コラム

 公開日: 2011-06-10  最終更新日: 2014-07-17

遠方からのお客様

岡山からご来店頂いたK様。
まだ20代後半の若いお嬢様です。
以前は大阪からわざわざお越しいただいたのですが、さらに遠方の岡山に引越しされたのだそうです。
この夏には結婚式とヨーロッパへの新婚旅行を控えているそうで、とてもアクティブで自立心旺盛な聡明で美しい女性です。

「やっぱり、ここの靴でないと・・・。」ということで、3年ぶりに靴を新調されるためにお立ち寄りいただきました。とってもありがたいお言葉です。
この方、大阪に本社を構える大手電気メーカーにお勤めされ、岡山から新幹線で通勤されているそうで、「仕事が好きなんです。」と、さらりとキャリアウーマンらしい発言をされるのです。
健康靴を履き始めてから、痛みなく歩けるようになったそうで、とても高い評価を頂き、作り手としては一番嬉しいご褒美をいただいた気分です。

「何でこんな靴を履いてんの? 男の人にモテナイわよ・・・。」などと同僚から言われる事もあるそうですが、「痛い靴を履いていると、仕事にまで影響するから・・・。」と、これまた自立した女性の鏡のようなお答えを返しておられるようです。

いやー、頼もしいですね。自立心旺盛の人ってカッコいいなあ!
こういう若い人を目の当たりにすると、なんだか元気が出てきますね。希望が涌いてきますね。
こういう女性をパートナーにされた男性は幸せ者だよなあ・・・。

 「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/

この記事を書いたプロ

有限会社ロビンフット [ホームページ]

シューフィッター 小黒健二

神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL:045-989-4807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声
今年の私のサンタさんへ

11月14日に靴を購入した者です。その際には、いろいろありがとうございました。出掛ける時は、いつもこの靴です。今年は一段と美しい紅葉を眺めて、前には考えられな...

サービス・商品

 
このプロの紹介記事
主役は“足”。靴は足を守るための道具

ドイツ整形靴技術+健康靴で、 足の骨格のゆがみ・痛みを改善し、足の健康を守る(1/3)

 「靴っていうのは、足を守るための道具なんですよ」と語るのは、足と靴の相談室・有限会社ロビンフットを経営する小黒健二さん。店内には、日本人の足を考え、解剖学・医学的根拠に基づいて開発された健康靴が並びます。 顧客の大半は50歳代以上の女性...

小黒健二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足の痛みの原因を分かり易く解説。テストシューズの体験で納得。

会社名 : 有限会社ロビンフット
住所 : 神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL : 045-989-4807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-989-4807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の痛みと履きたいデザインの狭間に揺れる女性の気持ち・・・
イメージ

「素敵なパンプスが履きたい!」と思いながらも、足の痛みに悩み続けて未だに願いが叶わないという30代前半のキ...

[ 足と靴 ]

外反母趾からリウマチ足まで「整形靴技術」で足をサポート
イメージ

 運動不足や病気や怪我が原因で足の筋力や機能が低下すると、体を支える土台である足骨格が不安定になり、足や足...

[ 足と靴 ]

スポーツシューズとウォーキングシューズの違い
イメージ

当相談室に「足のカウンセリング」を受けに訪れる方が履いて来られる靴を見てみると、年々スポーツシューズを履か...

[ 足と靴 ]

夏のサンダルにご用心!
イメージ

真夏のような暑い日差しが感じられる今日この頃。女性はそろそろ夏の履物としてのサンダルに関心が向かう頃です...

[ 足と靴 ]

学生靴と足のトラブル
イメージ

毎年、4月の中頃前後から増える「足と靴の相談」の一つが学生靴=ローファーと足のトラブルに関するお悩みです。...

[ 足と靴 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ