コラム

 公開日: 2012-05-18  最終更新日: 2014-07-17

脳の手術の結果、左足に麻痺が残ってしまった御婦人

「病院で靴や装具を作ってもらったけど、使っていないのよ・・・。」と話す70代の御婦人。
「なぜ使っていないのですか?」とお尋ねすると、
「足やつま先が痛くなるから・・・。」と御婦人。
「でも、それは病院へ行って申告すれば何度でも再調整してくれるでしょ?」と私。
「だって、遠いから行くのが面倒だし、それに何度か調整してもらったけど、うまくいかなかったから・・・。」と御婦人。
「そうですか・・・。」と私。
「お宅は家からも近いし、気軽に行ける距離だから文句も言いやすいでしょ・・・。」と御婦人。
「まあ、何かあったら直ぐに対処ができる便利さはありますよねえ・・・。」と苦笑いする私。

この御婦人は左足に弛緩性の麻痺が残っています。
歩行時に左足のつま先が垂れ下がり、足首が外に傾いて靴底が体の内側を向いてしまいます。
しかし、左足に体重の負荷が掛かって体を支持するにつれ、足首は体の内側に捩れて土踏まずを潰し、親指の付け根に負担を掛けて外反母趾になっています。
左足の親指から第4指までが外反しています。
しかも、指先が麻痺のために屈曲したままで、ほとんど動かせません。

早速、ロッカーソールの健康靴にサポートを組み込んだテストシューズを仕立てました。が・・・、
「あらあ、やっぱりそんな靴になっちゃうの?」と御婦人。
「ええ、今の足の状態をしっかりとサポートして、歩行が安定し、楽に歩けるようにするのが目的の靴ですから・・・。」と私。
「病院で作ったのも、そんな感じのごっつい靴だったのよ・・・。そんな靴しかないの・・・?」と御婦人。
「麻痺があって体を支える筋力が発揮できない左足をサポートするには、体重の負荷を安定して支えるだけの堅牢な靴でないとね・・・。」と私。
「嫌だわねえ・・・。そんな靴なら履きたくないわ。」と御婦人。
「しかし、今履いているような市販の靴だと、つま先が引っ掛かるし、足先が痛くなって歩けないと言われたじゃありませんか・・・。」と私。
「それは、そうだけど・・・。ここは病院じゃなくて靴屋さんでしょ。だったらもう少しデザインも考えてくれなくちゃ・・・。」と御婦人。
「困ったなあ・・・。機能を考えたベストな健康靴なのに・・・。とにかく一度履いて歩いてみて下さいな・・・。」と私。
半ば強引に靴を履かせて歩いて頂きました。

「いかがですか?」と私。
「思ったより軽いわね・・・。」と御婦人。
左足は地面に垂れ下がる事はあっても、ロッカーソールの効用でつま先が地面に引っ掛からずに歩けています。
左足の足首が体重の負荷で捩れる度合いも格段に抑えられています。
「確かに歩き易いわね・・・。早く歩けるし・・・。これなら疲れない感じね・・・。」と御婦人。
「ごっつい靴ではありますけども、歩き易さや快適度は抜群でしょ。」と私。
「これでデザインがもうちょっと良ければねえ・・・。」と御婦人。
「うーん、機能的なデザインを評価して貰いたいなあ・・・。」と私。
御婦人がテストシューズに慣れてきたところで、ご自分の履いてきた市販のウォーキングシューズに履き替えて歩いていただきました。
「あれ?、こんな靴だったっけ・・・。これじゃ全然歩けないわ・・・。」と御婦人。
「でしょ? やっぱり快適に歩ける事が一番じゃないですか?」と私。
「そうね・・・。分かったわ・・・。じゃあ御主人のお勧めの靴にしようかしら・・・。」と御婦人。

こうして、40分後には出来上がったばかりの健康靴を履いてお帰りになる御婦人をお見送りしたのでした。
 
「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/

この記事を書いたプロ

有限会社ロビンフット [ホームページ]

シューフィッター 小黒健二

神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL:045-989-4807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声
今年の私のサンタさんへ

11月14日に靴を購入した者です。その際には、いろいろありがとうございました。出掛ける時は、いつもこの靴です。今年は一段と美しい紅葉を眺めて、前には考えられな...

サービス・商品

 
このプロの紹介記事
主役は“足”。靴は足を守るための道具

ドイツ整形靴技術+健康靴で、 足の骨格のゆがみ・痛みを改善し、足の健康を守る(1/3)

 「靴っていうのは、足を守るための道具なんですよ」と語るのは、足と靴の相談室・有限会社ロビンフットを経営する小黒健二さん。店内には、日本人の足を考え、解剖学・医学的根拠に基づいて開発された健康靴が並びます。 顧客の大半は50歳代以上の女性...

小黒健二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足の痛みの原因を分かり易く解説。テストシューズの体験で納得。

会社名 : 有限会社ロビンフット
住所 : 神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL : 045-989-4807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-989-4807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の痛みと履きたいデザインの狭間に揺れる女性の気持ち・・・
イメージ

「素敵なパンプスが履きたい!」と思いながらも、足の痛みに悩み続けて未だに願いが叶わないという30代前半のキ...

[ 足と靴 ]

外反母趾からリウマチ足まで「整形靴技術」で足をサポート
イメージ

 運動不足や病気や怪我が原因で足の筋力や機能が低下すると、体を支える土台である足骨格が不安定になり、足や足...

[ 足と靴 ]

オーダーインソールと靴との相性
イメージ

以前、当相談室で健康靴と登山靴用にオーダーインソールを作られたご婦人が健康靴の修理のご依頼にご来店されまし...

[ 足と靴 ]

ライフプランを考える
イメージ

先日ご来店いただいた当相談室の長年の顧客であるご婦人との会話の中で、とても貴重なご意見を拝聴しました。「...

[ よもやま話 ]

足の甲が痛いと訴えるご婦人
イメージ

「外反母趾だけど、痛いのは足の甲なの。」と訴えるご婦人がご来店されました。早速、「足のカウンセリング」を...

[ 足と靴 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ