プロTOP:水野麻子プロのご紹介

9つの言語で特許翻訳を手がけた経験がある(1/3)

特許翻訳のノウハウは自著などで公開。

緻密な調べもので完成度の高い仕事が可能

 特許翻訳のスペシャリストとして活躍中の水野麻子さん。この道22年のベテランです。玩具、食品、電気、機械、化学、最先端のバイオやITなど、手がける特許翻訳は多岐にわたります。かなり専門性の高い内容でも、その完成度が高い仕事ぶりが水野さんの強みです。それを支えているのが問題解決能力。「わからない言葉があるときは、わかるまで徹底して調べ上げる」のが水野さん流です。

 専門図書館へ足を運んだり、書店で専門書を購入するのは当たり前。必要があれば、学会から論文を取り寄せます。関連する業者に問い合わせることもしばしばです。「エアバックについて調べるために、自動車ディーラーのメカニックを‘直撃取材’したこともある(笑)」と言います。特許翻訳者になって2年半で購入した専門書は、なんと1400冊! 一件の翻訳のために数万円の専門書を何冊も購入し、そのときの専門書購入額が、受け取った翻訳料をオーバーしたこともあるとか。インターネットでさまざまな検索が可能になった今でも、専門書を求めて図書館や書店へ行く、それでもわからないことは専門家に取材をするといった問題解決のスタイルは変わりません。

 これだけの作業を行っても、1万ワードであれば、一件の翻訳にかかる日数は1~3日。スピーディーに仕上げることも水野さんの得意とするところです。その秘訣は、「全体を把握してから、わかるところから翻訳を始めること。すると、わからなかった箇所も何が書いてあるのか見当がつく。悩む時間が減って、効率的に作業が進められる」と話します。さらに作業のスピード化を目的としたマクロプログラムやテキスト比較ツールなどの開発も行ってきました。顧客の要望以上の成果を出すために、あらゆる手を尽くすのも水野さんのやり方なのです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 未経験で特許翻訳者として独立

最近投稿されたコラムを読む
著作・講演など

■著書・『語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ―どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく』 (講談社 2010.2;現在6刷)・『大人のための「超手抜き」英語勉強法』...

メディア掲載
ジャパンタイムズ

Japan Times(2002/2/18)TRANSLATION AND INTERPRETATION(6面) 特許翻訳業界の現状と将来の展望に関する記事です。英日翻訳で10,000ワード/日(※)の処理速度や、方法...

水野麻子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

完成度の高い特許翻訳をスピーディーに行う

会社名 : 有限会社サグラーシェ
住所 : 東京都西東京市新町4-1-3-601 [地図]
TEL : 0422-38-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-38-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水野麻子(みずのあさこ)

有限会社サグラーシェ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
科学技術英語 1700万語のコーパス
イメージ

サイト側のモバイル対応の有無を検索順位決定に使うGoogleの仕様変更や、サイト運営者によるSEO対策、機械翻訳コン...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

誤訳訂正制度があるから安心?

日本では、平成6年の改正特許法(7年7月1日施行)で外国語書面出願制度が導入されました。同時に、翻訳文の...

[ 特許明細書 ]

政府の権利 珍訳・迷訳の原因は?

ときどき、英文明細書の冒頭に「Government Rights」の記載がなされていることがあります。発明(の少なくとも一...

[ 特許明細書 ]

複数のWord/Excel文書をまとめてPDFに
イメージ

WordやExcelで作成した複数の文書ファイルを、一括でPDFに変換したいという需要はわりとあるようです。それも、...

[ 各種ソフトウェア ]

アスタミューゼを使った「誤訳」判断

「世界中の課題を解決し、未来を創る人のプラットフォーム」であることを掲げたastamuse(アスタミューゼ)という...

[ 訳語調べ&情報収集 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

水野麻子のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は水野麻子さんが更新している外部メディアサイトです。

twitter
Twitter
2016-12-08
facebook
Facebook
ページの先頭へ