プロへのQ&A

神奈川で活躍するさまざまなジャンルの専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。その場でプロに質問もできます!

ジャンル:マネー

離婚に伴う住宅ローンの借り換えについて

よろしくお願いいたします。離婚を予定しておりますが、夫と持分1/2ずつのマンションがあり、離婚による財産分与で夫から譲りうけて、今後は妻である私と小学生の息子と2人暮らしとなります。物件は2000年に3220万円で購入し、現在のローン残高が1940万円程度あります。3件の組み合わせで詳細が、旧公庫(1622万円程度で4%夫婦連帯債務)・年金(267万円程度で3.87%夫単独債務)・民間銀行(54万円で2.475%夫単独債務)となり、離婚と同時に債務も引き取り、自宅名義も変更したいと考えております。私は正社員で金属20年、昨年の年収が337万円でした。現状で夫の債務を引き受けるというか、そのまま引き受けるには返済率も高いので、希望としては、妻1本で借り換えするには、どのように進めて行けばよろしいでしょうか?また、このような相談をするには、どこへ行けばよろしいのでしょうか? 離婚後、養育費と財産分与で、毎月13万円を貰えるので、住宅ローンが月9万円程度であれば十分返済できると考えております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

投稿日時:2011-05-16 11:25:40 | 最終回答日時:2011-05-17 09:46:49 | 回答件数:2

マネー

この質問の回答受付は締め切られました。

渡辺博士

渡辺博士の回答

住宅ローンの考え方

 ゆうきさん、ファイナンシャルプランナーの渡辺博士です。
 ご質問は住宅ローンについてのようですが、まず離婚は絶対しなければなりませんか?離婚しない選択が残されているのなら、今後のことを考えると離婚しないで借換えの検討する方がいい方法だと思います。
 しかし、離婚前提となると厳しい現実が待っています。まず、現在の物件価格がいくらなのか?その金額で銀行に掛け合ってみてください。恐らくゆうきさんの年収から考慮してギリギリか借りられないという結果となるでしょう。
 ギリギリの場合、お子さんが小学生の時はいいのですが、大きくなるにつれ資金需要が増えるようになります。その時に収入が増えているというのは昔の話しで、今は同じか減る時代です。すると維持できなくなり、ご自宅は手放す結果となるでしょう。 又、借りられないというときは、その場で手放さざるを得ません。
 つまり離婚が原因となり住宅ローンを組むのが厳しくなってしまうのです。現在でも共有名義で旧公庫は連帯債務になっているということは、単独では難しかったからだと思います。
 どうしても離婚なら、別の物件にしてみてください。ご主人に今の物件を全部渡してしまうことで借金が無くなりますから、もっと安くていい物件を探して新規の借り入れで新しい物件に住むことができるかもしれません。その方が気持ち的にもいいとは思います。
 さらに、名義変更のような考え方は間違いです。物件を譲渡されることが一般的です。つまり売買です。財産分与で貰い受けるのなら、月々13万円は異常に高い金額となってしまいます。高額な贈与が行われるように見えてしまいます。
 その辺りから一緒に考えていき、必要に応じて税理士や不動産業者、銀行とも話し合えるフィールドを整えていきます。
 本来この相談は私たちFPが主たる窓口であるべきです。物件選びなら不動産業者、借換相談なら銀行です。しかし、将来のライフプランを見据えた考え方をしないと後で後悔することとなります。
 私たちFPは将来の方向性を考えるのが主たる業務であり、それらに付随して周辺業者を巻き込むことで、FPが一緒に考えて参ります。
 イメージは医者と薬局の関係です。
 ゆうきさんの将来の考えをお聞かせ戴ければ、この案件は一緒に考えていくことができますよ。

回答日時:2011-05-16 18:20:46

このプロの回答一覧を見る

ゆうきさん

ありがとうございました

離婚については、現時点で決定しておりますので、離婚しないで借り換えすることは考えておりません。ご心配いただいてありがとうございます。自宅は、離婚による財産分与として妻である私が譲り受けます。公正証書に記載もします。と同時に、債務も引き取って返済していくにはどうするか、もう少しよく考えてみます。
色々な意見を聞きたく質問させていただき、早速回答いただきありがとうございました。

返信日時:2011-05-17 08:39:43

渡辺博士(顧客の良き理解者となるファイナンシャルプランナー)

ワタナベマネークリニック

  • 電話:046-276-9328 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 受付時間:9:00~20:00 (事前予約制です。まずはお電話下さい。)
  • 定休日:年中無休

このプロに問い合わせたい

 

藤田周三

藤田周三の回答

離婚に伴う住宅ローンの借換えについて

住宅ローンは、銀行店舗窓口に相談に行っても、窓口業務の方は複雑な住宅ローン商品に詳しくない為、お客様の時間ばかり取られて何度も行くはめになるかもしれません。また、相談された銀行側は自行の商品しか紹介できない為、私達の様な第三者に相談してからの方がスムーズに借換えできると思います。
ゆうき様の場合は特殊ケースの為、銀行との交渉も必要になりそうです。
もし、ご自宅が近いようでしたらお会いしてお話を詳しく聞かせて頂き私の取引先金融機関に交渉及び、仮審査を致します。(相談及び、仮審査までは無料)
ポイントは、ご自宅の担保評価;お勤め先及び職種;ご年齢;住宅ローンに延滞が無いかどうか;住宅ローン以外に借り入れがあるかどうか等です。(これらの質問事項を金融機関に代わりヒアリングさせて頂く事により、事前審査をする前にどの金融機関が最適かを予め私が調査してから、事前審査を致します。)
※借換えに伴う費用も、金融機関によっては一緒に貸してくれる銀行もあります。

回答日時:2011-05-17 09:46:49

このプロの回答一覧を見る

ゆうきさん

ありがとうございました

十分、相談に行ける距離ですが、もう少し自分で考えてみたいと思います。とっても、参考になりましたし、こういう方法もあるんだと気持ちも楽になったように思います。ありがとうございました。

返信日時:2011-05-17 11:42:02

藤田周三

離婚に伴う住宅ローンの借換えについて

少しでもお役にたてたかと思うと嬉しいです。

返信日時:2011-06-09 13:19:24

藤田周三(中古住宅購入と住宅ローンの強い味方)

株式会社 港北不動産

  • 電話:045-915-5257 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 定休日:水曜日

このプロに問い合わせたい

 

質問方法

プロへの質問は、とってもかんたん! 3ステップで質問できます!

ステップ1
ステップ1
質問投稿フォームにて必要事項を入力します。

ステップ2
ステップ2
質問する際の注意事項に同意します。

ステップ3
ステップ3
投稿フォームで入力したメールアドレスに届いたURLをクリック!

いろんなプロに質問してみる!

質問ジャンル

くらし
家事
グルメ・料理
防災・防犯
ブライダル
葬祭
オーダーメイド・贈り物
ビジネス
会計税務
法務・人事・労務
会社設立・起業支援
事業再生・承継
各種コンサルティング
ビジネススキル・キャリアアップ
転職
法律
民事
家事
刑事
書類作成・申請代行
趣味・ライフスタイル
旅行・アウトドア
クルマ・バイク
スポーツ
ペット
リサイクル
住宅
建築・設計
設備・リフォーム
不動産
インテリア・内装
エクステリア・外装
稽古事・資格
資格
マナー
習い事
ファッション・美容
コスメ・美容
ファッション
リラクゼーション
フィットネス
出産・子育て
出産・乳幼児
受験・進学
マネー
保険・年金
投資・運用
家計・ライフプラン・ローン
税金・相続
医療・健康
歯科医療系
各種医療系
介護・福祉
マッサージ・各種療法
メンタル・カウンセリング
家族・夫婦関係
こども、学校生活
ビジネス・職場
シニア
その他
その他
ページの先頭へ