コラム

 公開日: 2011-04-22  最終更新日: 2014-07-17

靴のカカトは外減りする

靴のカカトは外側からすり減ってしまいます。でも、それで正常です。
もしも、片側だけが極端に外減りしたり、カカトだけでなく、つま先の小指の側の靴底に至るまで減ってしまったり、逆にカカトの内側がすり減る場合には、足の骨格の歪みが原因の可能性があります。

なぜ靴のカカトが外減りするかというと、それは歩行のメカニズムで、「足のあおり運動」が関係しているからです。下の図を見ていただくと、カカトから接地してつま先の親指で蹴りだす一連の歩行動作において、重心が足の外側から掛かり始めて最後は足の親指を通っていくのが分かると思います。
つまり、靴のカカトのやや外側から地面に接しているのです。従って、靴のカカトは外減りするという訳です。

但し、外減りした靴をそのまま履いていると、どんどんカカトの外側の安定性が失われて、足首を捻挫する事態になりかねませんので、靴のカカトが減ったらこまめに修理しましょう。

靴のカカトは外減りするのが自然ですが、外減りを放置すると足首が外側に傾きやすくなったり、逆に足が内側に捻られるというリスクが生じます。
足の健康を維持するためにも、靴のカカトはこまめに修理することをお勧めします。

 「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/

この記事を書いたプロ

有限会社ロビンフット [ホームページ]

シューフィッター 小黒健二

神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL:045-989-4807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声
今年の私のサンタさんへ

11月14日に靴を購入した者です。その際には、いろいろありがとうございました。出掛ける時は、いつもこの靴です。今年は一段と美しい紅葉を眺めて、前には考えられな...

サービス・商品

 
このプロの紹介記事
主役は“足”。靴は足を守るための道具

ドイツ整形靴技術+健康靴で、 足の骨格のゆがみ・痛みを改善し、足の健康を守る(1/3)

 「靴っていうのは、足を守るための道具なんですよ」と語るのは、足と靴の相談室・有限会社ロビンフットを経営する小黒健二さん。店内には、日本人の足を考え、解剖学・医学的根拠に基づいて開発された健康靴が並びます。 顧客の大半は50歳代以上の女性...

小黒健二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足の痛みの原因を分かり易く解説。テストシューズの体験で納得。

会社名 : 有限会社ロビンフット
住所 : 神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL : 045-989-4807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-989-4807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の痛みと履きたいデザインの狭間に揺れる女性の気持ち・・・
イメージ

「素敵なパンプスが履きたい!」と思いながらも、足の痛みに悩み続けて未だに願いが叶わないという30代前半のキ...

[ 足と靴 ]

外反母趾からリウマチ足まで「整形靴技術」で足をサポート
イメージ

 運動不足や病気や怪我が原因で足の筋力や機能が低下すると、体を支える土台である足骨格が不安定になり、足や足...

[ 足と靴 ]

靴の選択を間違えると足への負担を高めてしまう結果に・・・
イメージ

先日。当相談室で健康靴をお作りになったご婦人が3年ぶりにご来店されました。「今日は近くに用があったから、ち...

[ 足と靴 ]

新たな年に向かって足元を見直そう
イメージ

2017年を迎え、今年を占うというテーマのニュース番組等を見ていると、世界の先行きが不透明になっているとの...

[ 足と靴 ]

なんと、「外出する人」が過去最低になったそうです・・・
イメージ

国土交通省の調査によると、仕事や買い物などで外出する人の割合が調査開始以来、ここ30年で最低になったそうです...

[ ニュース雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ