コラム

 公開日: 2016-02-18  最終更新日: 2016-06-19

投資信託に投資をする前に知っておくべきこと

投資信託に投資をする前に知っておくべきことを今回はご紹介いたします。

●投信平均保有年数 2.0年
●銀行の顧客は2〜3年で乗換え売買が
 行われている
●2年毎投信乗り換え 成果▲3%
●評価基準7割が収益・販売額

 2014年7月に金融庁は現状の銀行のあり方に警鐘鳴らした内容を発表しました。(※1)
しかしながらこの内容が一般的な投資家にはなじみが薄く、残念ながら知らない方がほとんどかと思われます。

・投信残高は伸びないが販売額は増加

1998年に銀行による投資信託が解禁されました。銀行が預かる投資信託残高は伸び悩んでいます。しかし、投資信託販売に係る収益が増加する状況にあります。

・投信保有期間2年の意味は?

投資信託全体の保有期間の推移は年々短期化しています。2013年度は証券会社等を含む全体で約2.0年、主要行等は約2.5年という事になっています。日本ではベストセラーの長期運用投信は育っていないとも言えます。
投信 保有2年 金融庁2014
金融庁レポートのコメントは
「銀行の顧客において、総じて2〜3年での乗換え売買が行われている傾向にあることが見受けられる」と指摘しています。

・投資した資産は▲3%

金融庁はこのレポートで2003年3月末から10年間に2年毎にその時々に最も人気のあった投資信託に乗り換える売買を行った場合の収益状況についても試算データを公表しています。(販売手数料3.15%前提)その結果は投資による資産運用の成果は投資資産が目減りする、マイナス3%という結果でした。100の資産が97になってしまいます。

・評価7割が収益・販売額

なぜ通常預金者が信頼している銀行等が、「投資信託の乗り換え売買による販売手数料により収益を稼ぐ」というスタイルになってしまったのでしょうか。金融庁アンケートでは、金融機関の業績評価の基準を「収益・販売額」、「預り資産残高」、「顧客基盤拡大」に分け、実際にどこの指標を重んじているかというと、実に7割が「収益・販売額」に比重を置いているとの結果でした。今回の結論は

★投資信託の乗換え売買目的の金融機関 とは決別した運用スタイルを
という事が資産運用のコストを抑える上で極めて重要な事柄であると思います。

※1 「金融モニタリングレポート」2014年7月4日 金融庁より
※2 本内容は一般的な市場関連に関する情報提供を目的とするもので
特定の有価証券等に対する助言、勧誘を行うものではありません。

All Rights Reserved
RIA JAPAN おカネ学株式会社
Reliable Investment Advisors Japan Co.,Ltd
http://ria-japan.co.jp/

この記事を書いたプロ

おカネ学株式会社 Reliable Investment Advisors Japan Co.,Ltd(英文名称 略称 RIA JAPAN) [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 安東隆司

東京都中央区日本橋兜町9-5-910リオSOHO兜町 [地図]
TEL:03-3668-2775

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
投資助言Q&A
イメージ

Q 「投資助言」とはどんなサービスですか?A 投資助言サービスの特徴は1、お客様の資産は投資助言業者(RIA/Registered Investment Adviser)では預かりません...

 
このプロの紹介記事
安東隆司 あんどうりゅうじ

金融機関26年超のプライベートバンカーが 独立系投資助言業・FP事業で富裕層のニーズに応える(1/3)

「お客様に常に誠実に、裏切らないビジネスしたい。この気持ちを突き詰めていったら、お客さまのニーズが発生したときにソリューションを提供するプライベートバンカーになり、海外ETFを扱うようになったんです」と清々しい笑顔を見せるのは、おカネ学株式...

安東隆司プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

海外ETFに精通!金融一筋26年、熟練プライベートバンカー

会社名 : おカネ学株式会社 Reliable Investment Advisors Japan Co.,Ltd(英文名称 略称 RIA JAPAN)
住所 : 東京都中央区日本橋兜町9-5-910リオSOHO兜町 [地図]
TEL : 03-3668-2775

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3668-2775

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安東隆司(あんどうりゅうじ)

おカネ学株式会社 Reliable Investment Advisors Japan Co.,Ltd(英文名称 略称 RIA JAPAN)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
立教大学大学院 院生満足度採点平均点90点、47%の院生が100点満点中95点以上
イメージ

 47%の院生が100点満点中95点以上 おカネ学株式会社(東京都中央区、代表取締役:安東隆司)は、立...

[ 金融リテラシー教育 ]

投信の手数料打ち切りも 米国投資家に学ぶべきコト
イメージ

米国ネット証券大手のチャールズ・シュワブは「購入時に手数料のある投資信託」の販売を打ち切りました。取引頻度...

[ 資産運用 ]

円高時の外貨運用のコツ 富裕層ほど「為替差損」に注意
イメージ

英国のEU離脱で為替市場が大きく動きました。急激に円高が進行する際、外貨運用を始めるには良い機会と考える...

[ 資産運用 ]

「高すぎる手数料」の外貨保険 金融業界に待ったなし?
イメージ

 金融庁が金融審議会で用いた資料によると、銀行が受け取る外貨建て保険の手数料は平均7%弱で現状は顧客には開...

[ 資産運用 ]

金融機関があなたにラップ口座を勧める理由
イメージ

「富裕層の資産運用が少額から…」かつては、最低投資金額が数億円以上だった富裕層向けサービス「ラップ口座」が、...

[ 資産運用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ