コラム

 公開日: 2017-01-13 

靴の選択を間違えると足への負担を高めてしまう結果に・・・

先日。当相談室で健康靴をお作りになったご婦人が3年ぶりにご来店されました。
「今日は近くに用があったから、ちょっと覗いてみようかなと思って来ただけなの・・・。」とご婦人。
足元を見ると、お作りした健康靴を履かれてはいませんでした。
「その後の足の調子はいかがですか?」とお尋ねすると、「お宅で作った靴を履いてから膝の調子が良くなって、すっかり歩けるようになったわ。」とご婦人。
「それは良かったです。でも、今日は履かれて来られなかったのですね。」と私。
「そうねえ、でも、インソールは入れて履いているわよ。」とご婦人。
「えっ?健康靴のインソールを入れて履かれているのですか?」と驚く私。
「そうよ、偉いでしょ。」とご婦人。
「ちょっと、見せて頂けませんか?」と私。


早速、履かれていた靴とインソールを拝見してビックリ仰天。
なんと、左の靴底のカカト部分の外減りが酷く、靴が小指側に大きく撓み、小指の付け根を覆うアッパー素材が切れかかっていました。
「うーん、これでは左の外側に負担が掛かり過ぎてしまいそうですね。腰痛とか左の足の付け根の外側の筋が痛くなるとか感じていませんか?」と尋ねる私。
「そう言えば最近、時々左足の付け根周辺が張って凝った感じがするし、重くなるわね・・・。」とご婦人。
「そうでしょ・・・。だって、靴が荷重に潰されてとんでもない事になってますよ・・・。」と私。

どうやら、市販の靴に健康靴のインソールを入れて履かれていたようで、それも市販の靴の中でも超軽量のビーチサンダルの様な素材の靴底の靴に入れて履いていたため、靴が荷重とインソールをしっかりと受け止める事が出来ずに変形してしまったようです。
「大変申し訳ないのですが、靴があまりにも荷重の圧力に弱いタイプのものだったので、インソールを安定して支えきれられなかったようです。そのために普通よりも早く型崩れしてしまったのですね。左足の足首が体の外側に倒れ易い状態を健康靴でサポートしていたのに、インソールだけを市販の靴に入れて履いたため、足首を支える事が出来ず、左足の靴の方が右足の靴よりも崩れ方が強くなってしまったんですね。それで左足の付け根周辺が張って凝った感じが するようになったんでしょう・・・」と説明する私。
「ええっ? そうなの・・・?」とご婦人。
「ぜひ、健康靴にインソールを戻して、健康靴を履くようにして下さいよ。そうすれば、また快適に歩けるはずですから・・・。」と私。
「やだーっ、来て良かったわ。それを知らずにいたら、また膝が痛くなってたかもね・・・。」とご婦人。

皆さんも、超軽量の靴には注意が必要と思って下さい。
軽量を重視するあまり、荷重が掛かった時に不安定になってしまえば、軽量な作りに足をすくわれてしまう事になりかねません。

コラム一覧 http://mbp-kanagawa.com/robinfoot/column/
「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/
yahoo知恵袋 http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/yc_fhviq
JIJICO記事一覧 http://jijico.mbp-japan.com/author/ogurokenji
Twitter https://twitter.com/RobinFootOguro
Facebook https://www.facebook.com/robinfoot.nagatsuta.home/
youtube https://www.youtube.com/channel/UC1XqTDECXxpVF1oI4rNwjsg

この記事を書いたプロ

有限会社ロビンフット [ホームページ]

シューフィッター 小黒健二

神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL:045-989-4807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声
今年の私のサンタさんへ

11月14日に靴を購入した者です。その際には、いろいろありがとうございました。出掛ける時は、いつもこの靴です。今年は一段と美しい紅葉を眺めて、前には考えられな...

サービス・商品

 
このプロの紹介記事
主役は“足”。靴は足を守るための道具

ドイツ整形靴技術+健康靴で、 足の骨格のゆがみ・痛みを改善し、足の健康を守る(1/3)

 「靴っていうのは、足を守るための道具なんですよ」と語るのは、足と靴の相談室・有限会社ロビンフットを経営する小黒健二さん。店内には、日本人の足を考え、解剖学・医学的根拠に基づいて開発された健康靴が並びます。 顧客の大半は50歳代以上の女性...

小黒健二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足の痛みの原因を分かり易く解説。テストシューズの体験で納得。

会社名 : 有限会社ロビンフット
住所 : 神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL : 045-989-4807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-989-4807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の痛みと履きたいデザインの狭間に揺れる女性の気持ち・・・
イメージ

「素敵なパンプスが履きたい!」と思いながらも、足の痛みに悩み続けて未だに願いが叶わないという30代前半のキ...

[ 足と靴 ]

外反母趾からリウマチ足まで「整形靴技術」で足をサポート
イメージ

 運動不足や病気や怪我が原因で足の筋力や機能が低下すると、体を支える土台である足骨格が不安定になり、足や足...

[ 足と靴 ]

オーダーインソールさえ作れば、足のトラブルが解消するのか?
イメージ

オーダーインソールという靴に入れて足をサポートする中敷きをご存知ですか?最近の気になる傾向として、オーダ...

[ 足と靴 ]

スポーツシューズとウォーキングシューズの違い
イメージ

当相談室に「足のカウンセリング」を受けに訪れる方が履いて来られる靴を見てみると、年々スポーツシューズを履か...

[ 足と靴 ]

夏のサンダルにご用心!
イメージ

真夏のような暑い日差しが感じられる今日この頃。女性はそろそろ夏の履物としてのサンダルに関心が向かう頃です...

[ 足と靴 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ