プロへのQ&A

神奈川で活躍するさまざまなジャンルの専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。その場でプロに質問もできます!

ジャンル:法律

嫌がらせに困っています。

飲食店を経営する友人から相談があり代理で投稿しています。

友人は立ち飲み屋を経営しており、地下鉄の出口のほぼ隣という立地です。地下鉄出口付近にお店の看板を立てていたところ、その看板に躓いてケガをしたとのことで、訴訟を起こされました。
結果、裁判で勝つことができたのですが、それから深夜にお店のシャッターに悪戯をされたり、人糞を置かれていたりと、嫌がらせが後を絶ちません。

監視カメラの設置も検討しましたが、カメラの隠し撮りは法的に問題があると聞きました。駅の出口の隣なので、無関係な一般人も撮影してしまうことになります。
しかし、わかるところに設置したり、防犯カメラ作動中ステッカーなどを貼ると、カメラを破壊される可能性があります。大手セキュリティ会社に依頼するには、お金がかかり過ぎて難しいのが現状です。

このようなケースではどのように対処すれば良いのでしょうか?探偵を雇うなども考えましたが、いつ起こるかわからない悪戯に対して、時間制で動く探偵を雇うのはリスクが高いです。

やはり、自らが深夜に隠れて見張りを続けるなどして、証拠を押さえるしかないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

投稿日時:2011-06-17 11:31:13 | 最終回答日時:2011-06-22 16:53:14 | 回答件数:3

法律

この質問の回答受付は締め切られました。

田沢剛

田沢剛の回答

防犯カメラの規制について

防犯カメラを設置することについては,社会通念上,相当といえる範囲であれば問題にはならないと考えます。
詳しくは,下記の論文を参考にして下さい。名古屋地方裁判所,名古屋高等裁判所の裁判例なんかも紹介していると思います。

http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/pdf/071401.pdf

回答日時:2011-06-17 17:46:38

このプロの回答一覧を見る

田沢剛(法的トラブル解決の専門家)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

  • 電話:045-478-2660 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:30~17:30
  • 定休日:土曜日、日曜日、祝祭日(但し,応相談)

このプロに資料を請求したい

 

加藤俊光

加藤俊光の回答

嫌がらせにお困りの対応について

 みちるさん、はじめまして。法務行政書士の加藤です。
今回のご質問はとても難しい事例です。また、読ませていただいたご質問内容だけでは判断できない部分もありますので、あくまでも参考程度にお考えください。

(1)防犯カメラを設置することの是非について

 他のプロの方もお書きになっていましたが、防犯カメラを設置すること自体は、①防犯カメラを設置する目的や、②目的を達成するために防犯カメラを設置することが手段として妥当かどうかという観点から考えられるべきですが、社会的相当性を逸脱するとは考えられず問題は生じないと考えます。

 もっとも、お店が賃貸の場合には貸主や管理組合に対して許可を求め、あるいは届け出をしなければならない可能性もありますので、この点は確認が必要です。

 また、お店の場所が地下鉄の出口のすぐ隣ということであれば公共性の高い場所と言えるでしょう。自治体によっては防犯カメラの設置に関して条例を設けているところがあったりしますので、多少注意が必要になります。

(2)その他考えられる対応策

 これ以上嫌がらせが続くようであれば、お店を管轄する警察署に相談に行かれてもいいかもしれません。すぐには事件として取り扱われないかもしれませんが、相談に行った記録が残っていれば、今後嫌がらせがエスカレートした場合に被害届を提出しやすくなりますし、場合によっては多少なりともパトロールなどをしてくれるかもしれません。そして、何よりも警察に相談すること自体が防犯になることが多いのも事実です。

 また、警察に相談に行ってもさらに嫌がらせが続くようであれば、場合によってはご自身で見回りなどをされることも必要かもしれません。ただし、①おひとりで行動することは絶対に避けて必ず二人以上で行動すること、②万一嫌がらせの現場に遭遇したとしても無理に取り押さえようとしたりせずに証拠保全に努めて警察への通報を優先することを心がけ、くれぐれも不測の事態を招くことのないようにご自身の身の安全を最優先にお考えください。

以上、ご参考になれば幸いです。

回答日時:2011-06-21 11:22:25

このプロの回答一覧を見る

加藤俊光(遺言・相続専門の行政書士)

相続まちなかステーション/加藤法務行政書士事務所

  • 電話:0463-57-2885 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 受付時間:月~土 10:00~20:00
  • 定休日:日・祝日(時間外・休日も事前のご予約にて対応可能です)

このプロに問い合わせたい資料を請求したい

 

南木道雄

南木道雄の回答

回答

本件では中々有効な対処法がないでしょうが、以下をお試ししいただくのはいかがでしょうか。
1 防犯カメラは、適正に運用すれば、それほど問題ないように思います(本件解決後には撤去することも含めて)。
2 加害者に警告すると言う意味でフェイクのカメラを設置するのはいかがでしょうか。
3 刑法の業務妨害罪が成立しうると思いますので、あまり効果は期待でないでしょうがやはり、警察に相談してみるのはいかがでしょうか。

以上が無理ならば又は不可能ならば、ご指摘のように現場を押えるしかないかもしれません。

回答日時:2011-06-22 16:53:14

このプロの回答一覧を見る

南木道雄(安心を与えてくれる弁護士)

南木法律事務所

  • 電話:046-265-5751 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~17:00(夜間も応相談)
  • 定休日:土・日・祝日(応相談)

このプロに問い合わせたい

 

質問方法

プロへの質問は、とってもかんたん! 3ステップで質問できます!

ステップ1
ステップ1
質問投稿フォームにて必要事項を入力します。

ステップ2
ステップ2
質問する際の注意事項に同意します。

ステップ3
ステップ3
投稿フォームで入力したメールアドレスに届いたURLをクリック!

いろんなプロに質問してみる!

質問ジャンル

くらし
家事
グルメ・料理
防災・防犯
ブライダル
葬祭
オーダーメイド・贈り物
ビジネス
会計税務
法務・人事・労務
会社設立・起業支援
事業再生・承継
各種コンサルティング
ビジネススキル・キャリアアップ
転職
法律
民事
家事
刑事
書類作成・申請代行
趣味・ライフスタイル
旅行・アウトドア
クルマ・バイク
スポーツ
ペット
リサイクル
住宅
建築・設計
設備・リフォーム
不動産
インテリア・内装
エクステリア・外装
稽古事・資格
資格
マナー
習い事
ファッション・美容
コスメ・美容
ファッション
リラクゼーション
フィットネス
出産・子育て
出産・乳幼児
受験・進学
マネー
保険・年金
投資・運用
家計・ライフプラン・ローン
税金・相続
医療・健康
歯科医療系
各種医療系
介護・福祉
マッサージ・各種療法
メンタル・カウンセリング
家族・夫婦関係
こども、学校生活
ビジネス・職場
シニア
その他
その他
ページの先頭へ