コラム一覧 :足と靴

31件~45件(569件)

新しいの15件

過去の15件

タコ

イメージ

足裏や足の小指の脇などにタコが出来て困るというご婦人の「足のカウンセリング」を承りました。タコの出来る場所で一番多いと思われるのは、足裏の親指の付け根と親指の脇ですね。次に多いと思われるのが、足裏の2番目、もしくは3番目の指の付け根辺りでしょうか?そして、このご婦人のよ... 続きを読む

足と靴

2016-08-06

シンスプリント

イメージ

脛骨に沿っての痛みを訴える男性がご来店されました。ランニングをされる方によく出る痛みで、脛骨の下3分の1ぐらいのところが痛くなり易いとされています。この部分は骨に筋肉が強く付着している部分であることから、オーバーワークで炎症を起こす事があるため、「シンスプリント」と言われて... 続きを読む

足と靴

2016-08-01

種子骨炎

イメージ

先日、整形外科で種子骨炎と診断された方がご来店されました。「てっきり痛風だと思っていたら、全然違ってたんです。」とご婦人。「そうなんですよねえ、痛風の痛みと似ているので内科で検査される方も多いんですよ・・・」と私。親指の付け根の骨の下には2つの種子骨という豆状の骨があ... 続きを読む

足と靴

2016-07-30

有痛性外脛骨

イメージ

「外脛骨」は本来なら退化して存在しない余分な過剰骨なのですが、5人に1人程度の割合で存在する事が確認されています。その中でも痛みを伴う外脛骨が「有痛性外脛骨」です。扁平足の方や足首が体の内側に倒れ込むような「足首の回内」になり易い方は、土踏まずに荷重が掛かり易くなって... 続きを読む

足と靴

2016-07-28

土踏まずに代表される足のアーチ構造

イメージ

成長と共に、足には3つのアーチ構造が形成されます。足の内側の縦アーチ(土踏まず)、足の横アーチ、そして足の外側の縦アーチです。足のアーチ構造は言わば板バネのような役割をして、地面から受ける衝撃や足に掛かる荷重の負荷をクッションのように吸収分散する機能を果たしていま... 続きを読む

足と靴

2016-07-27

意欲は分かるのですが・・・

イメージ

最近、朝方や晩にウォーキングをしている高齢者を見かける事があります。比較的若い世代の方はジョギングをされていることが多く、それなりの服装と靴で取り組んでおられますが、高齢の方の中には服装はそれなりでも、靴の選択がどうかな?っと思われる方を時々見かけます。ウォーキングシュー... 続きを読む

足と靴

2016-07-21

関節リウマチのご婦人がサンダルを作りにご来店されました

イメージ

遠方にお住いのご婦人が、当相談室の近くに住んでいらっしゃる妹さんのご紹介でご来店されました。このご婦人は関節リウマチを患っていらっしゃるのですが、幸いにも大きな変形に至る前に抗リウマチ薬が効いたそうで、多少の足首の変形と膝の痛みが残ったものの、それなりに日常生活を送られてい... 続きを読む

足と靴

2016-07-18

建物の土台がどうなっているか?気になりませんか?

イメージ

足は体をバランスよく支える土台骨です。足に掛かる体の荷重の負荷に耐えながら地面にしっかりと根を下ろしつつ、体を安定的に支え且つ移動させる足は、まさに人の自立を左右する土台として重要な役割を持つ器官なのです。建物に例えるなら、まさに土台柱です。もしも建物の土台が脆弱ならば... 続きを読む

足と靴

2016-07-14

慣れ親しんだ感覚がトラブルの原因・・・?

イメージ

巻き爪と陥入爪と外反母趾で悩んでいらっしゃるご婦人。足長を計測すると右24,5cm、左24,7cmでした。ところが、履いている靴のサイズは24,0cmの柔らかい革のスリップオンのモカシンの靴でした。「靴のサイズが小さいですよ。この靴だとつま先が靴先に圧迫されるので、... 続きを読む

足と靴

2016-07-07

問題の本質を見極める・・・

イメージ

東京都知事選の候補者選びの話題が盛んな今日この頃。舛添氏が知事を辞任したら次の知事選挙の候補者の話題に関心が移り、政治資金の公私混同問題や都の歳費の使途に対する問題の本質はどこへやら・・・。ザル法というよりもバケツの底が抜けたような政治資金規正法の問題点や慣例や慣習に則っ... 続きを読む

足と靴

2016-07-05

長年のお悩みの深さを、改めて感じました

イメージ

70代前半のご婦人の「足のカウンセリング」を始めさせて頂いた時の事です。「まず、私の話を聞いて下さいな・・・。」とご婦人がおっしゃられるので、「はい、何でしょうか?」とお尋ねすると、おおよそ30分ほどの時間で語られたお話は、今までのご自身の足と靴の悩みと、訪れた医療機関、靴... 続きを読む

足と靴

2016-07-02

外反拇趾、足裏の痛み、膝の痛みの原因

イメージ

当相談室にご来店される方の中には、「靴を探しているの」と言われる方が少なからずいらっしゃいます。そこで、「どんなお靴を探していらっしゃるのですか?」とお尋ねすると、「外反母趾が酷いから・・・」とか、「足の裏が痛いから・・・」とか、「膝が痛いから・・・」という足に対するお悩み... 続きを読む

足と靴

2016-06-24

ウォーキングの目安は一日8000歩

イメージ

今までの基準では一日10.000歩が健康に良いウォーキングの目安とされていましたが、最新の研究結果によると、一日8.000歩以上歩いても健康効果はそれ以上変わらないという報告が明らかにされました。また、ウォーキングは日光を浴びる中で取り組む事が骨粗鬆症に対して効果が上がるのだ... 続きを読む

足と靴

2016-06-17

靴に足を合わせるか、足に靴を合わせるか・・・

イメージ

初めてご来店頂いた50代後半の女性。今まで、どんな靴を購入しても足に合わなかったそうです。「うーん、ご自分では慎重に靴を選んでいると思われていても、結局はご自身の感覚で靴を選んでしまいますので、酷な言い方ですけど、靴に足を合わせているような状況が続いていたのだと思いますよ... 続きを読む

足と靴

2016-06-02

カジュアルな装いがお似合いの季節になりました

イメージ

カジュアルな装いが老若男女に拡がっていますね。60代を過ぎたシニアの方々にもスポーティでカジュアルな装いがすっかり定着してきています。女性でもパンツ姿の方が多く、逆にスカートの方が少数派になってきています。そんな中、スニーカータイプの高機能な靴、よりカジュアルなウォーキ... 続きを読む

足と靴

2016-05-28

31件~45件(569件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
お客様の声
今年の私のサンタさんへ

11月14日に靴を購入した者です。その際には、いろいろありがとうございました。出掛ける時は、いつもこの靴です。今年は一段と美しい紅葉を眺めて、前には考えられな...

サービス・商品

 
このプロの紹介記事
主役は“足”。靴は足を守るための道具

ドイツ整形靴技術+健康靴で、 足の骨格のゆがみ・痛みを改善し、足の健康を守る(1/3)

 「靴っていうのは、足を守るための道具なんですよ」と語るのは、足と靴の相談室・有限会社ロビンフットを経営する小黒健二さん。店内には、日本人の足を考え、解剖学・医学的根拠に基づいて開発された健康靴が並びます。 顧客の大半は50歳代以上の女性...

小黒健二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足の痛みの原因を分かり易く解説。テストシューズの体験で納得。

会社名 : 有限会社ロビンフット
住所 : 神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL : 045-989-4807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-989-4807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の痛みと履きたいデザインの狭間に揺れる女性の気持ち・・・
イメージ

「素敵なパンプスが履きたい!」と思いながらも、足の痛みに悩み続けて未だに願いが叶わないという30代前半のキ...

[ 足と靴 ]

外反母趾からリウマチ足まで「整形靴技術」で足をサポート
イメージ

 運動不足や病気や怪我が原因で足の筋力や機能が低下すると、体を支える土台である足骨格が不安定になり、足や足...

[ 足と靴 ]

足のトラブルの原因とその対処
イメージ

・外反母趾女性に多い外反母趾。その原因は足指が踏ん張るための筋力が低下して、親指と小指の付け根を結...

[ 足と靴 ]

足裏のアーチ構造は快適な2足歩行に欠かせない機能を担っています。
イメージ

健康な足であれば、足裏には3つのアーチ構造が形成され、足の機能をサポートすると同時に足のクッションとして重...

[ 足のアーチ構造 ]

中足骨骨頭部痛(ちゅうそつこつこっとうぶつう)と角質やタコ、魚の目の形成 その3
イメージ

足の指先がオープンになる草鞋や下駄と違い、足の指先を保護して覆う形状の靴には、足に合わせるための大事な原則...

[ 足裏の痛み ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ