コラム一覧 :大切なこと

76件~90件(144件)

新しいの15件

過去の15件

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える6

6話目です。あえて次を見ないで毎日昔の記事と向き合っていますがこの辺ほんとに無理に考えていたのでしょうね爪痕が残っています(笑)***********************以下過去記事6話めです。涙からの化学反応。供養の気持ちに立った時、養われるもの。それ... 続きを読む

大切なこと

2017-01-21

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える5

9つとは言ったもののこの辺からの思考に苦労の爪痕が残っていますね。以下過去記事*****************************折り返し点となりました。今日は養われるというよりも、供養が始まるタイミングで湧き上がるもの。「涙」特に男性は「涙」流す機会なども... 続きを読む

大切なこと

2017-01-20

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える4

ややアクセス数が落ち気味のこのシリーズ今日はまだ4日目ですよ。さて恒例の過去記事**********************供養をすることで養われるもの4つ目は「繋がり」血のつながり、ご先祖様とのつながりを意識することで、人とのつながり、社会とのつながりの大切... 続きを読む

大切なこと

2017-01-19

「供養」を今一度考える 「供養」=「九養」アメブロ過去記事より考える3

3年前アメブロに書いた記事を今の自分と照らし合わせて読み返している「供養=九養」のシリーズ3回目です。まず過去記事**************************供養を通じて養われる力について書いています。本日は3つ目。施す力。今ある自分が誰かに施す場合、その... 続きを読む

大切なこと

2017-01-18

「供養」を今一度考える。 言葉攻めはだめよ!

 情操教育の場 啓蒙 時々業界内のメディアではこの言葉を見かけるし、外向きにも時々見ます。一般の方はこれをどう見るのでしょう?素晴らしいと思う人もいれば押し付けに感じる人も。根本には情操教育の場でもありますが、一般の方が求めているのはその言葉なのでしょうか。... 続きを読む

大切なこと

2017-01-15

あなたは人生の最後をどこで過ごしたいですか?って

自身のフェイスブックの画面の横の広告によく出てくる「あなたは人生の最後をどこですがしたいですか?」って問いかける鎌倉の自宅葬を専門とする葬儀社のCMそれをみながらふと思うその先を(笑)自宅でと選ぶ人はもちろん家族と一緒のお墓を選ぶ。家が好き・家族が好き... 続きを読む

大切なこと

2017-01-14

お墓を建てたときの石屋さんがない どうしたのもの?

ここ、横須賀では長くやっていても聞いたことのない石屋さんの名前もありますしあったと思ったらいなくなっているなんてこともあります。もちろん弊社より長くやられていたところが廃業を選ぶ場合もあります。そのように頼んだ石屋さんだから必ずいつまでもあるというわけでもなく。... 続きを読む

大切なこと

2017-01-11

2017年 開店しました。 現場店舗とも通常モードに入ります。

さて、ネット上では年中無休でやっておりますが実店舗は年末年始、長く休みをいただきました。その期間中も私は石材組合の動きとか、その他仕事に付帯することの準備をしたりあいさつ回りをしたりと動いておりましたが今日から全員出勤して作業を行うこととなります。まもなく社員... 続きを読む

大切なこと

2017-01-10

2017年 「もの」より「こと」を買う?

今年になってから新聞などの特集を見ているとはっきりと出てきているキーワードは「こと」を買う「もの」ではなく「こと」単純に目の前にある「もの」を買うということではなくなってきているということ。「こと」の消費を考えていくと今、お墓をネットだけで完結して求める時... 続きを読む

大切なこと

2017-01-07

2017年 お墓社会はどうなる?

 お墓に対する注目はどうなるの? お墓の定義は2つあるとおもっています石材店が考えるお墓いわゆる石のお墓と消費者(生活者)の考えるお墓お骨の行く先この2つが大きく分けると「お墓」だと思います。ここ数年は特に、石のお墓以外のものに世間の目は向いてきまし... 続きを読む

大切なこと

2017-01-05

2017年の目標 その4 石の日の決意

2017年の目標としてまだでてきていないもの。それは本来のお仕事である石のこと毎年「石の日です」と騒いでいますが、今年も更に国産材国内加工の墓石のシェアを拡大したいと思います。まだ30%代なので。去年は新しく取り扱ったものとしては「天竜石」「滝根石」でした(私が大... 続きを読む

大切なこと

2017-01-04

2017年今年の目標 このページの数値目標

さて、このマイベストプロのページが私にとっては今、様々なことを伝える大事なページとなっております。昨年ページビューをまず30万に1年間にしたいという目標は305565という数字でクリア月間数値を30000ページビューにするというところもクリアしました。ところでユニークユーザ... 続きを読む

大切なこと

2017-01-03

2017年の目標 2つ目は

年始に目標を公言することを大事だと思っています。以前は心に秘めて目標に向かっていましたが、結局自分の中で勝手に削除したりして目標に対してあいまいになってしまったから。逃れられない状況を最初に作るのが自分には向いているようです(笑)さて、1つ目の「お墓のみとり」の部分... 続きを読む

大切なこと

2017-01-02

十人十色と五十歩百歩

今の学校教育の現場って平準化の部分が強くて悪く言えば個性を殺す社会です。勉強がある程度できるできないはあっても五十歩百歩の人材育成をしている。しかし人間の持って生まれた感性や資質は10人いれば10人違う。これは今のお墓社会でもそんな気がします。迷惑をかけたくないと... 続きを読む

大切なこと

2016-12-20

お墓があるとどうなる? あったほうがいい?

お墓の質問をいただくときに最近は本質的な部分を聴く人が増えているように思えます。まず、なぜそうなったのか?それはお墓との距離感が変わり、お墓に触れあう機会が減ったからが大きな理由だと思います。20年くらい前はかなり墓地に普段からお参りのひとがいましたが、最近はかなり... 続きを読む

大切なこと

2016-12-15

76件~90件(144件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
お客様の声
アンケート お墓

横須賀市営墓地に建墓したT様より声をいただきました。社員の子供とお客様のお孫さんの交流から今回の出会いはありました。一つ一つのつながりを大切にしていき...

サービス・商品

社会情勢の変化、少子化や移動する社会などの影響もありお墓を維持管理することがたやすくない時代となりました。その中で「墓じまい」という今まではそれほど向き合...

 
このプロの紹介記事
株式会社大橋石材店 大橋理宏さん

石のある暮らしを提案する、地域密着型の石材店(1/3)

 1967年に横須賀で創業して以来、地域に根付き、信頼の技術を提供している大橋石材店。代表取締役の大橋理宏さんは、暮らしの中にも石を取り入れてほしいと語ります。 「心を豊かにする『石のある暮らし』を提案しています。石材店というと墓石加工や...

大橋理宏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

神奈川で墓石の事前相談と終活相談のできる石材店

会社名 : 株式会社大橋石材店
住所 : 神奈川県横須賀市平作1-12-10 [地図]
工場:神奈川県横須賀市森崎1-19-11
TEL : 046-852-3970

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

046-852-3970

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
お墓のみとりの案内活動 東京西部で活動してきました

今日は加盟店になっています石材店と今後検討をしたいという霊園にお邪魔してきました。霊園では普段なか...

[ お墓のみとり ]

いよいよ今週からカウントダウン 現場工事

さて、今年の工事の整理をしていました。民家のコンクリート工事 2件お墓の新規工事8件(カロートまででき...

[ お墓を作ろう ]

お墓女子って知っています?

お墓女子大阪の大阪石材工業さんに所属する女子社員から始まったのですが、とても良い活動だなと注目していま...

[ 大切なこと ]

週末は字彫り 営業 図面の作成

最近はなかなか平日に作業が進まないので、だからと言って自分が担当すべきことは終わらさないとね。という...

[ 大切なこと ]

記事掲載 エルダリープレス12月号 お墓のみとりについて
イメージ

シニアの快適生活を支える月刊紙「エルダリープレス」の12月号Web版はこちらからに今回はお墓のみとりの件...

[ 記事掲載 石材 職人 神奈川 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ