コラム

 公開日: 2016-05-15  最終更新日: 2016-06-19

右肩上がりの「ヘッジファンド指数」を信じてはいけない理由




ヘッジファンドと聞いて相場の変動時にも安定成長する「絶対リターン」が達成できるとイメージする投資家も多いのですが、そのデータが必ずしも正しく無い可能性があることを知っておいて頂きたいと思います。

■ヘッジファンド=絶対リターンは正しいのか

ヘッジファンドが下落局面でも損失を一定に抑えられるという説明をする際に、右肩上がりに推移している「ヘッジファンド指数」のチャートが使われることが多くあります。これを見せられた投資家は絶対リターン神話を信用してしまいがちです。さらに以下の情報提供については、金融機関勤務でヘッジファンドを投資家に説明している営業員ですら、知らないことが多いのではないかと危惧しています。

2016年1-2月の世界の株式ヘッジファンドの運用成績はマイナス5.35%(HFR調べ、運用額加重ベース)でした。また2009年以降は7年にわたりヘッジファンド指数は市場平均を下回っているとのデータもあります。この事実を販売者はおそらく説明しないでしょう。

ヘッジファンド指数を信じて良いのか

少々古いデータですが、「日本銀行調査季報、2005年夏(7月)」に「ヘッジファンド指数のおよびデータベースの問題点」というコラムがあり、その問題点をバイアスとして説明しています。

いくつか説明しますと、
①生き残りバイアス 
「低収益のため報告を行わないファンドや既に消滅したファンド」「活動を停止したヘッジファンド」のデータが勘案されていない、という可能性。ヘッジファンド指数はヘッジファンド全体のデータが盛り込まれていない可能性があり、低収益のヘッジファンドはヘッジファンド指数に反映されていない可能性があるのです。同様に解散/消滅したヘッジファンドの成果も反映されていない可能性があります。

②遡及バイアス 
データベースへの情報提供を直近の最も良い収益率を達成した期間のみを報告することができるのです。

③清算バイアス 
消滅しようとしているヘッジファンドの多くの清算理由はそのパフォーマンスが優れないという理由であろうと想像できます。しかしその低い収益性が清算に至るまでの間には指数に報告されていない可能性がある、ということです。
パフォーマンス不良で消滅したヘッジファンドのデータが盛り込まれていない「ヘッジファンド指数」をヘッジファンド全体のパフォーマンスとして考えることは極めて危険な考えだといえる訳です。

■閉鎖 > 開設 のトレンド

世界のヘッジファンドの数は2015年末で8454でした。同年に閉鎖したヘッジファンドは977で新たに開設した968を上回っています。このトレンドは今後も続くのでしょうか。

シャドーバンキング問題
みずほ総合研究所の「国際的な金融規制改革の動向 10訂版」2016年3月30日によると、厳しい銀行規制を回避するために、規制の緩い「シャドーバンキング」に資金がシフトしてきた可能性を指摘しています。ヘッジファンドなどは、実質的に銀行に類似した信用仲介活動を行う非銀行金融セクターであり、「シャドーバンキング」に含まれています。そして投資家保護の観点では規制強化を行う方が望ましいと考えられ、このシャドーバンキングについても規制強化する方向にあるとも考えられます。

ファンド規制・レバレッジ規制
銀行のシャドーバンキングへの関与を規制する目的で「ファンド向け出資の自己資本規制上の取扱いの見直し」が今後加速する可能性があると考えられます。すなわち銀行が出資しているファンド、ヘッジファンドの資産内容をリスク計量すべきという方向性が進むでしょう。先般の金融危機時に銀行がシャドーバンキングに類する事業体を救済した事例があり、契約上の範囲を超えて銀行が介入せざるを得ないリスクを考慮すべきということです。
 
流動性の低い資産に投資するヘッジファンド、レバレッジ比率の高いヘッジファンド、プライベートエクイティ中心のヘッジファンドなどには、出資していた銀行のリスクが大きくなる場合が考えられ、ヘッジファンドから銀行の資金流出が加速する可能性も視野に入れておくべきです。同様に投資家が現在投資するヘッジファンドを改めてリスク計量することにより、解約していく可能性も考えられます。閉鎖するヘッジファンドが今後増加する可能性は否定できないと思われます。

■ヘッジファンドコスト考察


ヘッジファンドには成功報酬としてファンドの純収益の10-20%の成功報酬、1-2%程度信託報酬に加え、3-5%近い購入時の手数料を支払うケースもあります。ヘッジファンドの運営者、ファンドマネージャーにとってのインセンティブは高く、数年成功すれば巨万の富を手にする可能性がある。しかし、投資家にとってこれだけの高いコストをかけてヘッジファンドで運用するメリットが本当にあるのか、投資家ひとりひとりが熟考すべき時期だと思うのです。
All Rights Reserved
RIA JAPAN おカネ学株式会社
Reliable Investment Advisors Japan Co.,Ltd
http://ria-japan.co.jp/

この記事を書いたプロ

おカネ学株式会社 Reliable Investment Advisors Japan Co.,Ltd(英文名称 略称 RIA JAPAN) [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 安東隆司

東京都中央区日本橋兜町9-5-910リオSOHO兜町 [地図]
TEL:03-3668-2775

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
投資助言Q&A
イメージ

Q 「投資助言」とはどんなサービスですか?A 投資助言サービスの特徴は1、お客様の資産は投資助言業者(RIA/Registered Investment Adviser)では預かりません...

 
このプロの紹介記事
安東隆司 あんどうりゅうじ

金融機関26年超のプライベートバンカーが 独立系投資助言業・FP事業で富裕層のニーズに応える(1/3)

「お客様に常に誠実に、裏切らないビジネスしたい。この気持ちを突き詰めていったら、お客さまのニーズが発生したときにソリューションを提供するプライベートバンカーになり、海外ETFを扱うようになったんです」と清々しい笑顔を見せるのは、おカネ学株式...

安東隆司プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

海外ETFに精通!金融一筋26年、熟練プライベートバンカー

会社名 : おカネ学株式会社 Reliable Investment Advisors Japan Co.,Ltd(英文名称 略称 RIA JAPAN)
住所 : 東京都中央区日本橋兜町9-5-910リオSOHO兜町 [地図]
TEL : 03-3668-2775

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3668-2775

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安東隆司(あんどうりゅうじ)

おカネ学株式会社 Reliable Investment Advisors Japan Co.,Ltd(英文名称 略称 RIA JAPAN)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
立教大学大学院 院生満足度採点平均点90点、47%の院生が100点満点中95点以上
イメージ

 47%の院生が100点満点中95点以上 おカネ学株式会社(東京都中央区、代表取締役:安東隆司)は、立...

[ 金融リテラシー教育 ]

投信の手数料打ち切りも 米国投資家に学ぶべきコト
イメージ

米国ネット証券大手のチャールズ・シュワブは「購入時に手数料のある投資信託」の販売を打ち切りました。取引頻度...

[ 資産運用 ]

円高時の外貨運用のコツ 富裕層ほど「為替差損」に注意
イメージ

英国のEU離脱で為替市場が大きく動きました。急激に円高が進行する際、外貨運用を始めるには良い機会と考える...

[ 資産運用 ]

「高すぎる手数料」の外貨保険 金融業界に待ったなし?
イメージ

 金融庁が金融審議会で用いた資料によると、銀行が受け取る外貨建て保険の手数料は平均7%弱で現状は顧客には開...

[ 資産運用 ]

金融機関があなたにラップ口座を勧める理由
イメージ

「富裕層の資産運用が少額から…」かつては、最低投資金額が数億円以上だった富裕層向けサービス「ラップ口座」が、...

[ 資産運用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ