コラム一覧

1件~15件(798件)

過去の15件

足のトラブルを歩いて改善へ導く健康靴 その1

イメージ

運動不足の解消や健康維持のためのウォーキングが注目され、奨励されて久しいですね。最近の研究データによれば、一日一万歩ではなく8000歩が最適な運動量との見解が示され、ウォーキングの新たな目安となっています。一方、最新の調査によれば、外出する人が減っているのだそうで、インタ... 続きを読む

足と靴

2017-02-21

市販のインソールが足に合わないという訴え

イメージ

時々、「市販のインソールが足に合わないので調べて欲しい」というような相談をお受けする事があります。最近は通販でもインソールが手軽に購入できるようですが、それはそれで手軽さという点では意味のある事ではあります。しかし、手軽さばかりを追い求めると、結果的に質や期待した効果の面... 続きを読む

足と靴

2017-02-11

履いて歩くからこそ「健康靴」なんです

イメージ

「足のカウンセリング」に基づく健康靴の提供を始めて早20年・・・。50代で健康靴をお作りした方が、すでに70代になられているわけです。先日も16年前からお付き合いのあるご婦人の新しい健康靴をお作りしました。この方は歩くのが大好きな方なので、足の状態も16年前より良い状態を維... 続きを読む

足と靴

2017-02-07

大学の研究を軍事用にも認める・・・?

イメージ

とうとうここまできたか・・・。と考えさせられるニュースが伝わってきました。なんと、大学の研究を軍事用にも認め、予算を付けられるようにするという議論が始まったのです。例えば、民生用で有害物質を取り除いて環境浄化をする研究にはなかなか予算が付かないのに、毒ガス兵器などから兵... 続きを読む

ニュース雑感

2017-02-04

セールスレディさんの悩み

イメージ

先日、近所にある生命保険会社のセールスレデイさんが来店されました。「アンケートをお願いできないでしょうか?」との事で来店されたのですが、既に生命保険や終身保険に加入しているので、丁寧にお断りしました。すると、「私事で恐縮なんですが・・・。」と言われ、足と靴との関係について... 続きを読む

足と靴

2017-01-28

トラブルの原因と向き合っても、トラブル解消への行動には移せない・・・

イメージ

最近、珍しく高校生と大学生の女子の「足のカウンセリング」を承りました。このお二人のケースに共通している足のトラブルは、外反母趾、内反小趾、足裏の痛みでした。原因は、普段履く靴と靴の履き方にありました。高校生はローファーで、大学生はローヒールのパンプスにより足のトラブルに... 続きを読む

足と靴

2017-01-22

靴の選択を間違えると足への負担を高めてしまう結果に・・・

イメージ

先日。当相談室で健康靴をお作りになったご婦人が3年ぶりにご来店されました。「今日は近くに用があったから、ちょっと覗いてみようかなと思って来ただけなの・・・。」とご婦人。足元を見ると、お作りした健康靴を履かれてはいませんでした。「その後の足の調子はいかがですか?」とお尋ねす... 続きを読む

足と靴

2017-01-13

新たな年に向かって足元を見直そう

イメージ

2017年を迎え、今年を占うというテーマのニュース番組等を見ていると、世界の先行きが不透明になっているとの予想が多いようです。確かに政治や経済を中心に先行きが見え難く、将来への明るい展望や希望にワクワクするといった高揚感が失われてきているような気がします。どうやら、今... 続きを読む

足と靴

2017-01-09

なんと、「外出する人」が過去最低になったそうです・・・

イメージ

国土交通省の調査によると、仕事や買い物などで外出する人の割合が調査開始以来、ここ30年で最低になったそうです。高齢人口の増加に加え、インターネットの普及によってネットで買い物をする若年層が外出しなくなっていると推定されるそうです。特に休日に外出する人の割合が低くなってき... 続きを読む

ニュース雑感

2016-12-30

2016年という年に思う事

イメージ

間もなく過ぎ去ろうとしている2016年。21世紀の幕開けとしての2001年から数えても15年が経ってしまいました。そして2016年は、かつての未来想像図とは違う現実に向かってスタートした年として記憶されそうです。経済のグローバル化が持て囃され、世界中が国境や人種や政治... 続きを読む

ニュース雑感

2016-12-27

カカトが踏める靴

イメージ

その靴の存在は知っていましたが、実物に接したのは初めてです。何のお話かと言うと、「カカトが踏める靴」の事なんです。レースアップのオックスフォードタイプの革靴なんですが、カウンターというカカト周りを囲む部分を踏みつぶせば、スリッパのようになるという靴なんです。確かに脱... 続きを読む

足と靴

2016-12-22

靴を履く意味が変わったと言われるご婦人

イメージ

当相談室で健康靴をお作り頂いた50代後半のご婦人が、新しい健康靴を作りにご来店されました。その折、このご婦人から言われた言葉がとても心に染みてありがたかったのです。「今までずっと、靴は洋服に合わせて履くものだと思って買ってたのよ。それこそ毎年のように2,3足は買ってたかし... 続きを読む

足と靴

2016-12-17

足や膝回りのトラブルの原因が、靴に関係する場合が多いという事

イメージ

足や膝のトラブルで当相談室にご来店いただいた方の中には、トラブルの原因が自らの「靴」や「靴の履き方」や「靴の選択基準」が間違っていることにあると思われていない方が多いようです。足や膝のトラブルは生活習慣が原因になっている場合が多く、その中でも「靴」周りが関係している事が意外... 続きを読む

膝の痛み

2016-12-15

4年掛かってやっと健康靴を理解する事が出来たとご報告に来られたご婦人

イメージ

4年程前に当相談室で健康靴をお作りになったという70代半ばのご婦人がご来店されました。「実はお宅で靴を作ってから履いていたのは半年ほどだったのよ・・・。やはり服に合わせたお洒落な靴が履きたくなるのよねえ。それでずーっと履いていなかったんだけど、足裏や膝や腰に痛みが出てきたか... 続きを読む

足と靴

2016-12-12

マスコミへの不信感とネット情報の信憑性

イメージ

DeNAが運営していた医療系情報サイト「WELQ」のでたらめな運営状況が明らかになり、批判され問題になっています。インターネットの世界では、無料で手軽に欲しい情報にアクセスできる情報サイトやインターネット上の情報を集める「まとめサイト」なるものが数多くあります。個人で運営するサイ... 続きを読む

ニュース雑感

2016-12-06

1件~15件(798件)

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
お客様の声
今年の私のサンタさんへ

11月14日に靴を購入した者です。その際には、いろいろありがとうございました。出掛ける時は、いつもこの靴です。今年は一段と美しい紅葉を眺めて、前には考えられな...

サービス・商品

 
このプロの紹介記事
主役は“足”。靴は足を守るための道具

ドイツ整形靴技術+健康靴で、 足の骨格のゆがみ・痛みを改善し、足の健康を守る(1/3)

 「靴っていうのは、足を守るための道具なんですよ」と語るのは、足と靴の相談室・有限会社ロビンフットを経営する小黒健二さん。店内には、日本人の足を考え、解剖学・医学的根拠に基づいて開発された健康靴が並びます。 顧客の大半は50歳代以上の女性...

小黒健二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

足の痛みの原因を分かり易く解説。テストシューズの体験で納得。

会社名 : 有限会社ロビンフット
住所 : 神奈川県横浜市緑区長津田4-2-17 [地図]
TEL : 045-989-4807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

045-989-4807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足の痛みと履きたいデザインの狭間に揺れる女性の気持ち・・・
イメージ

「素敵なパンプスが履きたい!」と思いながらも、足の痛みに悩み続けて未だに願いが叶わないという30代前半のキ...

[ 足と靴 ]

外反母趾からリウマチ足まで「整形靴技術」で足をサポート
イメージ

 運動不足や病気や怪我が原因で足の筋力や機能が低下すると、体を支える土台である足骨格が不安定になり、足や足...

[ 足と靴 ]

足のトラブルを歩いて改善へ導く健康靴 その1
イメージ

運動不足の解消や健康維持のためのウォーキングが注目され、奨励されて久しいですね。最近の研究データによれば...

[ 足と靴 ]

市販のインソールが足に合わないという訴え
イメージ

時々、「市販のインソールが足に合わないので調べて欲しい」というような相談をお受けする事があります。最近は...

[ 足と靴 ]

履いて歩くからこそ「健康靴」なんです
イメージ

「足のカウンセリング」に基づく健康靴の提供を始めて早20年・・・。50代で健康靴をお作りした方が、すでに7...

[ 足と靴 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ