コラム一覧 :足と靴

1件~15件(569件)

過去の15件

足のトラブルの原因とその対処

イメージ

・外反母趾女性に多い外反母趾。その原因は足指が踏ん張るための筋力が低下して、親指と小指の付け根を結ぶ線上に形成されていた足の横アーチが潰れて扁平になり、足の横幅が広がる「開張足」になっていく事から始まります。足の横幅は広がり続けるのに、逆に指先はスリムなデザインの靴... 続きを読む

足と靴

2017-11-21

足のサイズと靴のサイズ

イメージ

当相談室で「足のカウンセリング」をお承りした際に、足長や横幅を計測するのですが、実際の足のサイズと普段履かれている靴のサイズが大きく異なっている方が多数いらっしゃいます。例えば、足長が23.2cmという結果が出ると、「えっ?今履いているのは24.5cmだけど、24cmの靴だと... 続きを読む

足と靴

2017-10-26

リスフラン関節炎

イメージ

リスフラン関節炎とは、足の甲のリフスラン関節と呼ばれる骨の組み合わせ部分に捩れる力が働く事によって足の甲に痛みが生じるという障害です。このような足の甲の痛みの多くは、外反母趾や扁平足の方に起こり易いという傾向が見られます。その理由は、歩く際の親指の蹴り出しの力や踏ん張る力... 続きを読む

足と靴

2017-10-23

何を基準に選んだら良いの?

イメージ

このところ毎日のように衆議院の解散総選挙の話題で盛り上がっていますね。でも、何を目的とした解散か?とか、何を争点に何を選択基準にして投票したら良いの?とか、判断のための報道や情報や議論が低調なままなので、私たち有権者にとっては混沌とした選挙戦を迎えそうです。与党が、ブ... 続きを読む

足と靴

2017-10-06

オーダーインソールさえ作れば、足のトラブルが解消するのか?

イメージ

オーダーインソールという靴に入れて足をサポートする中敷きをご存知ですか?最近の気になる傾向として、オーダーインソールさえ作れば、足のトラブルを解消して快適になると思っておられる方が増えているように感じるのです。20年以上、整形靴技術に基づく健康靴の製作をさせて頂いている立... 続きを読む

足と靴

2017-09-08

スポーツシューズとウォーキングシューズの違い

イメージ

当相談室に「足のカウンセリング」を受けに訪れる方が履いて来られる靴を見てみると、年々スポーツシューズを履かれている方の割合が増えてきているように感じます。ファッションがスポーツ化、カジュアル化する傾向が続く中、若い人だけでなく50代や60代、70代の方でもスポーツシューズを選ばれ... 続きを読む

足と靴

2017-06-05

夏のサンダルにご用心!

イメージ

真夏のような暑い日差しが感じられる今日この頃。女性はそろそろ夏の履物としてのサンダルに関心が向かう頃ですよね・・・。でも、そんなサンダルで足のトラブルを誘発してしまう事がありますので、慎重に選択して下さい。ヒールが高くて細いミュールやバックベルトサンダルは足元を引き締... 続きを読む

足と靴

2017-05-27

学生靴と足のトラブル

イメージ

毎年、4月の中頃前後から増える「足と靴の相談」の一つが学生靴=ローファーと足のトラブルに関するお悩みです。トラブルの多い順に、靴擦れ、巻き爪、陥入爪、外反母趾、内反小趾、足裏の痛みといったところでしょうか・・・。この時期は、新入生がローファーを履き始めて少し経った頃という事... 続きを読む

足と靴

2017-04-25

パンプスのように履いて歩ける健康靴

イメージ

ウォーキングに適した安定性のある靴底で、パンプスのように履いて歩けるオリジナル健康靴をご紹介します。マジックテープ式の折り返しネックベルトがしっかりと足と靴との一体性を保ちます。靴先の厚みが十分あるオブリークタイプのつま先デザインですので、外反母趾で少し指先が重なった方... 続きを読む

足と靴

2017-03-11

足のトラブルを歩いて改善へ導く健康靴 その2

イメージ

皆さんの中には大なり小なり足のトラブルを感じていらっしゃる方もおられることでしょう・・・。外反母趾であるとか、扁平足であるとか、タコや角質など、比較的良く知られた足のトラブルの場合であれば、なんとなく靴との関連性を意識するかもしれません。けれども膝や足裏や足首などの痛み... 続きを読む

足と靴

2017-03-03

足のトラブルを歩いて改善へ導く健康靴 その1

イメージ

運動不足の解消や健康維持のためのウォーキングが注目され、奨励されて久しいですね。最近の研究データによれば、一日一万歩ではなく8000歩が最適な運動量との見解が示され、ウォーキングの新たな目安となっています。一方、最新の調査によれば、外出する人が減っているのだそうで、インタ... 続きを読む

足と靴

2017-02-21

市販のインソールが足に合わないという訴え

イメージ

時々、「市販のインソールが足に合わないので調べて欲しい」というような相談をお受けする事があります。最近は通販でもインソールが手軽に購入できるようですが、それはそれで手軽さという点では意味のある事ではあります。しかし、手軽さばかりを追い求めると、結果的に質や期待した効果の面... 続きを読む

足と靴

2017-02-11

履いて歩くからこそ「健康靴」なんです

イメージ

「足のカウンセリング」に基づく健康靴の提供を始めて早20年・・・。50代で健康靴をお作りした方が、すでに70代になられているわけです。先日も16年前からお付き合いのあるご婦人の新しい健康靴をお作りしました。この方は歩くのが大好きな方なので、足の状態も16年前より良い状態を維... 続きを読む

足と靴

2017-02-07

セールスレディさんの悩み

イメージ

先日、近所にある生命保険会社のセールスレデイさんが来店されました。「アンケートをお願いできないでしょうか?」との事で来店されたのですが、既に生命保険や終身保険に加入しているので、丁寧にお断りしました。すると、「私事で恐縮なんですが・・・。」と言われ、足と靴との関係について... 続きを読む

足と靴

2017-01-28

トラブルの原因と向き合っても、トラブル解消への行動には移せない・・・

イメージ

最近、珍しく高校生と大学生の女子の「足のカウンセリング」を承りました。このお二人のケースに共通している足のトラブルは、外反母趾、内反小趾、足裏の痛みでした。原因は、普段履く靴と靴の履き方にありました。高校生はローファーで、大学生はローヒールのパンプスにより足のトラブルに... 続きを読む

足と靴

2017-01-22

1件~15件(569件)

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
お客様の声
今年の私のサンタさんへ

11月14日に靴を購入した者です。その際には、いろいろありがとうございました。出掛ける時は、いつもこの靴です。今年は一段と美しい紅葉を眺めて、前には考えられな...

サービス・商品

 
このプロの紹介記事
主役は“足”。靴は足を守るための道具

ドイツ整形靴技術+健康靴で、 足の骨格のゆがみ・痛みを改善し、足の健康を守る(1/3)

 「靴っていうのは、足を守るための道具なんですよ」と語るのは、足と靴の相談室・有限会社ロビンフットを経営する小黒健二さん。店内には、日本人の足を考え、解剖学・医学的根拠に基づいて開発された健康靴が並びます。 顧客の大半は50歳代以上の女性...

小黒健二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足の痛みの原因を分かり易く解説。テストシューズの体験で納得。

会社名 : 有限会社ロビンフット
住所 : 神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL : 045-989-4807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-989-4807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の痛みと履きたいデザインの狭間に揺れる女性の気持ち・・・
イメージ

「素敵なパンプスが履きたい!」と思いながらも、足の痛みに悩み続けて未だに願いが叶わないという30代前半のキ...

[ 足と靴 ]

外反母趾からリウマチ足まで「整形靴技術」で足をサポート
イメージ

 運動不足や病気や怪我が原因で足の筋力や機能が低下すると、体を支える土台である足骨格が不安定になり、足や足...

[ 足と靴 ]

足のトラブルの原因とその対処
イメージ

・外反母趾女性に多い外反母趾。その原因は足指が踏ん張るための筋力が低下して、親指と小指の付け根を結...

[ 足と靴 ]

足裏のアーチ構造は快適な2足歩行に欠かせない機能を担っています。
イメージ

健康な足であれば、足裏には3つのアーチ構造が形成され、足の機能をサポートすると同時に足のクッションとして重...

[ 足のアーチ構造 ]

中足骨骨頭部痛(ちゅうそつこつこっとうぶつう)と角質やタコ、魚の目の形成 その3
イメージ

足の指先がオープンになる草鞋や下駄と違い、足の指先を保護して覆う形状の靴には、足に合わせるための大事な原則...

[ 足裏の痛み ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ