コラム

 公開日: 2012-07-10  最終更新日: 2014-07-17

エスカレーターでは「歩いてはいけない」のが正しい・・・?

メーカーによれば、エスカレーターの安全規定は、そもそも歩く事を前提にしていないのだそうです。
エスカレーターを歩くのは、「目的外使用」にあたる危険行為なのだそうです・・・。

しかし現実には、エスカレーターの右側(関西は左側)を歩行者のために空けるのがマナーになっているようなところがあります。
いつの間にか、そんな誤った常識?がマナーとして定着しているのだと言うのです。
そして、一旦定着してしまった「常識」を変えるのは大変難しい事のようです・・・。

神奈川県川崎市は、JR川崎駅東西自由通路のエスカレーター上り口・下り口付近で、チラシやプラカードなどで「エスカレーターでは歩かず、立ち止まって利用する」ことを呼びかけているそうですが、歩行する人はなかなか減らないのが実態らしいです。
いっそのこと、公共広告機構(AC)を利用した全国的なTVキャンペーンでも行わないと、利用者間での摩擦やトラブルが起きてしまわないかと心配です。
通勤、通学による時間との勝負をして急いでいるような多くの人々に周知徹底するには、そうとう強力な告知努力が必要なはずです。
私も、急いでいる時には、ついつい空いている右側を歩いてしまいますから・・・。
もしもラッシュ時に右側に正しく立ち止まって利用していたら、恐らく、時間に追われ急いで歩こうとする人達から疎ましく思われる事でしょう。

それにしても、長年に亘り危険行為として告知せず、事実上黙認していたような管理者側が、エスカレーターによる事故の多発を受けて、急に「歩いてはいけない」と建前を持ち出してきたような唐突な印象すらあります。
一般の利用者の間に定着してしまった誤った常識?を正すためには、もっともっと大々的に周知徹底を図らなければ、利用者間での感情的なトラブルが多発する事態になるのではないかと危惧しています。

「時間が無い! 急いでいるんだ! 間に合わない!」と時間に追い立てられ、我先に進もうと必死になるラッシュアワー時の人間心理・・・。
満員電車の乗車率にしても、駅の混雑にしても、大量に一気に移動を強いられるからこそ発生するという現実があります。

そして、そんな環境で自然発生的に定着してしまったエスカレーターの右側(関西は左側)を歩くという行為・・・。
なぜ、通勤、通学の時間帯が集中するという社会システム自体を見直し、調整する事が出来ないのでしょうか?
「フレックスタイム」や「時間差通勤・通学」等のアイデアが論じられても、それを実行する事が出来ないのは、どうしてなのでしょうか?
何か根本的なことは置き忘れたまま、今更の様に「危険行為」として指摘され、使用する側のマナーやモラルに訴えかけられると、何となく論点がすり替えられているような気がしてしまうのは、私だけでしょうか・・・?

*このコラムを公開して、読者の方から丁重なメールをいただきました。
世界中で「片側は空けて片側を歩く人用にする」事がルールになっているとのご指摘でした。
また、「本来歩くものではない」と言っているのは日本のメーカーだけという事でした。
いろいろな角度から慎重に検討されるべき問題だと改めて感じています。
ご指摘やご意見、ありがとうございました。


「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/
30min. http://30min.jp/place/918275
E・PAGE http://e-page.co.jp/shop/1338/
濱ともカード http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kourei/hamatomo/

この記事を書いたプロ

有限会社ロビンフット [ホームページ]

シューフィッター 小黒健二

神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL:045-989-4807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声
今年の私のサンタさんへ

11月14日に靴を購入した者です。その際には、いろいろありがとうございました。出掛ける時は、いつもこの靴です。今年は一段と美しい紅葉を眺めて、前には考えられな...

サービス・商品

 
このプロの紹介記事
主役は“足”。靴は足を守るための道具

ドイツ整形靴技術+健康靴で、 足の骨格のゆがみ・痛みを改善し、足の健康を守る(1/3)

 「靴っていうのは、足を守るための道具なんですよ」と語るのは、足と靴の相談室・有限会社ロビンフットを経営する小黒健二さん。店内には、日本人の足を考え、解剖学・医学的根拠に基づいて開発された健康靴が並びます。 顧客の大半は50歳代以上の女性...

小黒健二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足の痛みの原因を分かり易く解説。テストシューズの体験で納得。

会社名 : 有限会社ロビンフット
住所 : 神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL : 045-989-4807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-989-4807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の痛みと履きたいデザインの狭間に揺れる女性の気持ち・・・
イメージ

「素敵なパンプスが履きたい!」と思いながらも、足の痛みに悩み続けて未だに願いが叶わないという30代前半のキ...

[ 足と靴 ]

外反母趾からリウマチ足まで「整形靴技術」で足をサポート
イメージ

 運動不足や病気や怪我が原因で足の筋力や機能が低下すると、体を支える土台である足骨格が不安定になり、足や足...

[ 足と靴 ]

マスコミへの不信感とネット情報の信憑性
イメージ

DeNAが運営していた医療系情報サイト「WELQ」のでたらめな運営状況が明らかになり、批判され問題になっています。...

[ ニュース雑感 ]

オーダーインソールと靴との相性
イメージ

以前、当相談室で健康靴と登山靴用にオーダーインソールを作られたご婦人が健康靴の修理のご依頼にご来店されまし...

[ 足と靴 ]

ライフプランを考える
イメージ

先日ご来店いただいた当相談室の長年の顧客であるご婦人との会話の中で、とても貴重なご意見を拝聴しました。「...

[ よもやま話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ