方法...

 
このプロの紹介記事
特許翻訳のノウハウは自著などで公開。

9つの言語で特許翻訳を手がけた経験がある(1/3)

 特許翻訳のスペシャリストとして活躍中の水野麻子さん。この道22年のベテランです。玩具、食品、電気、機械、化学、最先端のバイオやITなど、手がける特許翻訳は多岐にわたります。かなり専門性の高い内容でも、その完成度が高い仕事ぶりが水野さんの強...

水野麻子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

完成度の高い特許翻訳をスピーディーに行う

会社名 : 有限会社サグラーシェ
住所 : 東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL : 0422-38-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-38-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水野麻子(みずのあさこ)

有限会社サグラーシェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
科学技術英語 1700万語のコーパス
イメージ

サイト側のモバイル対応の有無を検索順位決定に使うGoogleの仕様変更や、サイト運営者によるSEO対策、機械翻訳コン...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

誤訳訂正制度があるから安心?

日本では、平成6年の改正特許法(7年7月1日施行)で外国語書面出願制度が導入されました。同時に、翻訳文の...

[ 特許明細書 ]

政府の権利 珍訳・迷訳の原因は?

ときどき、英文明細書の冒頭に「Government Rights」の記載がなされていることがあります。発明(の少なくとも一...

[ 特許明細書 ]

複数のWord/Excel文書をまとめてPDFに
イメージ

WordやExcelで作成した複数の文書ファイルを、一括でPDFに変換したいという需要はわりとあるようです。それも、...

[ 各種ソフトウェア ]

アスタミューゼを使った「誤訳」判断

「世界中の課題を解決し、未来を創る人のプラットフォーム」であることを掲げたastamuse(アスタミューゼ)という...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ