コラム

 公開日: 2011-05-04  最終更新日: 2014-07-17

足の健康とスローライフ 2

「巻き爪」や「外反母趾」で悩む学生さんが増えています。
比較的、女子学生の割合が高いのが特徴です。
一方、男子学生の場合は足首が土踏まずの側に倒れこむ「外反扁平足」が増えているような気がします。
原因の一つは「ローファー」と呼ばれる「学校指定靴」にあります。
親指の厚みがある方、足がスリムで細い方等が比較的この靴の影響を受け易いように思います。

「ローファー」は硬い革で覆われたスリッパみたいな靴です。女性のプレーンなパンプスやカッターシューズと同じで足の形状に対応するための調節機能はいっさいありません。
従って、靴が足を適度に押さえつけて脱げにくくなるようなサイズ(足長や幅)を選択せざるをえません。
ところが、このこと自体、実は非常に難しい選択なのです。
その理由は、ブカつきを防ぐために窮屈に目をつぶるか、足が痛くならないようにゆとりを許容するかの「不毛な選択」を迫られるからです。

足が細い方はサイズ(足長)に合わせると靴の横幅が足よりも大きいために、靴がブカブカしてしまいます。そこでサイズ(足長)を小さめに選択して、脱げにくいことを選択してしまいます。
また、親指の厚みや足幅がある方は、靴に無理なく足を納めるために、サイズ(足長)を大きめにして幅や容積にゆとりを持たせるという選択にならざるをえません。
ところが、靴を履き続けて革が馴染んで伸びてくると、もともとサイズが大きいのですからブカつきはじめます。
歩行時に接地した足は、蹴り出しの時点で靴先に押し出されますが、そうするとカカトがブカつくので、靴が脱げないようにスリッパを引き摺るような歩き方になったりします。
その結果、足の指先は靴先に押し付けられて圧迫を受け続けることになり、また足首は靴がブカブカする影響で不安定になります。

「ローファー」はスリッパみたいに脱ぎ履きが簡単な靴です。だからこそ足には負担が強く、また足を不安定にする靴なのですが、学校は上履きに履き替えるのに便利な靴として、脱ぎ履きが簡単な「ローファー」を指定履きにしているのでしょうか?。
脱ぎ履きが簡単な靴は、手間の掛からない便利な靴です。ところが、足の健康や体のバランスにとっては負担の強い靴なのです。

子供たちの足の健康を守るために、「スローフード」的な考え方を取り入れると、
1.守る:成長期のうちに体の土台である足の健康を守る。
2.教える:子供たちを含め、周りの大人にも足の健康を育て維持するための教育を進める。
3.支える:靴を丁寧に履き替えることができる環境を整備する。
ということになるでしょうか・・・。

 「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/

この記事を書いたプロ

有限会社ロビンフット [ホームページ]

シューフィッター 小黒健二

神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL:045-989-4807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声
今年の私のサンタさんへ

11月14日に靴を購入した者です。その際には、いろいろありがとうございました。出掛ける時は、いつもこの靴です。今年は一段と美しい紅葉を眺めて、前には考えられな...

サービス・商品

 
このプロの紹介記事
主役は“足”。靴は足を守るための道具

ドイツ整形靴技術+健康靴で、 足の骨格のゆがみ・痛みを改善し、足の健康を守る(1/3)

 「靴っていうのは、足を守るための道具なんですよ」と語るのは、足と靴の相談室・有限会社ロビンフットを経営する小黒健二さん。店内には、日本人の足を考え、解剖学・医学的根拠に基づいて開発された健康靴が並びます。 顧客の大半は50歳代以上の女性...

小黒健二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足の痛みの原因を分かり易く解説。テストシューズの体験で納得。

会社名 : 有限会社ロビンフット
住所 : 神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL : 045-989-4807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-989-4807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の痛みと履きたいデザインの狭間に揺れる女性の気持ち・・・
イメージ

「素敵なパンプスが履きたい!」と思いながらも、足の痛みに悩み続けて未だに願いが叶わないという30代前半のキ...

[ 足と靴 ]

外反母趾からリウマチ足まで「整形靴技術」で足をサポート
イメージ

 運動不足や病気や怪我が原因で足の筋力や機能が低下すると、体を支える土台である足骨格が不安定になり、足や足...

[ 足と靴 ]

スポーツシューズとウォーキングシューズの違い
イメージ

当相談室に「足のカウンセリング」を受けに訪れる方が履いて来られる靴を見てみると、年々スポーツシューズを履か...

[ 足と靴 ]

夏のサンダルにご用心!
イメージ

真夏のような暑い日差しが感じられる今日この頃。女性はそろそろ夏の履物としてのサンダルに関心が向かう頃です...

[ 足と靴 ]

学生靴と足のトラブル
イメージ

毎年、4月の中頃前後から増える「足と靴の相談」の一つが学生靴=ローファーと足のトラブルに関するお悩みです。...

[ 足と靴 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ